コラム/連載

餃子女子vol5-02

餃子女子vol.5|餃子好きなら一度は行っておきたい!「カリ!モチ!」食感が味わえる厚皮餃子専門店

近鉄黄金駅より徒歩5分。 市バスの五月通停留所からだと徒歩1分のところにあり、「自家製餃子の店」と看板が出ています。こちらのお店は、馴染みのある餃子の形とはまったく別物、まるで小さな肉まん?焼売?のような見た目が特徴の餃子専門店。絶対に食べてみたいと思い、今回おじゃましました。持ち帰りもできるようで、外には専用の券売機...
motoki-01

これ全部2,000円以下!松坂屋で楽しむランチ特集 VOL.7「松本そば処 もとき」

今回お邪魔したのは「松本そば処 もとき」さん。本店は長野県松本市内にお店を構え、そば通の間でもその名を轟かせる「吟醸そば」の人気店です。その唯一の支店となるのが、松坂屋名古屋店さんにあります。暖簾をくぐると、落ち着いた雰囲気の店内。4人掛けのテーブル席が8席、2人掛けが3席、カウンターが3席。1人でも気兼ねなく入りやす...
03_伊勢鳥羽_サムネイル

名古屋発!土地の食材や特産を堪能して伊勢・鳥羽を満喫するモデルコース

<今回編集部が巡った伊勢・鳥羽旅のコース>10:00-12:00:屈指のパワースポット|伊勢神宮 12:00-13:00:いざ!食べ歩き!|おはらい町・おかげ横丁 13:00-14:00:三重県の特産「真珠」|浜幸パール or 三重県真珠 15:00-:土地の食を味わう|江戸金 or 民宿まるや &nbs...
torahuku-01

これ全部2,000円以下!松坂屋で楽しむランチ特集 VOL.6「大かまど飯 寅福」

今回お邪魔したのは松坂屋名古屋店地下1階にある「大かまど飯 寅福」。 お店に入ると早速大きな羽釜がお出迎え。これは期待が高まります。広々とした店内は高級感もあり、落ち着いてお食事がいただける雰囲気。カウンター席もあるので、お一人でも気兼ねなく利用することができます。間仕切りされた掘りごたつの個室もゆったりと過ごせる空間...
一人のみvol.02-02

一人呑みのススメVOL.2|名古屋酒場でも数少ない「角打ち」の魅力に迫る!

今日はどこで呑もうかな。私が今回訪れたのは大曽根。大曽根は地下鉄、名鉄、JRと3本の電車が走る利便性のいい街でもあるんですよね。ただ大曽根って酒場が多い印象はあまり受けません。でも皆さんご存知ですか?実はこの地域、酒場事情が熱いんです…! お店へのアクセスは地下鉄大曽根駅の6番出口を出てすぐ。歩いて1分もかかりません。...
vol4-02

餃子女子vol.4|種類の多さに驚き!バリエーション豊富で飽きのこない大阪発の餃子専門店

伏見駅4番出口から徒歩3分。今回紹介するのはこちらの看板が目印の「浪花ひとくち餃子餃々(チャオチャオ)」さん。店頭にはメニューがたくさん貼っていて、何を食べるかこの時点で迷ってしまいます…!店内はカウンター席になっていて、餃子を作っているところが見られるし、出来立てがすぐに運ばれてくるので最高です。 メニュー...
10-02

ナゴレコ大人編集部活動記録 VOL.10

大人編集部チーム「DOTE」、久々の再会です。が、チーム「DOTE」のムードメーカー、にしむーさんが体調不良ということで残念ながら今回は出席できず、今回は5人でのミーティングとなりました。 ミーティング冒頭、ライターのみーこさんの誕生日が近いということで急遽お祝いをしたいと思い、ささやかながらケーキを用意して...
25-02

ナゴレコ学生編集部活動記録 VOL.25

今回参加したメンバーは総勢10名!そしてなんと、今回のミーティングにはナゴレコ学生編集部のOGであるshibukiさんとmikuさんも来て下さいました~♡久しぶりに大好きな先輩方にお会いできてメンバー一同大盛り上がり♡ 今回のミーティングの一番の目玉は写真にもあるとおり…。書初め大会!去年同様に、一年の豊富を...
一力-02

7:58を味わう VOL.6|市場の活気と新鮮な魚介をいただいて始まる爽快でパワフルな朝

2020年1月某日。贅沢な朝ごはんを求め今回訪れたのは、熱田区日比野。地下鉄名古屋港線、日比野駅が最寄りとなる「名古屋市中央卸売市場」が今回の取材の舞台となります! 日比野駅4番出口。ここから歩くこと、およそ10分!はじめに目に飛び込むのは大きなオフィス!「名古屋市中央卸売市場」はその名の通り、名古屋市が運営...
05_一人のみ_OL-02

一人呑みのススメ|まるで異空間!本場九州の味を堪能できる昭和レトロな酒場

今宵の酒場はどこにしようか。 ふらふらと向かったのは名古屋随一の繁華街である栄エリア。わずかな範囲に様々な酒場が密集するその楽園は地下鉄栄駅、矢場町駅と双方の駅から徒歩5分ほど。路上の一角に見えてくるのは懐かしさを感じさせる赤提灯。それを目印にビルの1階を進むと見えるのが今回訪れた「日向バンカラ」さんです!ビルの暗闇の...