千種区

吹上|知る人ぞ知る名古屋めし。優しいスープが染み渡る「薬膳ラーメン」

地下鉄桜通線・吹上駅1番出口から徒歩6分。住宅街の中を歩いていると、周りとは一風変わった雰囲気を醸し出すお店を発見しました。こちらのお店は「好来系ラーメン」発祥のお店。名古屋には「好来系」のお店がたくさんありますが、こちらはその総本家。"好来系ラーメンのボス" にただならぬ雰囲気を感じます。好来系ラーメンについては後ほ...
EA5BCEAD-44A3-45A3-8CB5-518096CD16CC

覚王山|家庭的な味わいにほっこり。お惣菜屋の魅力たっぷりメニューが味わえるカフェ

東山線覚王山駅1番出口から徒5分ほど。人気店が立ち並ぶ日泰寺の表道沿いの一角に誕生した新たなお店がこちら!和モダンの外観、暖簾がいい雰囲気を醸し出していますね。店名の『Side Lish』には「Sidedish(おかず・副菜)」で「Life(日々の食卓・生活)」を「Shiny(明るく華やか)」に。という想いが込められて...
2D20B948-1073-4C70-A38A-623EA0E49EB4

吹上|行列必至!化学調味料を一切使わないこだわりの淡麗系ラーメン!

今回ご紹介するのは「らーめん奏(かなで)」さん。桜通線吹上駅3番出口から南方向にまっすぐ歩いて2〜3分のところにあります。鶴舞線御器所駅8番出口から北方面へ徒歩10分ほどでも行ける駅近なラーメン店。「らーめん奏」さんは火曜日がお休み、それ以外は11時半から14時までの2時間半と、木曜日の18時半から20時半の営業時間し...
751624EA-8C3C-4C68-883E-60B345415537

今池|今池という街の魅力を詰め込んだコスパ抜群の呑める食堂

お店の最寄り駅は今池。個人的に今池ってすごく好きな街なんですよ。何が好きって利便性の良さと飲食店の数。地下鉄の出口が12か所もあって、お目当てのお店へすぐ向かうことができるんです。そして新旧様々な飲食店が密集していて、個性的なお店が多い印象です。そんな今池駅の1番出口から歩いて5分ほど歩くと、駅前の賑やかさは少し落ち着...
IMG_4104

池下|食材とソースにこだわった、目と舌で楽しめるカウンターフレンチ

場所は名古屋市千種区。市営地下鉄東山線・池下駅 2番出口から徒歩1分の好立地。専用駐車場はありませんが、近隣にコインパーキングがあります。 こちらの看板が目印。2018年11月21日オープンのライブ感も楽しめるカウンターフレンチ「Olivier odorant(オリヴィエ オドラン)」さんです。店名のOliv...
IMG_6075

今池|大人の雰囲気に酔いしれる。ライブを愉しみながらいただける和と洋の創作レストラン

場所は名古屋市千種区。市営地下鉄東山線、桜通線・今池駅 10番出口直結と好立地。駐車場は今池ガスビルの共用駐車場が20台あります。 お店の外観。今池ガスビル 8Fです。2018年9月1日にリニューアルオープンした「ガス燈」さん。お食事はフレンチと和会席の2種類。ディナータイムでは日替わりで、JAZZやポップス...
IMG_2268

覚王山|素材、雰囲気、おもてなしも抜群なのにこの価格!?囲炉裏料理が気軽に楽しめる隠れ家料亭

場所は市営地下鉄東山線・覚王山駅 1番出口より徒歩7分。お車の場合、専用の無料駐車場が完備されていますが周辺の道が狭く、一方通行が多いそうなので、不安な方は事前にお店に連絡をするとFAXで案内地図を送ってくださるそうです。 FAXがなくても当日覚王山駅付近まで来ましたら、お店に連絡すればお電話で道を案内していただけると...
IMG_3447

池下|完全プライベート空間でいただく上質なサービスとこだわり抜いた和牛を使用した焼肉専門店

お店の場所は名古屋市千種区。市営地下鉄東山線・池下駅 1番出口より徒歩3分。 専用駐車場はありませんが、近隣にコインパーキングがあります。お店の外観。入ってすぐのエントランスには特注巨大水槽があり、アロワナが回遊していました。 席数は全24席。2名~8名までのテーマの異なる5つのプライベートルームのみです。1...
IMG_7274

池下|豊富なメニューに目移り必至!目の前で繰り広げられる演出も楽しい大人のビストロ

池下駅から北へ5分ほど進んだところにひっそりと佇む「ビストロ ラビィ」さん。外観から伺えるように、おしゃれな空間作りを感じます。床やテーブル、椅子はウッド調で全体的にシックな店内。大人の雰囲気が漂います♪テーブル席はもちろん、オープンキッチンの目の前にはカウンター席もあるので気軽に1人でも立ち寄りやすそう。たまには、1...
2D2B2EC6-9A50-478C-BE37-79DFF0CF6171

今池|可愛い食器に囲まれながら体に優しいギルトフリーのスイーツを楽しめるカフェ

まぁるいフォルムに鮮やかな色使い。この可愛さを眺めるだけでも嬉しいのに、実際に手にするとワクワクしちゃう食器。それがポーランドの食器たち。ポーリッシュポタリーと呼ぶようです。「Polish Pottery(ポーリッシュポタリー)」とは、ドイツ国境に近いポーランド南西部の町、ボレスワヴィエツで作られている陶器のこと。(以...