ー この記事をシェアする ー
FacebookTwitterLinePocketHatenaGoogle+

地下鉄伏見駅4番出口から歩いて3分ほど。

ダイアパレス伏見の1階、入り口すぐのこちらの看板が目印。

1CED8B7B-0B0E-4E18-B3DE-45BCDECA67D9

ワイングラスの風船が浮かんでいます。

こちらはおとなりの「波へいおでん」の姉妹店で、場所もすぐとなりにあります。

店内はこじんまりとしていて、テーブルが18席、カウンターが6席、ハイカウンターの席が4席ほど。

 

さっそくメニューをみてみると、1番上にワインのメニューが!

363A22B7-7F19-4511-A803-83B4D9599205

スパークリング大好き系女子としては見過ごせない「こぼれスパークリング」を注文。

こぼれスパークリング(グラス)¥800(税抜)

DDB34EDA-3733-4EBB-92DD-5FD4CF8C3129

店員さんが目の前でこぼれるギリギリまできれいに注いでくれます。

もはや乾杯できないほどたっぷりです!

食事のメニューには、一番大きく書かれた「とりあえず、生ハム」の文字。

139B68AB-0383-4608-8AE9-967EFAFB83D8

とりあえず生ハムを注文しました。

生ハム(小)¥700(税抜)

FC455C30-9F3A-440B-8567-05E133D6E8F6

スパークリングと生ハムなんて最高すぎて頼まないわけがないですよね。

イタリアの白豚の生ハムで、注文後にスライスしているそう。

 

それでは、餃子のメニューを見てみましょう。

FDA2C695-06DE-43E5-8197-929A43055D2A

「バブルスに来たらまずはコレ!」とかかれたら頼まずにはいられません。

焼き餃子(5個)¥480(税抜)

D4B69464-0C49-4FFB-936C-3302DBA35D51

こんがり焼き色のついたスリムな餃子です。

塩とオリーブオイルで食べるのがおすすめとのこと。

卓上には黒酢、ラー油、餃子のタレのとなりに、岩塩とオリーブオイルという異色の組み合わせが並んでいます。

FB6E40C2-E969-4F72-9FEE-A52F0E06AEEE

さっそくオリーブオイルと岩塩をかけていただきます。

096506D2-A79F-47CA-B537-EA8DADA319E2

外はパリッと、中はジューシー!

それでいてスリムな形がとても食べやすく、顔が肉汁まみれになることもありません。

なんとこちらの餃子にはおからが入っているそう!

00E469DE-C617-4DFD-9A2C-EDADD843141D

おからの存在に気づかないくらいジューシーで、あっさり食べ進めることができます。

オリーブオイルもまったく違和感なく餃子とマッチしています。

ミルで挽いた岩塩で、口に入れた瞬間に塩味を感じ、食欲も倍増。

さらにスパークリングとも相性が抜群。

 

餃子とスパークリングとはこういうことかと実感させられました。

FFD11E84-40CB-453B-B94F-72AFEBA51FE5

お皿のふちには辛みのあるスパイスが添えられていて、こちらをつけていただくと、オリーブオイルとは一転して刺激の加わった餃子を楽しむことができます。

にんにくも少し入っているようですが、ほんのり程度でにんにく感は強くないので気にせず食べられそうです。

お次は変わり種餃子を頼んでいきましょう。

揚げ餃子(5個)¥580(税抜)

FAE56EA1-E3B2-42BB-800F-8913F169866D

さきほどの餃子とは一転して見た目は中華!

餃子の上にたっぷりの薬味がかかっています。

こちらは先ほどの餃子より少しふっくらしている印象。

大きさも一口でいけそうなので、薬味をたっぷりのせていただきます。

8C9EFE16-721C-4344-9D21-980340CF2CD3

甘辛いタレ、シャキシャキの薬味、パリパリの餃子…。

最高の組み合わせで、これはお酒が進みます!

はじめは薬味がいっぱいだと思っていましたが、食べ進めるとこれだけでは足りない、もっと欲しい!と思うほどベストマッチしていました。

 

まだまだ餃子が足りないのでお次はこちら。

炊き餃子(5個)¥680(税抜)

5A1DD4FE-8BDA-4615-AA22-CC6F1BF9DD2B

登場するなりこの見た目。

え、これが餃子なんですか?!

熱々のお皿のなかでグツグツしたまま運ばれてきました。

中にはちゃんと餃子が…!

E0994146-09C6-4C8E-A693-2797A05DF418

熱いうちにいただきます。

E68536A1-4EEF-4EE5-B111-A4090961AE77

餃子の中身はプリプリなエビ!

そしてこの熱々のソースもエビ!

アメリケーヌソースとクリームでビスク風に炊いているそう。

餃子とフランス料理…最高の組み合わせ!

しっかり餃子の形こそ残っているものの、クリームパスタを食べているような感覚です!

餃子のひだにクリームがよく絡みます。

ソースがおいしすぎてこのままでもいただいちゃいます!

613E6F90-3D50-478D-8D5A-CD714539E697

これは女子会で奪い合いになること間違いなしの一品です。
一人一皿は頼んだほうがいいかもしれません。

 

さて、女子会の最後には甘いものも欠かせないですよね。

ピスタチオアイス¥500(税抜)

95C97F47-4B73-4545-9ED0-62CF3D7CB9EC

女子はみんな大好きピスタチオ!(yurie調べ)

なんとたっぷり2スクープも入っています。

そして、見えますか?ピスタチオの粒が…!

ピスタチオ風味のアイスではなく、ピスタチオがしっかりと感じられる濃厚なアイスです。

異色の組み合わせが最高にマッチする、バブルス流のおしゃれ餃子。

最後に私の独断による、『バブルス』の女子向け餃子度を発表します!

 

女子向け餃子度

------------

ジューシー★★★

もちもち★★☆

パリパリ★★☆

サイズ感★★☆

にんにく★☆☆

------------

たいへんおいしくいただきました。

 

気軽にサクッと1人でもよし、女子会やワイン好きの男性にもおススメの餃子屋さんです。

伏見駅すぐ、新感覚の餃子をスパークリングと一緒に。普通の餃子に慣れてしまったみなさん、新しい餃子と出会ってみませんか?

餃子女子vol.2は異色の組み合わせで新しい餃子に出会える、おしゃれ餃子でした。

 

餃子屋さんはサラリーマン男性が集う場所…?
いえいえ、そんなことはありません!
餃子女子会だって最高に楽しいはず!

「餃子女子」では餃子をこよなく愛する私、yurieの独断で女子向け餃子度を評価!

第2弾は餃子とビール…ではなく、餃子とスパークリング!?
今回は女子度が高めな予感がしています。

固定概念をくつがえすおしゃれ餃子「餃子とスパークリング バブルス」

【店舗情報】
店名:餃子とスパークリング バブルス
住所:愛知県名古屋市中区栄2-1-12 ダイアパレス伏見 1F
電話番号:052-212-9809
営業時間:17:30〜23:30(L.O 22:45)
定休日:日曜日・祝日不定休
一人当たりの予算:¥1,000〜¥3,000

※記事内の情報は記事執筆時点のものです。正確な情報とは異なる可能性がございますので、最新の情報は直接店舗にお問い合わせください

ー この記事をシェアする ー
FacebookTwitterLinePocketHatenaGoogle+