日本酒と言えば片口とお猪口でくいっと飲むというイメージではないでしょうか?

それがここ何年か前からワイングラスで、というのが増えてきました。

ワイングラスは香りが中にこもりやすい形になっていて、香りを楽しむ日本酒にも最適なんです。

ワイングラスで日本酒飲むなんて、最近では珍しくない、と思う方もいらっしゃるかもしれません。

では名古屋の日本酒をワイングラスで飲む、というのはいかがでしょうか?

名古屋で日本酒なんてないでしょ!なんて思っていませんか?

実は名古屋市の日本酒があるんです!

今回はそんな名古屋の日本酒をワイングラスでいただけるお店をご紹介!!

 

スポンサーリンク


名古屋の日本酒がワイングラスで飲める「八真人(やまと)」

八真人 (やまと)外観

お店は大通りに面していますが、暗めなので見落としてしまいそうになる八真人さん。

八真人 (やまと) 店内

カウンター、テーブル、座敷とちょっとした飲み会、一人飲みなど、色んなシーンによさそうです。

何を飲もうか悩んでいるところに台車を押して来た店員さん!

カウンター 食材の説明

なんと本日のおすすめ食材を乗せて、食材の説明!

実際に食材を見て選ぶのはなかなか面白い。

一通り説明を受けて、台車の食材から焼き空豆と山菜の天ぷらをお願いしました。

こちらはお通しの自家製のお豆腐だそうです。

山菜の天ぷら

とっても優しいお味です。

このとき頂いたのは守山区の龍田屋(たつたや)という特別純米酒。

ちなみに八真人さんに置いてある日本酒は以下の通り。

・龍田屋(守山区)

・むーんれいか(緑区)

・本丸御殿(北区)

・酔ってござる(緑区)

・東龍(守山区)

全制覇させていただきました。個人的には吟醸の本丸御殿が好きでした。

それぞれの酒造屋さんが仲良しなんだそうで、味が被らないように作っているとのこと。

なるほど!だから味が全部違うのか!と感心してしまいました。

焼き空豆

そんなこんなで日本酒のお話も聞けたところで、来ました、焼き空豆。

日本酒とお塩を少しつけた空豆。とっても美味しい。

空豆も季節ものですから、出会った時には食べておきたい一品です。

山菜の天ぷら

続いて山菜の天ぷら。

蕗の薹、こごみ、タラの芽、あとうるいの4種類です。

さっきまで新鮮な山菜だったので、揚げたてで美味しい!

小松菜のお浸し

こちらは小松菜のお浸し。

肉じゃが

和食の定番の肉じゃが。

肉じゃがと日本酒の組み合わせにしんみり。

鮪の竜田揚げ

鮪の竜田揚げ。

お肉のように食べ応えがります!レモンをかけてさっぱりいただきます。

気ままなチヂミ

気ままなチヂミ。ここであえてのチヂミです。

和食が多いのに、何故かあったので、目に留まって頼んでみました。これも美味しい。

いぶりがっこのクリームチーズ

そして日本酒を飲むときに最近ハマっているのがこちらの一品、いぶりがっこのクリームチーズ!!

これが美味しいんですよ!

八真人さんのはほんわか温かい。パンにたっぷりつけていただきます。

 

地元名古屋のお酒が飲めて、旬のお料理も楽しめる和風居酒屋さん

米どころが有名だと思われがちな日本酒ですが、実際出回っていないだけで、実は名古屋にも酒蔵さんがいっぱい!

酒蔵さん同士が仲良しで、飲む人が楽しめるようにと配慮され製造されている名古屋の日本酒。

是非飲んでいただきたいです!飲み比べた時に「あ、全然違う」という発見ができるはず!

名古屋出身の方も、他県からお越しの方も、名古屋に来た際には名古屋の日本酒をワイングラスで味わって下さい!

 

【店舗情報】
店名:八真人 (やまと)
住所:愛知県名古屋市東区東桜2-22-6
電話番号:052-938-4450
営業時間:◆ランチ◆月~金
11:30~14:00(LO13:30)
◆ディナー◆
17:00~24:00(フードL.O.23:00 ドリンクL.O.23:30)

定休日:日曜日(土曜日はランチお休み)
一人当たりの予算:¥6000〜¥9000

※記事内の情報は記事執筆時点のものです。正確な情報とは異なる可能性がございますので、最新の情報は直接店舗にお問い合わせください。

 

スポンサーリンク


ー この記事をシェアする ー