名古屋発!着物を着て古い町並みで食べ歩く、紅葉も満喫できる秋の飛騨高山を巡るモデルコース

名古屋発!着物を着て古い町並みで食べ歩く、紅葉も満喫できる秋の飛騨高山を巡るモデルコース

岐阜県北部。
緑豊かな山々に囲まれ、季節ごとに移りゆく自然を楽しめる岐阜県飛騨高山。

江戸時代に城下町として栄え発展し続け、今もなお、昔の名残を保ち続けている飛騨高山の見どころをナゴレコ編集部が3回にわたってご紹介していきます。

記念すべき第1回目の舞台となるのは、観光地として特に人気な"古い町並"。
江戸時代の面影を残す町並み、郷土料理や伝統文化の体験などその魅力は盛りだくさん。

実際に訪れ、体験した飛騨高山の魅力を厳選してお届けします!

名古屋発!秋の飛騨高山を満喫するモデルコース|PR

岐阜県飛騨高山を巡る旅、第1回目は「古い町並」をご紹介。

古き良き伝統を守り、歴史的建造物が多く残る美しい町です。

今回、一緒に旅をしてくれたのは壁谷こずえちゃん。

壁谷こずえ

今回、飛騨高山を一緒に旅してくれたモデル

壁谷こずえ

岡崎市出身のこずえちゃんは普段は地元で美容師さんとして活躍。
SNSでは美容師さんならではのヘアアレンジテクやお洒落な着こなしで多くの女性からの支持を集めています。華奢なのに実は沢山食べるこずえちゃんは、今回の旅でも美味しそうに沢山食べていましたよ〜。彼女の愛されベビーフェイスにナゴレコ編集部も終始癒されていました♡

岡崎市出身のこずえちゃんは普段は地元で美容師さんとして活躍。
SNSでは美容師さんならではのヘアアレンジテクやお洒落な着こなしで多くの女性からの支持を集めています。華奢なのに実は沢山食べるこずえちゃんは、今回の旅でも美味しそうに沢山食べていましたよ〜。彼女の愛されベビーフェイスにナゴレコ編集部も終始癒されていました♡

2人で秋の飛騨高山を満喫してきました〜!

〈今回巡った飛騨高山のコース〉

 9:30-10:30:中田呉服店(着物レンタル)

10:30-11:30:三葉(朝食)

〜古い町並みを散策〜

12:30-13:00:助春 (ミンチカツ)

13:00-13:30:大井屋(栗ソフト)

13:30-14:00:坂口屋(肉寿司)

14:00-15:00:紅葉スポット

15:00-16:00:布久庵 (カフェ)

16:00-17:00:飛騨高山まちの体験交流館(体験)

17:00-18:00:つづみそば (ラーメン)

 

日本が誇る伝統美、着物で楽しむ飛騨高山の旅

まずはじめに訪れたのは、創業明治9年の「中田呉服店」さん。

着物・和装小物・和雑貨を扱うお店です。

こちらでは、街歩きにピッタリな着物を¥5,280〜(税込)レンタルすることができます。

数十種類ある色とりどりの着物から、それぞれお気に入りの1枚を発見!

ベテランのスタッフさんが「たくさん食べても苦しくないように」と丁寧に着付けをしてくれます。無料で選べるカラー半襟や帯締めをつければ、より華やかな印象になります。

着物をまとい、早速、散策スタート!

 

徒歩2分ほどで古い町並へ到着。

江戸時代にタイプスリップしたかのような景観は、着物もよく映えます。

着物を身につけるだけで、非日常感を味わうことができますね。

すっかり気分はやまとなでしこ♡

INFORMATION

店名:

中田呉服店

住所:

岐阜県高山市本町2丁目78番地

電話番号:

0577-32-0159

営業時間:

10:00〜18:00

定休日:

火曜日

一人当たりの予算:

¥5,280〜

※記事内の情報は記事執筆時点のものです。正確な情報とは異なる可能性がございますので、最新の情報は直接店舗にお問い合わせください。

 

飛騨牛しぐれ茶漬けでポカポカ温朝食

続いて、やまとなでしこたちがやってきたのは…(笑)。

日本の文化である“茶の心”を発信したいという想いからオープンされた「飛騨高山 茶寮 三葉」さん。

こちらでは朝食をいただきました。

○三葉特製 牛しぐれ茶漬け ¥1100(税込)
○三葉特製 たい茶漬け ¥990(税込)

これからの時期、高山の朝は冷えるので体の温まるお茶漬けは朝食にピッタリです。

甘辛く煮込んだ牛しぐれに熱々の根昆布だしをかけることで、飛騨牛の旨みがお出汁に溶け出します。

また、しそや三つ葉などの薬味を添えると飛騨牛の味をより引き立て、お肉本来の美味しさが感じられます。

濃厚なごまだれを和えた鯛に熱々の根昆布だしをかければ、ごま香るたい茶漬けが完成。

〈根昆布だし〉

根昆布とは昆布が成長する起点となる部位、つまり根の部分のことで希少かつ栄養価が高く、旨味成分であるグルタミン酸が多く含まれています。三葉さんでは昆布大国北海道で漁獲された日高根昆布を使用しているので昆布の旨みと風味がとてもよく、栄養価も豊富です。

富山で捕れた新鮮な鯛はぷりっぷりでとても美味!

中庭を眺めながらシンプルかつ贅沢なお茶漬けで至福のひと時を味わえます。

INFORMATION

店名:
飛騨高山 茶房 三葉
住所:
岐阜県高山市上三之町93-5
電話番号:
0577-57-7177
営業時間:
[月〜金] 11:00〜17:00(L.O16:30)
[土日祝] 10:00〜17:00(L.O16:30)
定休日:
不定休
一人当たりの予算
¥1,000〜¥1,999

※記事内の情報は記事執筆時点のものです。正確な情報とは異なる可能性がございますので、最新の情報は直接店舗にお問い合わせください。

 

体も温まったところで高山の町並みを散策スタート!

宮川に架かる朱色の中橋は、高山を代表する風景の一つです。

至る所にさるぼぼを発見!同じポーズでハイチーズ!

〈高山のお土産の定番「さるぼぼ」〉

飛騨弁では、赤ちゃんのことを「ぼぼ」と言い、「さるぼぼ」は「猿の赤ん坊」の意味。

災いが“さる”や猿のように子沢山などと掛け合わせて昔から家庭円満や安産のお守りとされています。

 

看板に偽りなし!?日本一美味しいミンチカツ

続いてやってきたのはこちら。

精肉店から始まった、お肉の美味しさを追求する「和牛処 助春 飛騨高山店」さん。 

食べ歩きにも大人気な、お店の看板メニューを実食。

○ミンチカツ ¥380(税込)

注文してから揚げるミンチカツは熱々、サックサク!

上質な飛騨牛で作られたミンチカツはひと口かじると、外はサクッと軽く、中からジュワ〜と肉汁が溢れ出てきます。ソースがなくても、お肉とお野菜の旨みだけで十分な美味しさ。

ジューシーなのにいくつも食べられそうなほどクドさはなく、飛騨牛の美味しさをダイレクトに味わえます。まさに看板に偽りなしのミンチカツでした!

INFORMATION

店名:
和牛処 助春 飛騨高山店
住所:
岐阜県高山市上一之町19
電話番号:
0577-35-3663
営業時間:
10:00〜17:00
定休日:
火曜日(臨時休業あり)
一人当たりの予算
〜¥999

※記事内の情報は記事執筆時点のものです。正確な情報とは異なる可能性がございますので、最新の情報は直接店舗にお問い合わせください。

 

栗きんとん1.5個分の贅沢栗粉ソフト

さらに歩き続け、甘いものを求めてやってきたのは「飛騨 大井屋」さん。

名古屋の老舗和菓子屋で修行を積んだ店主が営む、素材にこだわった和菓子屋さんです。

いただいたのは、こちら。

○栗粉ソフト ¥626 (税込)

豆乳ソフトクリームの上に国産栗と砂糖だけで作られた栗粉がたっぷりかかった、秋の人気スイーツです。

栗粉には、なんと栗きんとんを約1.5個分も使用しているそう。贅沢ですね〜!

栗きんとんやモンブランとも違うフワッとした食感は豆乳ソフトクリームとも相性がよく、後味もサッパリとしていて、とても美味しかったです。

INFORMATION

店名:
飛騨 大井屋
住所:
岐阜県高山市上三之町68
電話番号:
0577-32-2143
営業時間:
[テイクアウト]10:00〜17:00 [カフェ] 10:30〜16:00
定休日:
木曜日
一人当たりの予算:
〜¥999

※記事内の情報は記事執筆時点のものです。正確な情報とは異なる可能性がございますので、最新の情報は直接店舗にお問い合わせください。

 

古い町並みの名物!飛騨牛にぎり元祖のお店

飛騨高山の特産品といえば「飛騨牛」。

中でも、食べ歩きのできる飛騨牛にぎりは高山の名物ともいえます。

今回は、飛騨牛にぎり元祖のお店「お食事処 坂口屋」さんへやってきました。

○飛騨牛にぎり寿司 ¥900(税込)

お手軽な価格で飛騨牛を味わうことができて嬉しいですよね。

甘いタレとトロけるような飛騨牛の脂身がマッチ。つい、おかわりしたくなる美味しさでした!

店内では飛騨牛を使った郷土の味を楽しむことができ、定食や高山ラーメンをいただけます。

次回はこちらも食べてみたいですね。

INFORMATION

店名:
御食事処 坂口屋
住所:
岐阜県高山市上三之町90
電話番号:
0577-32-0244
営業時間:
10:30〜15:00(なくなり次第終了)
定休日:
火曜日
一人当たりの予算
¥1,000〜¥1,999

※記事内の情報は記事執筆時点のものです。正確な情報とは異なる可能性がございますので、最新の情報は直接店舗にお問い合わせください。

 

高山といえば季節の移ろいを感じられるのも、魅力のひとつ。

秋の高山は木々が色づき始め、紅葉の綺麗な季節です。

紅葉の赤が情緒ある街並みによく映え、これからの紅葉シーズンが楽しみですね!

素材にこだわった米粉のパンケーキは幸せの味

続いてやってきたのは、にぎやかな通りから少しはずれた場所にある、こちらのお店。

隠れ家的な雰囲気のある「茶房 布久庵」さん。

中庭を囲む4部屋からなる茶房では、素材にこだわった身体に優しい甘味をいただきます。

○おこめパンケーキ(キャラメル) ¥1,280円(税込)
○おこめパンケーキ(ティラミス) ¥1,480円(税込)

 

地元高山のお米農家さんから仕入れた米粉100%を使ったグルテンフリーのパンケーキ。

注文を受けてからたっぷりのメレンゲを加え、低温の銅板でじっくり焼き上げることでふわふわぷるぷるの食感になります。

てんさい糖のやさしい甘さだけで作られているので、口当たりもとても軽く、ペロリと完食!

INFORMATION

店名:
茶房 布久庵
住所:
岐阜県高山市下一之町17
電話番号:
0577-34-0126
営業時間:
11:00〜17:00
定休日:
火曜日
一人当たりの予算:
〜¥999

※記事内の情報は記事執筆時点のものです。正確な情報とは異なる可能性がございますので、最新の情報は直接店舗にお問い合わせください。

飛騨高山ならでは!伝統的な組紐体験で思い出作り

映画「君の名は。」で注目を集めた組紐。

その”組紐作り”を気軽に体験できるのが、こちらの「飛騨高山 まちの体験交流館」さん。

まずは10色から色合わせを選びます。

先生に教えてもらいながら、丸台を使って決められた順番に、上下、斜めと糸を動かしながら組んでいくと、3色の糸が綺麗に合わさって、1つの紐になっていきます。

自分だけのオリジナル組紐が完成!

ぜひ飛騨の伝統文化に触れ、素敵な思い出作りをしてみてください。

〈組紐は縁起モノ!〉

組紐は、細い糸を寄せ集め束ねて作られることから「縁を結ぶ」「モノとモノを結ぶ」「人と人を結ぶ」といった意味合いが込められているとされています。

糸を束ねて作る紐だからこそ生まれる強度があり、様々な繋がりを強固に結んでくれるという意味も含まれているそうです。

INFORMATION

店名:
飛騨高山まちの体験交流館
住所:
岐阜県高山市上一之町35-1
電話番号:
0577-70-8290
営業時間:
9:00〜19:00
定休日:
年中無休
一人当たりの予算:
¥2,200

※記事内の情報は記事執筆時点のものです。正確な情報とは異なる可能性がございますので、最新の情報は直接店舗にお問い合わせください。

 

地元の方にも愛され続ける高山ラーメン店

秋の飛騨高山の旅はこちらで締めくくり。〆といえばやはりラーメンですよね〜!

やってきたのは、「つづみそば」さん

○中華そば ¥650(税込)

昭和31年の創業から守り続けた味は、観光客だけでなく地元のファンからも長く愛され続けています。

綺麗に澄んだ醤油ベースのスープに、チャーシューとメンマ、ネギというシンプルなトッピング。

高山ラーメンならではの細打ちの縮れ麺がスープによく絡み、すっきりとしたキレのある味わいと華やかな醤油の風味が広がります。

シンプルですがコク深く、懐かしさを感じる一杯でした。

〈高山ラーメンとは?〉

高山ラーメンとは、醤油を直接寸胴に入れて味をつけた昔ながらの醤油スープと細ちぢれ麺が特長の中華そば。昭和初期にはじまり、高山市民に広く親しまれてきました。濃い色の割りにまろやかな味は、飛騨高山の水質のたまものなのだとか!

INFORMATION

店名:
つづみそば
住所:
岐阜県高山市朝日町52
電話番号:
0577-32-0299
営業時間:
11:30〜14:00 17:00〜19:00 (本来は21:00)※新型コロナウイルス流行拡大に伴い営業時間を短縮しております。
[日曜日]11:00〜14:00
定休日:
火曜日
一人当たりの予算:
〜¥999

※記事内の情報は記事執筆時点のものです。正確な情報とは異なる可能性がございますので、最新の情報は直接店舗にお問い合わせください。

 

歴史ある和菓子店でみつけた、福を招く5匹の猫まんじゅう

旅の醍醐味は色々ありますが、お土産選びもそのひとつ。

女子はご当地グルメや限定アイテムが大好き!

「和菓子処 稲豊園」さんでぜひゲットしていただきたい、オススメのお土産をご紹介します。

創業100余年の歴史ある和菓子店です。注目のお土産はこちら。

○「招福猫子まんじゅう」 ¥1,380(税込)

店横の路地裏を行き来する野良猫たちを見ながら思いついたという5匹の猫のお饅頭…可愛すぎる♡

5種類の猫にそれぞれに個性を持たせるため、生地も中のあんも使う素材はすべて異なります。1匹ずつ手作業で作られるため、表情や形、柄が少しづつ違うのも愛らしいですよね。

3匹の猫ちゃんたちが描かれた、オリジナルの紙袋も可愛い*

受け取ったひとも、笑顔になること間違いなし!

INFORMATION

店名:
和菓子処 稲豊園
住所:
岐阜県高山市朝日町2
電話番号:
0577-32-1008
営業時間:
8:30〜18:00
定休日:
火曜日
一人当たりの予算:
〜¥999

※記事内の情報は記事執筆時点のものです。正確な情報とは異なる可能性がございますので、最新の情報は直接店舗にお問い合わせください。

 

訪れるたびに発見がある風情あふれる飛騨高山

グルメに歴史、自然と魅力満載な飛騨高山。

訪れる季節によって違う顔をみせてくれる景色、町並みには新店舗も続々出店され、行くたびに新しい発見が待っています。人の温かさにも触れ、おなかも心も満たされました。

岐阜県飛騨高山を巡る旅、次回もお楽しみに〜!