ー この記事をシェアする ー
FacebookTwitterLinePocketHatenaGoogle+

2020年1月某日。

贅沢な朝ごはんを求め今回訪れたのは、熱田区日比野。

IMG_9858

地下鉄名古屋港線、日比野駅が最寄りとなる「名古屋市中央卸売市場」が今回の取材の舞台となります!

 

日比野駅4番出口。

IMG_9877

ここから歩くこと、およそ10分!

IMG_9876

はじめに目に飛び込むのは大きなオフィス!

「名古屋市中央卸売市場」はその名の通り、名古屋市が運営する市場です。

とにかくスケールの大きさが魅力的♪

IMG_9865

早朝の市場は大型トラックが所狭しと行き交っています。

 

AM7:30

 

今回ご紹介する店舗は、場内で働く仕事人たちの胃袋を支える人気店。「一力」さん

IMG_9874

メディアでもしばしば取り上げられる事のある海鮮食堂!

店内は情報番組出演時のサイン色紙で埋め尽くされています♪

IMG_9869

開店時間は早朝の4:30!

日付けが変わるころから動き始める市場の1日。

そのお陰で私たちは、ランチから美味しい食材と巡り会うことができる・・。

感謝しかありません!

 

いただけるメニューは、魚介を中心とするどんぶりや定食、その他にも食堂のスタンダードといえるメニューが準備されています。

IMG_9875

IMG_9873

目移りするほどズラリと並んだ単品料理!

IMG_9872

穴子やブリ、金目鯛と朝から誘惑が凄まじい。(笑)

 

AM7:58

IMG_9867

いよいよ実食です!!

 

早速オーダーしたのは、

雲丹・イクラ・マグロが載っかる三色丼 ¥1,300(税込み)

IMG_9871

市場めしの定番と言えば海鮮丼!

食材には何も手を加えず、鮮度の良さを楽しめることが市場の魅力です♪

そう、「何もしないことも調理のひとつ」。

 

ズラリ並んだ単品料理の誘惑に敗北し、いただいたのは、

あなご煮 ¥550(税込み)

IMG_9868

甘めのタレで煮た穴子はしっかりとした照りが!

どんぶりに少しずつ載っけながら、刺身との味の変化を楽しんでいきます♪

 

そしてもう一品!これだけは外せない・・。

アジフライ¥600(税込み)

IMG_9866

衣がとにかく軽やか!そしてほどける柔らかな身!

朝からでもペロッと食べてしまえる程あっさり。サクサクな食感がたまりません♪

ふと窓の外に目をやれば、辺りが海で広がっていそうなほど・・。

ここは知多半島の漁港かと錯覚するくらいのパフォーマンスに対しての充実度があります。

それが地下鉄沿線で楽しめるのだから、人気店なのも納得。

 

店内は活気に満ち溢れ、お客様のほとんどが市場の常連さん。

スタッフとお客様が名前でお互いを呼びかける光景は、温かな空気感でとっても新鮮です♪

 

連載「7:58を味わう」では、朝ごはんをいただき、そして1日をスタートさせていく・・。

そんなシーンをお伝えする場所として続けてきましたが、ここ「一力」さんではこれまでと決定的な違いがあります。

それは、

 

1日を終えてゆくひと

1日が始まってゆくひと

 

それぞれの時間が交差する場所でした。

しかしそんな時間の枠を飛び越えて、皆が納得して笑顔になれる空間である理由には、メニューの豊富さ、そしていい意味でのカジュアルさが要因ではないでしょうか♪

 

「名古屋市中央卸売市場」の近くには、高速道路が走る大通りを挟んだ場所に「大名古屋食品卸センター」という市場も設けられています。

こちらは柳橋市場と雰囲気が近いです。

飲食店も立ち並び、フジヤマ55を手がけるオーナーさんの「フジサワ中華そば」さん。

IMG_9864

マグロがたっぷり味わえる「まぐろや」さん!

IMG_9862

といった人気店が軒を連ねています。

物販も朝から賑わいを見せ、市場価格はやっぱりお安い!

IMG_9861

IMG_9860

この季節は苺に目移りしますね♪

活気に満ちた市場の雰囲気は1日の活力に最適。

今回は地下鉄日比野駅から立ち寄れる、市場での朝の楽しみ方をアテンドさせていただきました!

ナゴレコ読者様が「食」で笑顔が溢れるライフスタイルを送っていただけますように・・。

 

この日も最高のパワーをいただいて、一人ひとりの「今日」がまた、始まっていきます。

 

モーニング文化が根付く名古屋。

コーヒーとトーストで過ごす一般的なモーニングとはひと味違った味わい方をアテンドしていく。

「7:58を味わう」

第6回は名古屋の台所の1つ。「名古屋中央卸市場」でいただける贅沢な朝の過ごし方をご紹介していきます♪

7:58を味わう VOL.6|市場の活気と新鮮な魚介をいただいて始まる爽快でパワフルな朝「一力」

【店舗情報】
店名:一力
住所:名古屋市熱田区川並町2-22 名古屋中央卸売市場内
電話番号:052-671-2417
営業時間:4:30~15:00
定休日:日曜日、祝日、卸売市場休業日
Web:
一人当たりの予算:¥1,000〜¥3,000

※記事内の情報は記事執筆時点のものです。正確な情報とは異なる可能性がございますので、最新の情報は直接店舗にお問い合わせください

ー この記事をシェアする ー
FacebookTwitterLinePocketHatenaGoogle+