ー この記事をシェアする ー
FacebookTwitterLinePocketHatenaGoogle+

IMG_2949

地下鉄東山線今池駅 9番出口から徒歩12分ほどの場所にあるのが、こちらのお店。

暖簾が粋でとってもかっこいい。

今池駅と吹上駅のちょうど真ん中あたりにあるので、吹上駅からもアクセス可能です◎

IMG_2854

店内には4名掛けのお席が1つと、2名掛けのお席が2つ

そして‥‥、

IMG_2881

オシャレなカウンター席が3つあります。

このカウンター、風情があってとっても素敵ですよね!

IMG_2860

カウンター横には陶芸作家さんが作られた美しい食器が棚いっぱいに並んでいました。

どの食器も個性的で温かみのある色合い。

棚に並んだ食器は購入することもできます

 

メニューはこちら。

IMG_5978

こだわりの日本茶をストレートでいただくメニューから、アフォガートなどのスイーツまで、メニューの多くが種類や甘さを自由にカスタムできます。

 

早速、レコメンドしていきましょう!

まずは、こちら。

『煎茶 (ICE)』 / 500円(税抜)

IMG_2870

透明の急須にたっぷり入った煎茶と豆菓子のセット。

煎茶はやぶきた・さみどり・めいりょく・やまかいの4つの茶葉から選べます。

私は、甘い余韻が残る「めいりょく」という品種の茶葉で注文しました。

IMG_2877

全体的に甘みが強めですが、しっかりと苦味も感じられるお味。

飲んだあとも、しばらくお茶の風味が舌に残ります。

飲む前に香りを嗅いだのですが、とっても爽やかな気分になりました。

 

急須が大きめなので、1カップで4〜5杯ほど楽しめます。

美味しい茶葉を、お店の方が一番美味しい状態で提供してくださるので、まさに至極の味わい。

お茶ってこんなに美味しいんだ‥‥。

今までコンビニのお茶で満足していた自分を憎んだ瞬間でした。(笑)

IMG_2872

こちらはドリンクメニューを注文すると付けてくださる「豆菓子」

お砂糖やきな粉でまぶされた豆が、渋みのあるお茶とマッチしてとっても美味しいです。

 

「ふう、美味しかった〜」と余韻に浸っていると、お店の方が注文した煎茶で使った出がらしの茶葉とめんつゆを運んできてくださいました。

IMG_2906

お店の方から「茶葉、食べたことありますか?ちょっと食べてみて欲しいんです。」と、衝撃の一言。

みなさん、出がらしの茶葉を食べたことありますか?

“茶葉を食べる”という発想に思わずビックリ!

ドキドキしながらも‥‥いざ、実食です。

IMG_2911

まずは出がらしの茶葉を隣の小鉢に移し、

IMG_2915

めんつゆをかけて、お好みでわさびと一緒にいただきます。

IMG_2918

ん〜〜〜〜〜〜!!?!?お、美味しい〜〜!!!

見た目はおひたしのような感じですが、食感はシャキシャキしていました。

煎茶は甘みが強めでしたが、茶葉そのものは苦味の方がずっと強く感じられました。

「へえ〜この茶葉からあの煎茶の味わいが出るのか〜」と色々考えながらモグモグ。

 

めんつゆがかかっているので、おつまみ感覚で食べられました。

煎茶の味わいと茶葉の味わいを比較しながら、お茶の深みに触れることができて大満足。

お茶の世界、侮ることなかれ!

 

続いては、こちら。

『抹茶アフォガード』 / 850円(税抜)

IMG_2882

立てたばかりのお抹茶と小玉のバニラアイスクリームが3つ乗った贅沢なアフォガード。

お抹茶の種類はあさひ・さみどりの2種から選べます。

私は、さみどりより渋みのある「あさひ」で注文しました。

お料理の見た目もさることながら、器が本当に素敵です。

IMG_2892

立てたばかりの温かいお抹茶をかけていきます。

深くて鮮やかな緑に思わずうっとり。

IMG_2898

お抹茶たっぷり!たくさんかけて幸せいっぱいです。

IMG_2901

お抹茶の温度で溶け出したアイスクリームと一緒にスプーンですくってひとくち。

抹茶の苦味がとってもいい感じ‥‥!

食べる前に全体的に甘くなってしまうのかな〜と思いましたが、むしろ苦味が効いていてアイスクリームの甘みととってもいいバランス◎

お抹茶が濃厚でふんわりまろやか。重量のあるもったりとした口あたりが堪りません。

お抹茶本来の味わいを感じつつ、美味しくいただける逸品でした。

 

最後にご紹介するのは、こちら。

『ほうじ茶ラテ(ICE) 』/ 630円(税抜)

IMG_2938

テイクアウト用に注文した、茶とミルクの2層のグラデーションが美しいほうじ茶ラテ。

 

ラテは抹茶・ほうじ茶ともに甘さが3〜4段階で選べます。私は、普通で注文しました。

そして今回、お店の方に許可をいただき、特別にラテができるまでの様子を見させていただきました!

こだわりの一杯ができるまで。必見です!

 

まずはほうじ茶の粉末を湯で溶かし、茶を立てていきます。

IMG_2924

こんな風に、注文してから一杯ずつ丁寧にお茶を立ててくださるんですね。

茶筅の先から泡立つ音が心地よくて、ずっと聴いていられる‥‥。

IMG_2930

立てたてのほうじ茶を上から注いで、完成です。

茶筅で立てたので、泡がとってもきめ細やか。

下のミルクとほどよく溶け合う感じが食欲をそそります。

IMG_2931

このもったり感はしっかり茶立てをしないと絶対に出ないやつ‥‥!

よくかき混ぜて、濃厚なほうじ茶ラテの完成です。

 

お味はもちろん、最高!

コクのあるミルクとまろやかな舌触りのほうじ茶が相性抜群◎

こんなに美味しいほうじ茶ラテを飲んだのは初めてです。

IMG_2941

ちなみに、テイクアウトすると豆菓子はこんなに可愛らしい小袋に入れてくださいます*

ドライフラワーが添えてあって思わずキュン。

ストローにひっかけられるようになっているので、荷物になる心配もありません。

IMG_2952

「両手が塞がると困る!」という方もご安心を。希望があれば、手持ち袋に入れてくださいます。

美味しいお茶とお店の方のお心遣いに、心が和らぎました◎

 

お店の営業日は要チェック!一人でも気軽に立ち寄れるティースタンド。

YATAGARASUさんは不定休。

お店の営業日は毎週末、お店のインスタグラムに公開されるお知らせを要チェックです◎

 

また、お店の方がとっても気さくな方ばかりなので、おひとりさまでも気軽に立ち寄れます。

ぜひ、あなたもYATAGARASUさんで日本茶の魅力に触れてみてください。

 

私たちの食卓に欠かすことのできない飲み物、「お茶」。

コンビニに行けばウーロン茶や緑茶、紅茶など多種多様のお茶が並んでいると思います。

"食事のお供"というイメージの強いお茶ですが、実はとっても奥が深いんです!

ということで今回は、お茶の深みに触れられる日本茶専門店をご紹介。

これを読めば、あなたもお茶の魅力にハマること間違いなし!

こだわりのお茶を味わえる日本茶専門店「YATAGARASU(ヤタガラス)」

【店舗情報】
店名:ヤタガラス (YATAGARASU)
住所:愛知県名古屋市千種区今池3-39-11
電話番号:
営業時間:[月~日] 13:00〜18:00
定休日:不定休
一人当たりの予算:〜¥1,000

※記事内の情報は記事執筆時点のものです。正確な情報とは異なる可能性がございますので、最新の情報は直接店舗にお問い合わせください

ー この記事をシェアする ー
FacebookTwitterLinePocketHatenaGoogle+