ー この記事をシェアする ー
FacebookTwitterLinePocketHatenaGoogle+

地下鉄東山線・千種駅から徒歩約5、6分で到着!

一見、知らないと通り過ぎてしまいそうです。

93024455-21A7-4D33-9999-0A4381BC2D00

06ADD505-4C8F-4382-9B8C-1C4363DB9300

お店の前にあるブラックボードには、「本日のランチ」と「本日のケーキ」が記載されていました。

※ケーキは売り切れているものがある可能性があります。レジ近くにあるショーケースをご確認ください。

D730C811-C4F1-455F-A928-1DA5943C74EF

こちら、常滑市にある自家焙煎コーヒー屋「KEDI BASKAN(ケディバシュカン)」さんの姉妹店なんです。さっそく入店しましょう。

店内には天井からドライフラワーがたくさん釣り下がっているため、頭上に要注意です。

 

店内は、赤、青、緑の壁に囲まれています。お席はカウンター席が数席と、2名様掛け、3名様掛け、4名様掛けのテーブルがあります。

AFE4FDF0-815B-4666-902E-4F67318F2020

ドライフラワーや雑貨をはじめ、物であふれる個性的な空間をお楽しみください!

売り物と、そうでないものとあるので気になる方は店員さんに伺ってみてください。

F0DBF380-1EF9-4AD9-A37F-627BEE38C4B9

私はこちらのお席でいただくことに。

69D4743D-85FE-4065-9B8C-7ACAF10AB742

お水はセルフサービスです。

96CF34B6-B28B-414A-AE0C-283F9CDD363E

メニューはこちら。各テーブルの壁にかかっています。

A2A7D168-EF91-4F86-A515-241B0D974D77

コーヒーは、スマトラ、エチオピア、コロンビア、ミャンマーの4種類の豆をブレンドし、焙煎度は中煎り、深煎り、極道深煎りの3種類を提供しているとのこと。

TUMETOGI(爪とぎ)・AMAGAMI(甘噛み)・IKAKU(威嚇)というユーモアあふれるネーミングはインパクトがありますね!

また、ホットコーヒーのおかわりは300円(税込)で可能です。ごゆっくりされる方はぜひ!

B1DA597A-A6DC-4264-A1D4-E1D6367BEA08

お食事メニューは、14:00までと、14:00以降ラストオーダーまでと分かれていて、価格が変更されます。

ECAA820E-38DC-4E9A-80A2-4A4689061DF4

その他には、ドリンクメニュー、中には迫力満点なフルーツソーダもありました。

※ご注文後にフルーツをカットされるそうで、少しお時間をいただくメニューとなります。

A442E597-6FDA-4B08-90F8-2E7CE6CFA8A0

私が注目したのは〝betsubara〟の文字。

●あんバターベーグルサンドとコーヒーのセット 1,300円(税込)

を注文。

コーヒーは中〜深煎りが好みで、AMAGAMI(甘噛み)を選びました。コーヒーには小さなチョコレートもついてきます。

6E37BB90-57A7-4CCA-A65B-9CB1CB6F95CE

名古屋名物「小倉トースト」ならぬ、「あんバターベーグルサンド」。

トーストにはない、ベーグルだからこそのボリューミーさ◎

ハンバーガーのような見た目はまさに!大胆さとかわいさを兼ね備えています。

427CF382-E4B5-4654-9852-5ACDD85B37F7

にぎりこぶしと比較してみました。

A0075343-7F9A-4210-B509-B1FEBF3DBA6E

中身にご注目。

なんと!自家製のあんこが100g入っているんですよ!

その下にあるバターは〝よつ葉バター〟で、指1本分くらいの太さがあります。

99CAD3E8-1C9C-4B6A-959F-B791474016A9

旗には猫のイラストと店名が書かれています。店名にある「BABI CHAN」ですが、姉妹店「KEDI BASKAN(ケディバシュカン)」さんにいる猫の名前からつけたそうです!

旗があることでどこかお子様ランチのような雰囲気もある一品ですね。

6AAAB406-CA46-4B42-8D62-E4D5CEA20D58

両手でガブッと豪快に食べるのも良いですが、上品にフォークとナイフでいただくことに。(笑)

食べ方に迷ったあげく、ベーグルの上部を切り離してみました。

3996A0E4-9F74-40A2-8BBA-D7A5698B491E

食べ始めたらノンストップ!!

一緒に食べすすめていくと〝あんこ×バター〟のクリーム状になりますが、本来のあんこのつぶつぶ食感が残っていているので、いろんな食感が同時に楽しめます。

見た感じ、バターの量が多いように感じる方もいらっしゃると思いますが、食べたら分かります!あんことバターの量比が抜群なんです。

 

しかも、〝betsubara〟と称されているだけあって、ぺろりと食べれてしまいましたよ♩食べ終わったときに、お腹にドーン!とくる感じは一切ありませんでした。

 

コーヒーはこちら、AMAGAMI(甘噛み)です。

B62EE3A5-94EB-4DE6-92FA-CFA74AE03B9D

いいほろ苦さで〝あんバターベーグルサンド〟との相性が良いです◎

はじめからコーヒーがセットドリンクになっている理由が、きっと分かるはずです。

 

お支払いは最後になります。こちらのレジでお会計をお済ませください。

CF983C74-A89B-4A48-8CA3-00C7DA67F147

午前中には売り切れ!?自家製ケーキもイチオシメニュー◎

0D832B7C-955F-449C-BA15-E2E32971E57A

午前中には無くなってしまうこともあるという自家製ケーキ。

フルーツは市場から直接仕入れていらっしゃるそうです!こだわり抜かれたケーキですから、見た目がかわいいだけでなく間違いなくおいしいことでしょう◎

 

最新情報は、お店のInstagramのアカウントからチェックしてみてください。

 

今名古屋カフェ業界においてホットなエリア、今池。
「隠れ家的カフェ」という名がふさわしく、ひっそりと佇むお店をご紹介します。

大胆なメニューであるが故に〝インスタ映え〟すること間違いないメニューの数々は、どれも気になります!

非現実的なカフェの世界観をご堪能あれ!「BABI CHAN CAFE(バビちゃんカフェ)」

【店舗情報】
店名:バビちゃんカフェ (BABI CHAN CAFE)
住所:愛知県名古屋市千種区今池2-14-15
電話番号:052-753-5221
営業時間:[月・水~金] 11:30~18:00 [土・日・祝] 10:00~18:00
定休日:火曜日
一人当たりの予算:¥1,000〜¥3,000

※記事内の情報は記事執筆時点のものです。正確な情報とは異なる可能性がございますので、最新の情報は直接店舗にお問い合わせください

ー この記事をシェアする ー
FacebookTwitterLinePocketHatenaGoogle+