オノマトペで巡る、名古屋の町中華vol.2|パラパラ♪「チャーハン」

オノマトペで巡る、名古屋の町中華vol.2|パラパラ♪「チャーハン」

オノマトペで巡る、名古屋の町中華

WRITTEN BY
にしむー
  1. オノマトペで巡る、名古屋の町中華vol.2|パラパラ♪「チャーハン」
    #2

    この記事を読んでいます

    オノマトペで巡る、名古屋の町中華vol.2|パラパラ♪「チャーハン」

  2. オノマトペで巡る、名古屋の町中華vol.1 |グツグツ♪「麻婆豆腐」

チクタクと進む時計の針、朝目覚めればサンサンと差し込む太陽の光、キッチンでは朝食の香り。あ、今日のお昼はパラパラの炒飯が食べたいな。
私たちの生活はあらゆる音で構成されています。

そしてここ名古屋の街に日々奏でられるウマい音は1日の楽しみ生みます!その音を聞けば自然と脳裏に浮かぶ料理たち…。あぁ、早く食べたい!
本来私たちには表現することのできない、自然の音、ウマい音。それを伝える術…。

そう、それはオノマトペ。

「ジュージュー」「ずるずる」「ジュワッ」
今回オノマトペのチューニングを合わせるのはみんな大好き"町中華"。半音たりとも外さない中華の奏でる音の数々。
「今日はあの音を求めて」
オノマトペで巡る、名古屋の町中華をご紹介します!

今回取り上げるオノマトペは"パラパラ""。
「チャーハン」が旨いお店をご紹介します!

カウンターのみ!名古屋随一のチャーハンの名店「松楽」

さて、今日はどこの音を味わおう?

私が旨い音を目指して訪れたのは吹上。

地下鉄桜通線が走り、JR鶴舞駅、千種駅のちょうど間に位置する吹上。吹上ホールやイオンタウン千種などの商業施設もあり、名古屋の主要部へのアクセスも抜群。幹線道路が走りながらも、道路を1本入ると昔ながらの街並みが広がっていたりもします。

日々開発が進む名古屋ですが、そのような場所にも昔ながらの街並みが広がり、その街特有の町中華あり!私たちのお腹を満たしてくれているのです。

急げ急げと車が走り、そのエンジン音にごまかされてしまいそうですが、聴こえる、確かに聴こえる!中華鍋を振る、あの音が!

今回私がチューニングを合わせたのは「松楽(しょうらく)」さん。吹上駅からは徒歩5分ほどでアクセスが可能。専用駐車場はありませんが、お店のすぐそばにコインパーキングも多数あるので車でのアクセスも良好です。

それにしてもこの歴史を感じる看板、めっちゃ雰囲気ありませんか?その歴史を感じる色褪せた看板、エモい、めっちゃエモい。「名古屋屈指の絶品チャーハン」というこのフレーズ、否が応でも鼓動が高まります!僕のBPMは190になりました!

 

激渋!豊富でお得なセットメニューが魅力!

店内は細長く、カウンター席のみ。昭和ノスタルジック!脳内BGMで徳永英明が流れ始めました。

壁面には有名人のサインが数々と飾れており、その人気の高さを伺わせます。その証拠に私が訪れたランチタイムは入れ替わり立ち替わりでお客さんが次々と訪れていました。

静かに賑わう店内にはテレビの音、そして甲高く鳴る中華鍋の音。それはライブ開始を待つオーディエンスの心持ちです。ふぅ、あーお腹空いた、何食べよう!

ランチタイムはセットメニューが中心。どれもお得感があり、その組み合わせも豊富です。

なんと言ってもこちらに来たらチャーハンを食べねば!あとはセットの種類をどうするかです。ミニラーメンの味を無料で変更できるなど手広いサービスが嬉しいですね。あれも食べたい、これも食べたい…と思いながら、チャーハン唐揚げミニラーメンセット、君に決めた!

そしてお腹ペコペコで来ました!腹が減っては戦ができぬ、食は戦いだとなぜか高ぶる私の胃袋。ここはドーンとチャーハン特盛で注文!ちなみに特盛は普通盛りの2倍近い量があるそうです。いっぱい食べる君が好き!という声が聞こえるので、それでよしとしましょう。

注文とともにガゴンガゴン、カンカンと鳴る中華サウンド♪合いの手とばかりにお腹もぐぅーと鳴ってしまいそうです…!数分後、めちゃくちゃ手際がよく、3品がほぼ同時に出揃いました!

 

ボリューム満天!チャーハン唐揚げミニラーメンセット!

僕の頭の中で銅鑼の音が「ジャーン」と鳴り響きました!食いしん坊、大集合というビジュアル!それにしても…何か山みたいなものが1つあるのは気のせいだろうか。(笑)

そちらは今回のメイン。まずは1つずつひとつずつ味わっていきましょう。

まずは組み合わせの種類が豊富なラインナップから今回私が選択した唐揚げ。

小ぶりながらセットで4個提供される唐揚げは、衣が薄く柔らかい。鶏肉をダイレクトに感じることができます。ガツンとした味付けではなく優しい味わい。これは主役ではなく、脇をがっしりと支えるタイプの唐揚げ。お家で食べても、お店で食べてもそれぞれの良さがある唐揚げって国民食だなと思います。

そしてもう1つのセットでついてくるのがこのミニラーメン。味の変更も可能ですが、今回はノーマルの醤油でお願いしました、小さなお椀に入り、まるでスープのような立ち位置でもあるこちらがもう素朴!素朴of素朴!

トッピングはネギのみ。麺も「ちゅるちゅる」としたタイプで2口、3口とほどで昔ながらのラーメン感が詰まっています!

醬油ベースのスープも優しく、私を包むすべてが優しさで溢れそうです。日々趣向を凝らしたラーメンが登場してしますが、こういうシンプルなラーメンもほっこりして良いですよね。

 

パラパラ♪を味わう!匠の技が詰まった絶品チャーハン!

そして今回のメイン!チャーハンをいただきましょう!

それにしても特盛の恩恵はすごい、山です、山。例えるならお椀いっぱいに米が山のようによそわれたマンガ盛りのチャーハンといったところでしょうか。調理している時にも感じたんですが、焦がし醤油の香りが食欲をそそりますね!

レンゲを入れるとホロホロと崩れるチャーハン。いざ頬張ると感じるのは焦がし醤油、そしてしっかりと炒められた米の香ばしさ。具材は卵、ネギ、チャーシューと非常にシンプル。近代的な音は入っておらず、ギター、ベース、ドラムで奏でるサウンドと言ったところでしょうか。

これだけシンプルなのに、非常にコクがあり、味の厚みがすごい。旨っ。チャーハンというシンプルな料理なのに、ここまで変わるのか!と感慨深いです。それは例えるなら唯一無二の歌声を持つ歌姫。昭和なら美空ひばり、平成なら宇多田ヒカル、令和ならADOと同じ食材でもその歌い手、作り手によってここまで味も変わるんですね…!

これだけの旨味を纏ったチャーハンはパラパラ!大切なことなのでもう1度言います、パラパラ!

先ほども触れましたが、レンゲを入れると砂で作った山のように崩れていきます!香ばしい香り、パラパラと解けていく食感、全てが一体化した旨味。これらを吸い込んだ空気で消えてしまいそうです…。まさに匠の技…!

チャーハンの味変の鉄板と言えば赤い彗星、紅しょうが。紅しょうがいるだけで華やかさが違います。加えればその酸味でさっぱり感が増し、レンゲが進みます!紅しょうがは卓上にあるので、お好みのタイミング、量で味変カンフージェネレーションしましょう!

最初はチャーハンの特盛に面食らってしまったとこがあるんですが、セット価格ですごくお得だし、お腹空かせていっぱい食べてほしいです…!

 

「松楽」の奏でる音の余韻が止まらない!

歴史を感じさせる町中華から鳴り響いたのは、パラパラという職人技!きっとパラパラで美味しいチャーハンをまた取り上げることになるかもしれませんが、ここには唯一無二のチャーハンがありました!

「パラパラ」というオノマトペが魅力のチャーハン。その音を楽しみ、味わう、それはまさにイーティングミュージック!次回までチューニングはそのままで♪町中華が奏でるそのリズムを味わいませんか?

INFORMATION

店名:

松楽 (ショウラク)

住所:

愛知県名古屋市千種区大久手町6-16

電話番号:

052-732-5894

営業時間:

11:30~14:00 (L.O. 13:45)
17:00~22:00 (L.O. 21:30)

定休日:

毎週木曜日、第3水曜日(火・水・金のランチは不定休)

一人当たりの予算:

〜¥1,000

※記事内の情報は記事執筆時点のものです。正確な情報とは異なる可能性がございますので、最新の情報は直接店舗にお問い合わせください。