清水|“ジンギスカン鍋”って知ってる?名古屋にいながら本格ジンギスカンを食べられる専門店

清水|“ジンギスカン鍋”って知ってる?名古屋にいながら本格ジンギスカンを食べられる専門店

北海道グルメin名古屋

WRITTEN BY
はらぺこえりむし
  1. 名駅|道産子は“ラーメン”をサラダで食べる!?名古屋でいただく北海道居酒屋の定番メニュー
  2. 清水|“ジンギスカン鍋”って知ってる?名古屋にいながら本格ジンギスカンを食べられる専門店
    #2

    この記事を読んでいます

    清水|“ジンギスカン鍋”って知ってる?名古屋にいながら本格ジンギスカンを食べられる専門店

  3. 亀島|北海道名物を名古屋であじわえる!1日分の野菜をおいしく摂れる「スープカレー」の楽しみ方

北海道名物のひとつとして特に有名なのが、羊の肉を専用鍋で焼いて食べる「ジンギスカン」。
中央部が山のように盛り上がったハット状の“ジンギスカン鍋”と呼ばれる鉄鍋は、おそらく名古屋ではあまりなじみのないものでしょう。

今回訪れたのは、本場さながらのハット型“ジンギスカン鍋”で調理して食べる本格ジンギスカンをいただくことができるお店。
以前より北海道に縁があり、「北海道の食が好き」と話していた友人を連れて、地元以外で食べる地元名物「ジンギスカン」の味を堪能してきました。

専用鍋で焼くジンギスカンは本場さながら!生でも食べられる新鮮なお肉に舌鼓を打つ「なまらむーちょ」

羊モチーフの看板が目印!札幌流ジンギスカンを提供する名古屋では数少ない専門店へ

今回訪れたのは、名鉄瀬戸線清水駅から徒歩3分ほどのところにあるジンギスカン店「なまらむーちょ」さん。

札幌流のジンギスカンを提供する、名古屋市内では数少ない本格ジンギスカン専門店です。

ひと言に「ジンギスカン」と言っても、その食べ方は地域によって微妙に異なることは、実は北海道以外ではあまり知られていません。

私の出身は北海道の中央部に近い「空知」という地域なのですが、この界隈は“タレに漬けた”ジンギスカンのメッカ。

一家にひとつはジンギスカン鍋があると言っても過言ではないほど(もちろん、私の実家にもあります)、ジンギスカンの名店が建ち並ぶ地域です。

しかし、現在住んでいる札幌市の近郊では、先に肉を焼いてからたれにつけて食べる食べ方が主流。

この違いは、地元を離れるまで私も知りませんでした。

 

「なまらむーちょ」の名前の通り!?生でも食べられる新鮮なお肉が自慢

店内に入って席に着くと、人面羊(!?)のメニューがお出迎えしてくれました。

お店の名前は「なまら」という北海道弁(「とても」という意味)と「生ラム」を掛け合わせたものなのだろうな…と予想してはいたのですが、実は「なまらむーちょ」さんで提供されるお肉はすべて、生で食べられるほどに新鮮なものばかり。

コースはジンギスカンとしゃぶしゃぶの2種類があり、飲み物代は別途となります。

今回はお店をハシゴする予定でいたので、食べたいものだけを選べるよう単品でオーダーすることにしました。

 

いざ実食!一番人気の肩ロースをいただく…その前に!まず必ずやるべきことが

●肩ロース/1人前 1,350円(税込)

今回オーダーしたのは、このお店の一番人気商品「肩ロース」。

札幌で食べるジンギスカンの平均相場より若干高い気はしましたが、お肉が登場してその理由に納得。

贅沢なほど厚切りで、お肉の色がとても鮮やかで新鮮なんです!

目の前には熱くなったジンギスカン鍋もスタンバイ。

では、さっそく焼きましょう…と言いたいところですが、美味しくお肉を焼くために忘れてはいけない行程があります。

それは、必ず先に牛脂を滑らせておくこと。

鉄製のジンギスカン鍋は熱伝導が良く高温となるので、脂を塗っておかないとくっついたり焦げたりしてしまいます。

美味しくいただくためにも、このひと手間を忘れずに。

 

●やさい盛り 500円(税込)

また、ジンギスカンを食べる際には野菜が必須といっても過言ではありません。

札幌流のジンギスカンは焼き野菜に、空知流のたれ漬けジンギスカンでは肉汁とたれで野菜を煮込む同時調理が主流。

お肉をオーダーするといろどり程度に野菜が添えられてはきますが、別途「やさい盛り」を追加することをおすすめします。

ジンギスカン鍋の縁のくぼみに野菜を敷き詰め、これでお肉を焼く準備が完了です。

ジンギスカン鍋の山の部分にお肉を乗せ、好みで焼き時間を調整しながら焼いていきます。

「なまらむーちょ」さんのお肉は生で食べてもOKなので、お店がおすすめする焼き時間を参考に、自分の好きな焼き具合を見つけてくださいね!

焼きあがったお肉はたれに漬けていただきます。

好みでおろし生にんにくを付けるのも◎

 

北海道ではあまり見かけない!?珍しい羊の「タン」を食べてみることに

●タン/小 700円(税込)

追加オーダーしたのは、北海道ではあまり見かけることがない羊の「タン」。

珍しいので、さっそく食べてみることにしました。

食感は馴染みのある牛タンと似ていますが、しっかりと羊肉特有の風味を感じられましたよ!

新たな味覚の発見に、思わずテンションが上がります♪

 

ジンギスカンに合うお酒は?定番はやっぱりビールでしょう

●生ビール/中ジョッキ 600円(税込)

北海道ジンギスカンの名所として「サッポロビール園」が代表されるように、ビールに合うお酒はやはりビール!

友人は迷わずビールをオーダーしていました。

「なまらむーちょ」さんでは、中ジョッキと中瓶でビールを提供しているので、好みの方と合わせてお肉をいただきましょう。

 

●ローズヒップとラズベリー梅酒 550円(税込)

私は「ローズヒップとラズベリー梅酒」をソーダ割でオーダーしました。

ソーダ割にする場合は元の金額に150円が加算されます。

梅酒をグラスに注いで、自分でソーダを追加して割るセルフスタイル。

1杯分だと少し余る感じになるので、好みの濃さに調整して楽しんでくださいね!

 

ほかにも気になるメニューが目白押し!新鮮な羊肉を存分に楽しんで

お肉をオーダーする際に読んでおきたいのが、お店がおすすめする食べ方が記載されたこちらのフライヤー。

今回オーダーした2品以外にも、まだまだ気になる商品がたくさんありました。

みなさんもぜひ、「なまらむーちょ」さんで美味しいジンギスカンを堪能してくださいね!

INFORMATION

店名:

なまらむーちょ

住所:

愛知県名古屋市北区清水2-7-20

電話番号:

052-913-1310

営業時間:

17:00~23:00(L.O.22:30)

定休日:

不定休

一人当たりの予算:

¥3,000〜¥6,000

※記事内の情報は記事執筆時点のものです。正確な情報とは異なる可能性がございますので、最新の情報は直接店舗にお問い合わせください。