ー この記事をシェアする ー
FacebookTwitterLinePocketHatenaGoogle+

 

E375C88F-1424-4CAD-923C-1C8090FCC53C

藤が丘駅から少し離れた場所にお店があり、徒歩13分ほどかかります。

なので訪れる際は、車での来店が便利かと思います。

086FEB9B-56B7-4157-BAC8-8CA7F98742D8

FA43545C-1412-450B-99CF-62D5D9231A16

店の前に2台分、裏手の貸駐車場に4台分停められるスペースが確保されています。
名古屋で南インド料理を食べようと思ったら、こちら「カルナータカー」さんと名駅にある「エリックサウス」さんくらいなので、そういった意味からも大変希少価値の高いお店であります。

本格的な南インド料理が味わえる店としてファンの多い店だけに、この日も続々と来店があり、予約の電話も多かった様子でした。

01A81248-41A5-4C62-8B22-D777066811AB

8D646968-2EBE-4C83-9963-5FD0D7C62B89

店内は木の温もりの感じられる空間で、現地インドの雑貨類で飾り付けられており、雰囲気満点ですね。

FDE6E41E-7F3E-49B6-84CF-4A6E20DBC4C9
こちらがランチタイムのメニューです。

C03C5D68-AD2F-40D9-9CE9-FB1CA214CA85

日替わりで作られているカレーメニューはカウンター上のメニューボードに記入されていますので参考にしてくださいね♪

せっかく足を運んだので、「南インド料理をとにかく堪能したい!」という気持ちから「Aセット」(¥1.200)をオーダーしました。

カレー3種類とつけあわせ&ドーサ&ライス&飲み物、というセット内容になっています。

012FA80B-2769-4A12-9D49-3DB31FC57702

カウンター席に座ると目の前にもインド雑貨の置物達、こういったインテリア一つとってもこだわりを感じるお店で、食事以外からもインドの文化や雰囲気が体感出来るのもプラスポイント♪

雰囲気を楽しんでいるとあっという間に提供のお時間です。

5125492C-373E-4999-8C90-AD7CCA0BE011

もう運ばれてきただけでワクワク感が高まる!
ワンプレートで提供されるカラフルな南インド料理!

食べ方を店員さんが親切に丁寧に指南してくれるのでありがたいです♪

この日のカレー3種類は、

・「サンバール」(豆と野菜)

・「かぼちゃのカレー」

9D8A13AE-340B-4D09-9607-119D497F03F7

・「チャナダール」(ひよこ豆ひきわり)

C5719797-9CC6-4F0F-9473-10C42097E84F

の3種類でした。

なんと、サンバールとサフランライスはおかわり自由というサービス、素晴らしい♪
パパドは砕いてカレーとライスと一緒にして食感のアクセントにして食べましょう♪
南インド地方のカレーは豆と野菜中心の素材を使用するので、とてもヘルシー!

使われている野菜はとにかく種類豊富で、ゴロっとカットされて豪快に入っているので食べ応えも素晴らしい。

辛さとしてはスパイスの角が丸く、優しい味わいの料理です。

サラサラとしているカレーは南インド地方の特色でもあります。

E3C44176-5055-4FE3-8DF3-46311FDF6E83
手前の「ドーサ」という、米と豆とスパイスで作られたクレープの中にはジャガイモや玉ねぎ、豆のスパイス炒めが包が包まれており、南インド料理を代表するメニューでもあります。

皮はふわふわもちもち、お好みでココナッツチャツネ、トマトチャツネ、ヨーグルトなどにつけながら食べると新感覚の味覚体験が出来ますよ〜。

88E14DB2-75EF-4345-B314-03E4D5C828A1
豆のアチャールにはオーナー様のご実家で採れた紫蘇が一緒に和えられており香りの変化球も繰り出されています。そんなオリジナルな発想力も豊かです。

CEB6D64C-CEBD-4EE4-AB89-0346EB8894C3
食後のチャイは甘くてホッとする味わい。

なんとチャイもおかわり自由で、減ってくるとオーナーさんが気遣っておかわりのお誘いをかけてくれます。

勇気を出して、本場南インド流に「手食」にチャレンジしてみよう!

02A94816-7668-443C-B3FA-85ED0E6AF19D

南インド料理は手食で食べる程美味しさが感じられる料理とも言われています。

様々な素材を混ぜ合わせながら食べる際は、チャレンジ精神のある方は是非「手食」で食べてみましょう。

食事のクオリティーもさることながら、南インドの文化発信にも積極的なお店なので様々なイベントも開催していらっしゃいます。

気になるイベントは事前にFacebook やホームページをチェックして、あらかじめ予約〜来店しても楽しめちゃうお店ですよ♪

スパイスの魔術的魅力に取り憑かれたい方は、是非足を運んでほしい名店!
辛味、酸味、甘味、スパイスの香り・・・人間の感覚中枢がとにかく刺激されるエネルギッシュな南インド料理の世界が広がっていますよ〜!

ナマステ!しのちゃんです!

一般的にカレー店というと、日本では北インドやネパール系のカレーを提供している店が多いのが現状です。

そして、実は最近、密かに人気に火が点きつつあるのが「南インド料理」。

東京の超有名・南インド料理店、京橋の「ダバ・インディア」さんではランチタイムに行列ができる程、熱視線が送られるグルメジャンルになっていますが、名古屋ではそもそも南インド料理専門店が少ない!

今回は、名古屋における希少な南インド料理専門店をレコメンド致します!

人間の感覚中枢フル回転で楽しむ超本格派・南インド料理!その魅力に取り憑かれること必至!「カルナータカー(Karnataka)」

【店舗情報】
店名:南インド家庭料理 カルナータカー
住所:愛知県名古屋市名東区豊ヶ丘1809
電話番号:090-1863-1135
営業時間:11:00~14:00 17:30~21:30(L.O.21:00)
定休日:月曜日・第1・3火曜日※イベント出張の場合はお休み
一人当たりの予算:¥1000〜¥3000

※記事内の情報は記事執筆時点のものです。正確な情報とは異なる可能性がございますので、最新の情報は直接店舗にお問い合わせください

ー この記事をシェアする ー
FacebookTwitterLinePocketHatenaGoogle+