ー この記事をシェアする ー
FacebookTwitterLinePocketHatenaGoogle+

①蕎麦|鈴音(すずね)


和食の代表「蕎麦」

趣ある空間の中で、こだわりの蕎麦とお酒が堪能できる「鈴音」さん。

6DB1EDC8-CD05-4CC1-A8DB-C30BB276ED4E

なんと美しい蕎麦…せいろの左側は十割蕎麦、右側は二八蕎麦、そしてそれぞれ産地は違うものを使うというこだわり!

日本酒の種類も豊富なので、お気に入りの銘柄を探してみても面白い!

 

「鈴音」さんの詳しいレコメンドはこちらから

 

 

②カフェ|喫茶ニューポピー


E6FC717A-2B09-4223-9B6C-09C666D2442D

名古屋といえば「喫茶店」

石畳の小径を上がっていった先にあるネオレトロ喫茶「喫茶ニューポピー」さん。

913F727C-662D-452B-B15E-B9D38D3A9418

試行錯誤を重ねて作られた、喫茶店には欠かせない「コーヒー」を使って炊き上げるライスを使った「ポピーのコーヒーライスカレー」は必食です!

他にもインスタ映えしそうなフードメニューやドリンクメニューもあり、散歩の小休止にもオススメの喫茶店です♪

 

「喫茶ニューポピー」さんの詳しいレコメンドはこちらから

 

 

③イタリアン|那古野サロン nuovo(ナゴノサロン ヌーヴォ)


IMG_2909-min

「蔵シック」な外観のこちらは「那古野サロンnuovo」さん。

以前は洋食店でしたが、業態変更により本格派イタリアンが楽しめる大人のダイニングサロンに生まれ変わりました。

IMG_2915-min

豊富に用意されているボトルワインを楽しみつつ、美味しいイタリアンをいただくという贅沢感♪

前菜、肉料理、魚料理、パスタ…目移りするような魅力的なメニューがずらりと揃っています!

 

「那古野サロンnuovo」さんの詳しいレコメンドはこちらから

 

 

④フレンチ|Restaurant Perouges(レストラン ペルージュ)


IMG_6659

四間道で味わう絶品の隠れ家フレンチ「Restaurant Pirogues(レストランペルージュ)」さん

IMG_6678

提供している料理に使われている食材は無農薬野菜など徹底的に厳選されたものを使っており、ワインは「自然派ワイン」に特化したものにこだわっていらっしゃいます。

珠玉のフレンチを楽しむならペルージュさん、オススメです!

 

「Restraunt Perouges」さんの詳しいレコメンドはこちらから

 

 

⑤串物|やきとり風月(ふうげつ)


風月_200229_0024

絶品の串物と地酒を楽しみたい方に是非オススメしたいのが「やきとり風月」さん。

風月_200229_0008

備長炭でじっくりと丁寧に火入れされるやきとりや串物を、様々な小料理が組み込まれたコースで楽しめるという、特別感いっぱいのスタイルが人気のお店。

お一人様限定コースもあるそうで、気軽に一人で美味しいやきとりを食べたい時に立ち寄れる計らいも粋!

 

「やきとり風月」さんの詳しいレコメンドはこちらから

 

 

⑥懐石|四季の蔵 右近(うこん)


E663B2FB-771B-4500-96EC-37C586457E85

築150年にも及ぶ蔵を改装して造られた大正ロマン溢れる空間で、懐石料理が堪能できるお店「四季の蔵 右近」さん。

28D95ECE-8BDA-4ED2-8CE6-3E7ED1357A40

素材本来の自然な美味しさを引き出し、洗練されたモダンさも併せ持つ懐石料理は見た目にも美しく、お腹だけでなく心も満たされることでしょう♪

懐石コース以外にも松花堂弁当やカツサンドなど、目移りしそうなメニューもたくさん!

 

「四季の蔵 右近」さんの詳しいレコメンドはこちらから

 

 

歴史の息づく四間道の街並の中で、至福のグルメを体験しましょう!

B7E08341-C9EA-4B71-B510-5B806BDEC776

四間道で自分好みの一軒を探してみる、そんな楽しみ方も出来るのがこのエリアを訪れる醍醐味。

歴史風情ある四間道の風を感じながら、ちょっと小径を入ってみれば、素敵なお店との出逢いが待っているかもしれませんよ♪

 

長い歴史を積み重ねてきたことで築かれる「伝統」、その時代の文化やトレンドを反映する「革新」、その「伝統」と「革新」が共鳴することで魅力輝く「名古屋」という素敵な街。

そんな「名古屋」を愛するナゴレコ大人編集部「DOTE」チームが
今注目のグルメスポット「四間道エリア特集」をお届けします!

四間道は、元禄13年(1700年)の大火により多くの建築物が消失してしまった反省を生かし、防災の一環として「四間(約7m)」という幅の広い道を作ったことからその名がつけられたと言われています。

近年、この「四間道エリア」は昔ながらの蔵や木造建築などの風情溢れる街並に溶け込むように、時代の移ろいを反映する様々なジャンルの飲食店がOPENしている、注目のグルメエリアなのです!

まとめ|伝統×革新〜名古屋グルメの粋が集う注目エリア「四間道エリア特集」

ー この記事をシェアする ー
FacebookTwitterLinePocketHatenaGoogle+