ー この記事をシェアする ー
FacebookTwitterLinePocketHatenaGoogle+

EFA6A336-5E5E-4E46-977C-B60CC14F8EFC

近年、この四間道エリアに話題の飲食店が続々とOPENしているのです。

8546D36C-168E-415A-B231-89AB4114A1D2

710E2C22-D68E-46AE-AA64-83FABCC08654

四間道にはこのような白と黒壁の蔵が軒を連ねているのですが、歩きながら小径(こみち)を覗き込んでみると「こんな場所にお店があるんだ!」という発見が待っていたりします。

CBE0A291-915E-4A5B-BBB9-5C4EDC4787A2

今回の目的地は、この石畳の小径を上がっていった先にあります。

B37A9E05-1443-4256-A919-838ED779CB29

鮨屋やスペイン料理店も軒を連ねる中に今回の目的地であるこちらのお店。

2B20CC7A-C191-48AC-AA5B-BEDD32684683

喫茶ニューポピー」さんがあります。

プレートから漂う雰囲気からして、なんだか魅力的じゃありませんか?

前身である「喫茶ポピー」は1977年にマスターのご両親が名駅3丁目にOPENしたそうです。

 

昭和の下町情緒に溢れた街の中で歴史を積み重ねてきた喫茶店でしたが、建物の老朽化によって2010年12月に一時閉店。

翌年2011年に「喫茶神戸館」として伏見で再出発。

その後、2019年1月にこの四間道で「喫茶ニューポピー」をOPENという歴史を歩んでいます。

ご両親が始めた元々の店名に「ニュー」を加えることで、受け継いできた歴史に時代の新しさを取り入れていく決意を込めていらっしゃいます。

E6FC717A-2B09-4223-9B6C-09C666D2442D

お店の入口にたどり着くと、看板と店名にもなっているポピーの花たちがさりげなくお出迎えしてくれます。

こういった細やかなところからも、そのこだわりや世界観を感じ取ることができる喫茶店なのです。

5F728921-1C90-4DCB-8A1E-D46F7B6EFD3C

期待感いっぱいで扉を開けて入店。

蔵をリノベーションして造られており、レトロでありながらも洗練されたモダンさも同居しています。

1階には焙煎機が置かれていたり、カウンター席もあるようです。

今回は2階席に案内していただきました。

04B896B2-78DD-4016-AF97-D41AC656537C

格子窓から差し込む陽の光が爽やかな2階席は、2名がけや4名がけテーブル席が設けられています。

一際目を惹くのがこちらのタワー状のロフト席。

赤いソファー席がなんとも純喫茶らしい。

木の温もりが感じられる居心地の良い空間、これぞ喫茶店の醍醐味です。

これはついつい長居してしまいそうだ…。

 

●ポピーのコーヒーライスカレー

913F727C-662D-452B-B15E-B9D38D3A9418

こちらは名物メニュー「ポピーのコーヒーライスカレー」です。

コーヒーライス!?なんだろう??と思って一口食べれば納得。

39A22488-58A1-4774-B3C6-CD2A3D3614E5

お米をカレーと相性の良いコーヒーを使って炊き上げているのです。

試行錯誤を繰り返してたどり着いた味わいなのだとか。

是非、始めにライスだけで一口食べてみていただきたい。

コーヒーの芳しい香りを纏う特徴的な味わいでありながら、不思議とカレーとの相性抜群な褐色ライスです。

E09EBF40-8C85-4A63-B28F-39B2A9426CBE

今回はカレーに生たまごのトッピングをしてみました。

卵黄とカレーとの幸福な出逢いの瞬間、たまりません…!

カレーもかなり力の入ったクオリティーで、スパイスから手間を掛けて作られています。

ピリッとした辛さの刺激がアクセントとして効いています。

卵黄がマイルドさをプラスしてくれて、旨味に深さが出ますね。

 

●大人のクリームソーダ

B8614B63-C35A-45B4-BD76-196DE0B25ACF

佇まいのレトロさやグラデーションが美しいこちらは「大人のクリームソーダ」。

色合いが綺麗で映えますね〜。

BD305F25-00C5-4752-AF22-D4DA410EE2FD

ローゼル、ジンジャーがソーダにブレンドされています。

なぜ「大人の」なのか?

こちらのクリームソーダは甘さ控えめ、なかなかにシャープな刺激感がネーミングに繋がっているようです。

 

●鉄板小倉トースト

A4A75CDF-31D6-4AEF-BB2B-A8F088872546

こちらも人気のメニュー「鉄板小倉トースト」です。

名古屋めしの「小倉トースト」を、熱々の鉄板に載せてご提案。

この演出からして、ニクいではありませんか!

 

分厚い黒胡麻トーストに自家製小倉あんが塗られ、バニラアイスクリームがセンターにON!

仕上げに別添えのコーヒーシロップをかけて食べると、熱された鉄板からジュ〜というなんとも美味しそうなハーモニーが響き出し、同時にコーヒーの良い香りが漂うという仕掛け。

96FB74D0-72F1-4B71-9D35-904EB068F958

トーストにブレンドされている黒胡麻の香ばしい香り、ナッツの小気味良い食感など、巧く構成されたメニューであると感じました。

コーヒーライスカレー、コーヒーシロップ…随所にコーヒーにフォーカスした仕掛けが施されている辺りに喫茶店としての誇りみたいなものが垣間見えて嬉しくなります。

 

●ニューポピーブレンド

1F47DF70-C773-4D6A-B221-A44E00BAB1CF

自慢のコーヒーもいただいちゃいましょう!

店名を掲げたコーヒー、「ニューポピーブレンド」です。

コーヒーカップにあしらわれた店名、佇まいがレトロな可愛らしさを含んでいて味があります。

フルーティーな酸味が特徴で、軽やかな飲み心地のホットコーヒーです。

A04A8410-746F-41D3-B203-734BA814DC3D

伝票の裏にはマスターのポエムが書かれています。

喫茶店を始めてくれた両親への想いを感じるポエム、コーヒーと一緒に味わうのも一興。

5EFC673E-F459-494B-8CEB-1FDA2B4A7FDB

この日のお店の入口には、ひな祭りが近いからか、桃の花と菜の花と一緒にお内裏様(おだいりさま)とおひな様が飾られていました。

CEC49330-2B38-4C97-9596-2A374C68E381

季節の移ろいをさりげなく感じてもらおうという粋な演出、とても心が和みます。

自宅用やギフトにも喜ばれる焙煎豆の販売も取り扱っています。

FBA8451A-5EAC-4D9E-B275-E51C59931E48

焙煎豆の販売も取り扱っており、シングル・オリジンからオリジナルブレンドまで様々なコーヒーとの出逢いも楽しめます。

四間道散歩の小休憩に、ちょっと小径を入って素敵な空間でくつろぎのひとときを過ごされてみてはいかがでしょうか?。

 

 

今、名古屋で最も熱い視線を注がれているグルメエリアといえる「四間道」。

名古屋市の街並保存地区にも指定されているこのエリア、歴史の息吹をそのまま残す蔵などの建物や家屋がなんとも風情豊かな叙情を湛えています。

今回はそんな四間道エリアで人気のネオレトロ純喫茶をレコメンドします。

歴史は受け継がれゆく。伝統に時代の新しさを重ね合わせる名古屋純喫茶「喫茶ニューポピー」

【店舗情報】
店名:喫茶ニューポピー
住所:愛知県名古屋市西区那古野1丁目36-52
電話番号:052-433-8188
営業時間:[月~木] 8:00~18:00 [金・土] 8:00~22:00
定休日:不定休
一人当たりの予算:¥1,000〜¥3,000

※記事内の情報は記事執筆時点のものです。正確な情報とは異なる可能性がございますので、最新の情報は直接店舗にお問い合わせください

ー この記事をシェアする ー
FacebookTwitterLinePocketHatenaGoogle+