伏見|注文後、皮から作り上げる餃子は納得の美味しさ!中国屋台の雰囲気も楽しめる中華居酒屋

伏見|注文後、皮から作り上げる餃子は納得の美味しさ!中国屋台の雰囲気も楽しめる中華居酒屋

中華料理の代表的なメニューであり、老若男女に愛される「餃子」。

最近では、"餃子バル"や"餃子専門店"などと掲げるお店も増えてきており、にわかに注目されているグルメでもありますよね。

そんな餃子を楽しめるお店が、新しくここ名古屋にオープンしました!

なんと、東京であのミシュランにも認められたお店の系列店とのこと…これは気になっちゃいます。

大注目の新店を詳しくご紹介しましょう!

東京に店を構える餃子専門店「餃子マニア」の系列店が名古屋へやってきた!「餃子ニュー伏見」

今回ご紹介するのは中区・錦の伏見駅近くにある「餃子ニュー伏見」さんです。

2020年11月にオープンしたのですが、オープン前から話題になっていたこちらのお店。
というのも、東京にてミシュランビブグルマンにも掲載された「餃子マニア」さんの系列店なんだそうです。

駅近でアクセスもしやすく、市営地下鉄鶴舞線、東山線の伏見駅1番出口から徒歩3分もあればお店に着くことができますよ。

お店は錦通沿いに面しており、かなり目立つので一目で分かります。

かなり異国感たっぷりの外観!黄色の看板に赤い提灯がド派手な店構えです。

この日は予約していきましたが、オープンしたてということもあり多くのお客さんで賑わっていました。店先で席が空くのを待っている方もちらほら…。

中国の屋台風♩ワイワイできる賑やかな店内

さっそく中へ入ってみると…。

中国の屋台がコンセプトということですが、カラフルな内装や屋台特有のごちゃごちゃとした感じが、かなり本場に近い雰囲気。

あらゆる所で中国語表記がなされているのもまた、本場感を助長しています。

ここが名古屋であることをうっかり忘れてしまいそう。

さて、メニューを見てみましょう。
まずはドリンクメニュー。

紹興酒や白酒など、中国のお酒もラインナップされていました。

続いてフードメニュー。

餃子専門店ということで、さまざまな餃子があるのはもちろんですが、他にも気になるメニューがいろいろとありました。

中にはひまわりの種なんていうメニューも。これにはちょっとびっくりしてしまいましたが、中国ではポピュラーなおつまみのようです。

グラスに書かれた中国語の意味は…?

まずはレモンサワーで乾杯します。

○生レモンサワー 430円

グラスにも中国語が。グラスごとに違う言葉が書かれていました。

ちなみに意訳すると、
右:男子は黙ってビールを飲んでろ!
左:ビールはお酒じゃない、水だ。-福沢諭吉-
という意味だそうです。
これは面白いですね!

 

○お通し 250円

お通しはザーサイでした。コリコリとした食感がやみつきになります。
これはお酒のあてにピッタリ!

 

○ポテトサラダ 370円

脚付きのかわいらしい器に盛られたポテトサラダ。
上にのっていた春巻きの皮のパリパリが食感のいいアクセント。
具材としてザーサイも入っていました。

 

○自家製チャーシュー 580円

このチャーシューの柔らかさにビックリ!!
もはやトロトロという表現が合っているかもしれません。
かなりの時間煮込まれているようで、とても美味しかったです。これは頼むべきメニュー!

何個でも食べられる!こだわりの名物・餃子

ここでお待ちかねの餃子の登場!

餃子ニュー伏見さんの餃子は、オーダーを受けた後、皮をのばすところから成形し焼き上げるのだそうです。

そのため、餃子は出来上がるまでにお時間をいただきます、と店員さんから事前に説明がありました。

正真正銘の出来立て、焼き立ての餃子!これは期待も高まりますよね。
席によっては餃子を作り上げている様子が見られるみたいですよ。

 

○野菜餃子【中】〈8個〉750円

ちょっと緑がかった方が野菜餃子はパリッパリの羽付き!
野菜餃子といえど、侮ることなかれ…中から肉汁が溢れ出します。

筆者はリアルに肉汁を目の前の友人に飛ばしてしまいました…。(笑)

 

○肉餃子【中】〈8個〉750円

肉餃子も食べ応え抜群。
もちもちの皮の中には、肉肉しい餡の旨味がたっぷり詰まっています。

肉餃子と野菜餃子はどちらも必ず頼んでいただきたい!

オススメはパクチー!数種類ある水餃子

水餃子も何種類か頼んでみました。

○シソ〈4個〉390円

つるんとした食感が焼き餃子とひと味違う水餃子。大葉の爽やかさとよく合う!

 

○海老〈4個〉420円

中にはぷりぷりの海老が!しょうがを添えていただきます。

 

○パクチー〈4個〉400円

パクチー好きはぜひ食べて欲しいメニュー。
パクチーの独特な風味と合わせダレ、そして水餃子のもちもちとした食感…これは病みつきになる味です。

あまりの美味しさに、後から追加でもう一皿頼みました!

なかなか出合うことのできない、珍しい中国料理も。

中国に馴染みのある友人が、見つけてすぐさま注文したのがこちらのメニュー。

 

○焼き冷麺 520円

冷麺を焼く!???
初めて聞く料理名で、どんなものか全く想像のつきません。

出てきたのはとん平焼きのようなビジュアルの料理。
シート状の冷麺が薄焼卵で包まれたものでした。味噌を彷彿とさせる甘辛いタレがかかっています。冷麺は想像以上にもちもち!

どうやら中国の屋台ではポピュラーな料理だそう。なかなか日本ではお目にかかれないメニューですよね。

 

○よだれ鶏 620円

店イチオシメニューのひとつである、よだれ鶏を頼んでみました。
柔らかい鶏肉はもも肉だそうです!
ピリ辛のタレとパクチーに食欲を刺激されます。お酒にも合う味でした。

 

○魯肉飯(ルーロー飯)580円

〆にシェアしていただきました。
甘辛く煮込まれたお肉と、その煮汁がお米に染み込んでとっても美味しかったです!

日本人でも食べやすい味付け。

 

○自家製杏仁豆腐 380円

中華のデザートといえば、杏仁豆腐。
しっかりとした濃厚な杏仁豆腐に、トッピングは甘い小豆煮でした。

気軽に海外気分を味わえるのも魅力のひとつ

今回はいろいろな中国屋台メニューを満喫できました。女子4人でお腹いっぱい飲み食いして、1人3,000円程度とリーズナブルなのも嬉しかったです。

まるで本場中国で食事をしているような気分。名古屋にいながらも気軽に異国の雰囲気を味わえるという、非日常感が新鮮ですよ。

名物の餃子は皮から作り上げるだけあって、間違いない美味しさ。一度食べてみる価値があると思います。

気になる方は足を運んでみてくださいね。

INFORMATION

店名:

餃子ニュー伏見

住所:

愛知県名古屋市中区錦2-16-16 金春ビル 1F

電話番号:

052-231-7578

営業時間:

17:00~23:00(餃子 L.O.22:10 全て L.O.23:30)

定休日:

なし

一人当たりの予算:

¥1,000〜¥3,000

※記事内の情報は記事執筆時点のものです。正確な情報とは異なる可能性がございますので、最新の情報は直接店舗にお問い合わせください。