ー この記事をシェアする ー
FacebookTwitterLinePocketHatenaGoogle+

IMG_7795  

Open15時〜
お酒を飲まない方は基本入店お断り。
それだけシェフの
拘りを感じるお店ですね♪

ジビエ料理は、まだあまり馴染みのない
方も多いと思います。

【ジビエ料理とは】
狩猟で得た天然の野生鳥獣の食肉を

意味します。日本では、秋頃〜冬に

かけてジビエのシーズンが始まります♪

IMG_7800

ジビエ料理はワインにも合い
グルメ好きにはたまらない料理。

絶品料理とワインのマリアージュが
存分に堪能できる。
そんなおみせです☆

ジビエ料理が大好きなわたしは
入る前から、わくわく♪

IMG_7798

席はカウンター席のみ。

昼下がりから絶品の料理とwineが
頂けるのは嬉しいですね。

IMG_7799

メニューは黒板に書いてあります。

THE ジビエ料理ですね♪他店には見かけない

お肉のバリエーションでわくわくっ♡♡

IMG_7801

ジビエ料理とゆうことで、赤をいただきます。

最初なので、軽めでお願いしました♪

IMG_7802

赤ワインですが、さっぱりとして
以外軽い口当たり♪飲みやすいです。

IMG_7803

ビストロといえば、、、
必ず頼むのが【パテ】

こちらのパテは肉肉しい。
う〜〜ん。。
赤ワインを欲しますね♪
噛めば噛むほど旨味が溢れ出てくる。

満足できる一品。

続いては【キッシュ】

IMG_7807

キッシュがだいすきでついつい頼んでしまいます。

フィリングには、たっぷりのベーコンさくさくのパイとチーズが
食欲をより掻き立てます。

IMG_7811

続いても赤ワインの軽めで
違うものを頂きました。
どの料理とも合うので進みますね。

IMG_7814

こちらは【鹿肉のソーセージ】
レンズ豆が添えてあります。
THE ビストロ♪レンズ豆だいすき*

IMG_7815

カットしてみると、、、

ひゃ〜〜みてくださいっ!
この肉肉しい感じ👏

臭みもまったくない。お肉が
ぎっしり詰まっていて食べ応えも
抜群で、堪りません。

IMG_7820

【白レバームース】

ビストロだと外せないのがレバームース。

こちらは赤ではなく白と共に、、

IMG_7816

香りがよくさっぱりと飲みやすい♪

つづいては、、、

メイン【キジのパイ包焼き】

IMG_7822
ここの料理はメインを含めどれも
そそるものがありますが、、、
ジビエの中でもキジは個人的に
あまり馴染みもなく
頂いたことがないので、、
こちらをオーダー

IMG_7826

こちらも、ぎっしり詰まっています。
臭みは全くなく意外と淡白、、、

噛めば噛むほど旨味を感じ
ソースとの相性も抜群。

IMG_7823IMG_7824

ロゼもいただきました♩

ラベルも可愛いです。

お酒がすすみます♪

【デザート】タルト・タタン

IMG_7827

お腹いっぱいでも頂いちゃう

のがやっぱりデザート♪

 

まとめ。

全体的にボリュームが多く満足できる品々

シェフの拘り抜いたジビエ料理をメインとした

絶品料理とワインを堪能できるこちらのお店は
知る人ぞ知る穴場ですね♪

ジビエ料理はあまり馴染みのない方も
多いと思いますが 一度食べたら
病みつきになります。

そんなお店へぜひ訪れてみては
如何でしょうか?

新栄の一角に佇むこちらのお店は
【ラ・カボット】さん

ジビエ料理とワインを頂けます。

マニアック絶品ジビエ料理とワインを頂く「ラ・カボット」

【店舗情報】
店名:ラ・カボット
住所:愛知県名古屋市中区新栄2-20-6
電話番号:052-265-7822
営業時間:[火~土]15:00~24:00(L.O.23:00) [日]15:00~21:00(L.O.20:00)
定休日:月曜日
Web:
一人当たりの予算:¥6000〜¥9000

※記事内の情報は記事執筆時点のものです。正確な情報とは異なる可能性がございますので、最新の情報は直接店舗にお問い合わせください

ー この記事をシェアする ー
FacebookTwitterLinePocketHatenaGoogle+