ー この記事をシェアする ー
FacebookTwitterLinePocketHatenaGoogle+

四川火鍋_181103_0069

栄駅から徒歩5分ほどのところにある雑居ビルの4階にある四川火鍋楼さん。

正直言うとこのビルは入っても大丈夫なのだろうか?と思えてきますが、エレベーターが開くと…

四川火鍋_181103_0064

扉の先はいきなり店内。
そしてどことなく広がる中華感。店内のど真ん中にある紹興酒ゆえ…?

店内は外から見たビルの雰囲気とは違い、シンプルなかんじです。

四川火鍋_181103_0057

オフィスが周りに多いこともあり、店内は仕事上がりの会社員や、中国の方々で賑わっていました。

四川火鍋楼さんは中国の方が営んでいるお店ということもあり、当たり前のように中国語が飛び交っています。

つまり、ここは中国の方も認める本場の味ということ!!!

 

さっそくお目当ての火鍋を注文すべく、用紙に記載!四川火鍋_181103_0005

火鍋以外にも一品料理もありますが、お鍋をいただく場合は注文用紙に記載していきます。

お目当てはもちろん、四川&海鮮スープです。

火鍋を1つ注文!そしてお鍋に入れたい食材をどんどん選びます!

ちなみに何を選んでいいかわからない!!!という人は火鍋セット(量は3~4人前で8,000円)があるのでそれを頼んでもいいかもしれません。

 

火鍋 四川&海鮮スープ四川火鍋_181103_0009

来ました、二色の火鍋!海鮮には海老、蟹、アサリが最初から入っています。美味しそう!

そして赤い。お隣が赤いです!浮いている唐辛子だけでも、6個!

 

ぐつぐつしてきたら赤い方は地獄絵図さながら。

※写真はこのあと紹介する食材が既に結構入ってます

四川火鍋_181103_0041

この湯気で目がちょっと痛い気が・・・きっと気のせい、ですよね・・・?

四川スープの表面はラー油?とにかくまず表面に一層浮いています。

海鮮スープは魚介出汁がしっかり出ていて優しいお味!

 

今回メインは四川スープで、パンチ力のある辛味と香辛料の旨味でとっても美味しいのですが、正直熱いのか辛いのかがわからない状態になります。(笑)

 

タレはごま油(手前左)、辛口だれ(手前右)、日本のポン酢(奥)。

四川火鍋_181103_0008

ごま油はとってもオススメとのこと。

ポン酢は日本と中国のものがあるのですが、中国のは濃いから日本の方が良いそうです。

せっかくの海鮮スープなので、ポン酢の味だけになるのは困る!ということで日本のポン酢にしました!

 

豚バラスライス(手前)と羊肉スライス(奥)。

四川火鍋_181103_0026

盛り付けが華やかですね。ちょっぴり凍っているので、この形が成り立っていたみたいです。

さっそく羊を四川スープでしゃぶしゃぶ。ウマ辛!

四川火鍋_181103_0047

しゃぶしゃぶなので、程よい辛さです!ちなみにごま油を付けて食べると、辛さがとってもマイルドになります!

 

魚えびだんご

四川火鍋_181103_0020

すり身がしずく型!真っ白で綺麗だけど、四川スープに投入!

赤くなりました。そして切り開いてみました。

四川火鍋_181103_0046

中に海老?の餡が入っていました。これ美味しい。でも開くときにかなり苦戦しました。

かまぼこみたいな外側がプルプルで切れない。でもかぶり付くには熱すぎます。くれぐれも火傷にはご注意を!

 

たまご餃子

四川火鍋_181103_0021

薄焼き卵で豚肉を包んでいるものだそうです!

これもしっかり煮込むと美味しいよ、と言われたので、赤い方へ投入!そしてやっぱり赤くなりました!でも卵なので、思ったほど辛くなかったです。

 

たけのこ水煮

四川火鍋_181103_0036

思ったよりも長くて大きかった・・・これはしっかり煮込むと美味しいです!

食べるときは早い段階で入れて後半に食べて下さい。四川、海鮮、どちらもオススメです!

 

厚揚げ豆腐

四川火鍋_181103_0043

これももちろん赤い方がオススメ。

更に辛口だれを使うと肉ミソ的なかんじになって美味しいと思います。時間をかけると結構辛くなります!

 

ただ、ここまで色々食べて気付いたことが・・・辛口だれが甘く感じる・・・か、辛口・・・・・・?

厚揚げに味が浸みている頃には味覚が狂い始めるようです。正常なら多少の辛みがあったはずですが、甘いと感じるようになれます!(いいか悪いかは別として)

 

太いはるさめ

四川火鍋_181103_0018

なかなかに太い!まるできしめん。〆の麺として食べてもいいかもしれませんね。

ただし、煮過ぎると千切れます。入れたら早めに食べて下さい。

 

キクラゲ

四川火鍋_181103_0017

これは半分ずつくらいでそれぞれのスープに入れました。

味は染みにくいかもしれませんが、煮すぎると食感がなくなるので、適度なところで食べていただくといいかもしれません。

 

そして残りのお野菜(白菜、春菊、空芯菜、しいたけ、大根)は割愛します。(笑)

ちなみにお店の方曰く、葉っぱものは赤い方に入れてはいけないらしいです・・・

注意を受ける前に入れてしまった可哀想な白菜がこちら。

四川火鍋_181103_0044

いっぱいまとわりついてるのはおそらく唐辛子の種とその他の香辛料。

底を掬うと・・・

四川火鍋_181103_0052

あら、大量の刻み唐辛子。辛いわけですね!

他にもクコの実やナツメなど、漢方薬膳の素材もたっぷり入っているようで、かなり体が温まります!

辛いですが、美味しいのは間違いないです!でも葉ものを四川スープへ入れるときはちょっと注意が必要かもしれません。

今回、お邪魔させていただいたメンバーは全員辛いもの好きだったのですが、全員この可哀想な白菜や春菊で咽せました。(笑)

 

最後まで美味しくいただいて大満足していたところへお店の方が「この杏仁豆腐美味しいよ」と言って持ってきてくれました!

四川火鍋_181103_0054

ママの手作り杏仁豆腐だそうです!

知っている杏仁豆腐とちょっと違う…美味しい!!寒天とはちょっと違って、トロトロ系のプリンとかでありそうな触感。辛くなった口の中がマイルドに。

これぞ本場!二色の火鍋で旨味、辛味を堪能!

四川で刺激を、海鮮で優しさを味わってみて下さい!

一品ものも美味しいのですが、やっぱり火鍋は本場の方にも愛されている四川火鍋楼さんを一度食べていただきたいです。この辛さは病み付きになると思います!

忘れたころにやってくる激辛ブーム。

人が食べても大丈夫なのか?と思える真っ赤なものをテレビ番組で見ることも……そこまで極端なものが食べたいとは思わないけど、時々無性に刺激的な「辛さ」を求めることってありませんか?

今回は、程よく辛いものを食べたくなる欲求を満たせるお店をご紹介!

大通り沿いの雑居ビルにある、本格四川火鍋の「四川火鍋楼(シセンヒナベロウ)」

【店舗情報】
店名:四川火鍋楼 (シセンヒナベロウ)
住所:愛知県名古屋市中区栄4-5-5 セントラル栄ビル 4F
電話番号:052-263-4888
営業時間:17:30~27:30
定休日:無休
一人当たりの予算:¥3,000~¥6.000

※記事内の情報は記事執筆時点のものです。正確な情報とは異なる可能性がございますので、最新の情報は直接店舗にお問い合わせください

ー この記事をシェアする ー
FacebookTwitterLinePocketHatenaGoogle+