ー この記事をシェアする ー
FacebookTwitterLinePocketHatenaGoogle+

今宵の酒場はどこにしようか。

ふらふらと向かったのは名古屋随一の繁華街である栄エリア。

わずかな範囲に様々な酒場が密集するその楽園は地下鉄栄駅、矢場町駅と双方の駅から徒歩5分ほど。

5B2B4D4E-97A4-48A1-B8D1-3B4097D37FFA

EF0AB5B9-16CC-464C-AC78-3FA0E7FC56E2

路上の一角に見えてくるのは懐かしさを感じさせる赤提灯。それを目印にビルの1階を進むと見えるのが今回訪れた「日向バンカラ」さんです!

ビルの暗闇の中でともる赤提灯がより一層雰囲気を引き立てます。

お店の雰囲気にもよるかもしれませんが、酒場って中には一人で入りにくいという方もいるかもしれません。でも大丈夫、入れば都ですから!

52D2F023-823C-47D2-A5E8-1966FD4898A3

その期待を裏切らないこの店内の雰囲気を見よ…!と言わんばかりの懐かしさを感じる空間は、まるでドラマのセットのようです。エモい…。

CD7E84BB-C858-4F74-A0E7-31EAD9AE0554

そしてこちらのウリがこの焼酎の数々!店内の壁面にずらっと置かれた焼酎は300種類近くあるそう!

個人的には一人で飲む時にお酒のボトルを眺めながら「あのお酒初めて見た」とか「次はあれを飲んでみようかな」と物思いにふけながら飲むのが好きなんですが、伝わるでしょうか?

テーブル席、カウンター席があり、私はこのボトルたちが背後に並ぶカウンターに着きました。

写真にはありませんが、 カウンター席の前には大皿に乗ったおばんざいがいつも鎮座しています。カウンター席に並ぶおばんざいを見ると何かわくわくしますし、これも一人呑みの特権だと思います!

72610E78-3980-4691-8403-770BC84D8795

少しメニューにも触れておこうと思います。

酒場の定番ドリンクがラインナップ。個人的にビールに黒生があるのが嬉しいです!

F371D4BC-DF82-4BB2-8AE1-0D57675AED57

別冊で用意されているドリンクメニューはほぼ焼酎で埋めつくされています。焼酎好きの方は歓喜ですね…!

E4899005-2107-4AFC-8E6E-D0F6895CCE89

そしてフードメニュー。こちらは九州地方の料理を主に置きつつ、それをつまみに呑める酒場。メニューからもそれを感じることができます。

DCC417E5-C269-41CA-B596-9600C691C4D0

さて、今日は何から飲もうか。
思慮をめぐらせながら、やっぱり1杯目なビールだなと生ビールを注文。キンキンに冷えたジョッキにビール。この1杯を待っていたのだ…。

では、乾杯。

6508A5F1-EBDB-4F37-9434-C9165595CAB6

「今日もビールが旨い…!」

B6CC5C00-08B0-4480-A6A3-FBADD202A48F

しばらくするとビールと共に注文した「からし蓮根」がやってきました。

九州の酒のつまみのど定番。シャキシャキ食感の蓮根、その穴に入ったからしは優しい辛味。それが鼻から抜けていきます。

これはビールが進む…!

88C0C017-CF71-469F-B6B9-8A4EB9DE2BA6

お次にやってきたのは「自家製さつま揚げ」。

フワフワのさつま揚げを生姜醤油につけて頬張る。それをビールで流し込む。

たまらない。

69A1C359-4796-45AB-8ED9-D34C0A417F4D
ビールが空いたので黒生との「ハーフ&ハーフ」で喉をうるおす。黒生の濃厚さが相まって飲み応えを感じます。

お酒も進み、つまみも無くなってきた。お酒の力は不思議なもので、社交性を少し高めてくれる。私は注文をとカウンター越しに店員さんに声をかけた。

「おすすめの料理はなんですか?」

これができるのも酒場の醍醐味ですよね。

E185A4DC-C29D-4025-A2F4-489C09864C71

教えていただいたおすすめから2つお願いしました。

まずやってきたのは「宮崎炭火焼日向鶏(みやざきすみびやきひゅうがどり)」

カウンターから豪快に炭火で焼かれる工程が見えており、高まっていました。タレと柚子胡椒でいただきます。

ぷりっぷりの食感は歯応えがあり、その都度鶏肉の旨味を感じます!そして炭火で焼かれた香ばしさも広がり…「これは酒だわ」とぐいぐいビールが進みました。

F1D9D7F9-96AA-4B69-9894-38154F0D9544

このおすすめに何を合わせようかと少しだけ悩んだのですが、選択肢はやはり焼酎でした。

私は芋焼酎を飲むことが多く、その中から「魔王」を選択。

プレミア芋焼酎としても有名ですが、そこはさすがの品揃え。しかも1杯500円と価格も良心的!炭火焼との相性は言わずもがなです。

4A3689E9-479A-495D-B4C3-59CD0527C18D
最後にいただいたのは「チキン南蛮」です。ちなみに私はお酒が入ると通常以上に食欲が解放されるタイプなので、よく食べます。こちらは一人でも注文しやすいように、チキン南蛮串としても注文ができるんです。

一人でチビチビ飲むアテにも最適ですね。

甘酸っぱいタレとタルタルソースは安定のクオリティ。何より魅力を感じたのはチキンの食感!衣がフワフワで鶏肉も柔らかい…!おすすめの期待を上回るおいしさで、おとずれた際は必ず頼んでほしい逸品ですね!

このチキン南蛮に芋焼酎を合わせる… 至福の時間です…!

九州名物を味わえる上に使い勝手も◎ 

本格的な九州の料理とお酒をこれだけの豊富に味わえる酒場はそうないと思います!
 
今回のような一人呑みから宴会までシーンを問わず利用できそう。どんな場面でも心地いい酔いを演出してくれるでしょう!
 
 
酒場という非日常でほろ酔いに。あなたも一人呑み、始めてみませんか?
 
 

なんだか無性にお酒が飲みたくなるとき、きっと誰にでもありますよね。

私は宴会などお酒の席の雰囲気がすごく好きです!

乾杯から始まる楽しい時間…でもお酒の種類や飲み方は十人十色。それを知ってほしいから…。

「一人呑みのススメ」

お酒を愛してやまない私、にしむーが一人呑みの魅力を発信していきます!
記念すべき第1回目はご当地グルメを味わえる酒場をご紹介します!

豊富過ぎる焼酎と九州料理が魅力の大衆酒場!「日向バンカラ」

【店舗情報】
店名:日向バンカラ
住所:愛知県名古屋市中区栄3-12-32 レジャーセンタービル 1F
電話番号:052-243-8408
営業時間:17:00~翌3:00(L.O.2:15)
定休日:日曜日
Web:
一人当たりの予算:¥1,000〜¥3,000

※記事内の情報は記事執筆時点のものです。正確な情報とは異なる可能性がございますので、最新の情報は直接店舗にお問い合わせください

ー この記事をシェアする ー
FacebookTwitterLinePocketHatenaGoogle+