ー この記事をシェアする ー
FacebookTwitterLinePocketHatenaGoogle+

 

1.マジックスパイス


名古屋のサブカルが盛んなエリア、大須にあるスープカレー専門店です。

IMG_4475-min-min-min-640x480

外観からして独特な空気感が漂います。

「医食同源」をモットーに、食べることにより体や心がより元気に健やかになることを目指すお店でいらっしゃいますが、辛いものファンが多く集う理由がこちら。

IMG_4483-min-640x480

こちらの謎のワードは辛さのレベルを表しています。ネーミングからして異次元。

さらに、メニューには記載のない、知る人ぞ知る裏メニュー「アクエリアス」なるものがあるんだとか。

それがこちら。

IMG_4495-min-640x480

ライターは写真中央に見えるドリンクを持ち込み、辛さと戦う気満々だったようですが、その辛さを下記のように表現しています。

 

開始3分、症状1:汗がナイアガラの滝のように流れ始め、止まらない。

開始5分、症状2:なぜだか涙が溢れ、視界を遮る。手先が痺れはじめる。

開始8分、症状3:何を食べているのか分からなくなってくる。(店員さんが心配し始めました)

開始12分、症状4:頭痛、意識が朦朧とし天井の一点を見つめ始める。

 

果たして彼の戦いはどのようなものだったのか、ぜひこちらの記事をご覧ください。

 

→マジックスパイスさんの詳しいレコメンドはこちら

 

2.中国四川料理 錦水苑 (チュウゴクシセンリョウリ キンスイエン)


辛い食べ物と言えば、思い浮かべる方も多い四川料理。

こちらは尼ケ坂駅近くの本格四川料理店です。

E0C86ABC-2A3D-4869-8A36-D37187BDEA9D

豊富なメニュー数があり、よだれ鶏や麻婆豆腐をはじめさまざまなメニューを味わうことができます。

B9003312-5545-493E-9D1A-C143F2FC0281-500x500

中でもオススメなのが、あまりの辛さに口の中が痺れ、汗が止まらなくなる(?)四川坦々麺です。

これは中心部にないながら、話題になるのも納得の圧倒的な辛さ&旨さ。

9AE340DC-AC22-4D08-8475-F6C075EE6F05-500x500

それほどまでに辛くても、スープの香りと美味しさが病みつきになるから不思議ですね。

ランチでもディナーでも、本格四川料理を楽しむことができますよ。

 

→中国四川料理 錦水苑さんの詳しいレコメンドはこちら

 

3.隆麺 (リュウメン)


隆麺さんは久屋大通駅近くの中華バルです。

IMG_4532-640x480

日本で中華料理といえば主に広東料理が主流と言われていますが、隆麺さんでは中国大陸料理を広く味わうことができます。

大陸バルの名前は伊達ではありませんね。

IMG_4542-640x480

店内はオープンキッチンになっており、開放感が抜群。

古民家を改装したという店内は落ち着きがあって、デートにもぴったりな空間です。

IMG_4558-640x480

こちらの辛そうな食べ物、その名も「しびれる四川麻婆豆腐」。

名前からしてとにかく辛そうで、実際にパンチのある辛さですが、味わうごとに後から甘さも感じることができる、不思議で上品な辛さです。

 

→隆麺さんの詳しいレコメンドはこちら

 

4.十夢(トム)


イタリアンとラーメンを融合させた、荒畑駅近くのラーメン店です。

F49F77DB-BC2F-4850-BA73-50773EE56349-640x480

トマトまぜメンやフロマージュラーメンなど、ネーミング通りイタリアンとラーメンが融合したメニューが人気のラーメン店。

こちらが一番人気のトマトまぜメンです。

B19336D9-33B8-448A-9570-1121CDFFB379-640x480

トマトの酸味と、タレのコクとのバランスが良く、もっちり太麺に絡んで美味しいと評判の1杯です。

そんなイタリアンなラーメン店にて食べられるメニューがこちらです。

36CCA923-1ED0-427F-A864-F449B63B400D-640x480

ペペロンラーメンです。

その名の通りペペロンチーノのラーメンですが、辛さを3段階から選ぶことができます。

1辛→ピリ辛

2辛→普通の辛さ(辛いのダメな人は厳しい)

3辛→激辛

3辛に至っては、前述のマジックスパイスさんのアクエリアスを完食した人でも食べられなかった、という噂もあるとかないとか・・・。

 

→十夢さんの詳しいレコメンドはこちら

 

5.四川火鍋楼(シセンヒナベロウ)


こちらは栄駅近くの火鍋専門店です。

四川火鍋_181103_0069

四川火鍋楼さんは中国の方が営んでいるお店ということもあり、店内には当たり前のように中国語が飛び交っています。

漂う本場感。

 

火鍋×四川というワードから既に危険を感じますが、見た目は美味しそうな「四川&海鮮スープ」。

お肉やお野菜などの食材を火鍋にどんどん入れていくスタイルです。

四川火鍋_181103_0009-640x480-1

四川火鍋_181103_0041-640x480

たくさん入った唐辛子の辛さに加えて、鍋の熱さも相まって相当な辛さを感じます。(笑)

さらに、スープには唐辛子の他にもクコの実やナツメなど、漢方薬膳の素材もたっぷり入っているようで、かなり体が温まります。

病みつきになる辛さ、味わってみてください!

 

→四川火鍋楼さんの詳しいレコメンドはこちら

 

6.ロカンタアイハン


伏見から歩いて10分ほど、ひっそり裏路地にお店はあります。

6F82F945-19ED-4587-9062-9E36DE3D85BF-800x600

店内ではケバブが焼かれています。

ケバブ・・?

そうです、ロカンタアイハンさんでは名古屋では珍しい、世界三大料理のトルコ料理を味わうことができます。

そんなトルコ料理店での辛い食べ物はこちら!

FC9F5616-D4EA-46DF-9D3B-F3604323E824

その名も「大王のお気に入り」。、なんとも可愛らしい名前ですね!(笑)

たっぷりのナスのペーストに、これまたたっぷりのラム肉のトマトあんかけ。

 

そして辛い食べ物の後、〆のデザートまでしっかりトルコ料理を味わうことができますよ。

0C937F5C-8C05-4420-AF1F-6B6723E57E39

→ロカンタアイハンさんの詳しいレコメンドはこちら

 

7.天幸


塩釜口駅から徒歩10分程度に位置する、中華料理店です。

2629F4B5-173A-41B2-B1B0-4398BC74140E-640x480

店内は地元の方らしいお客さんで賑わっていて、カウンター上には紹興酒のボトルが並んでおり、いかにも中国料理店といった雰囲気。

CB9F1318-4536-4EA0-9945-D4BD96B371E9-640x480

中華の鉄板料理はほぼあるのでは、というくらいにメニューが豊富です。

その中から、今回の特集にふさわしい激辛メニューというと・・・

CD7039F9-A08C-482C-9CA7-373CC299ECD9-640x480

地獄ラーメン(激辛)」です。

これは・・・名前、そして見た目から完全にヤバいと思わせてくれますね。(笑)

誤って気管に入ってしまうと重傷を負うほどに辛いですが、ただ辛いだけではない!

中太縮れ麺が辛味スープや玉子にニラ、そしてモヤシなどの具材にバッチリ絡み、スープにもしっかりと旨味があって美味しく頂けます。

4C030263-A517-4B07-805C-5257ABF14256-640x480

ここまで食べることができれば、きっと誰も文句を言うことはないでしょう!(笑)

 

→天幸さんの詳しいレコメンドはこちら

 

どれもただ辛いだけではなく、確かな美味しさが共存!

名古屋の激辛グルメ好きの好奇心を刺激するまとめになったかと思います。(笑)

ぜひ、辛い食べ物がお好きな方同士で挑戦してみてくださいね!

 

好きな人はとことん好きな、激辛グルメ。

例えあまりに辛くて涙することがあっても、その先の「美味い!」を求めて、探求してみたくなるものですよね。

暑い季節も、寒い季節も食べたくなる!名古屋の激辛グルメファンは必見の特集をお届けします。

泣くほど辛い、けど旨い!名古屋の激辛グルメ特集

ー この記事をシェアする ー
FacebookTwitterLinePocketHatenaGoogle+