ー この記事をシェアする ー
FacebookTwitterLinePocketHatenaGoogle+

ナマステ!しのちゃんです。

日本一元気な商店街、大須商店街。

老若男女、幅広い年代層の人々が週末には訪れる場所。

ここに、新たな名古屋グルメの一大ムーブメントを起こそうとしている店があります。

 

スポンサーリンク


台湾まぜそば発祥の超有名店、麺屋はなびがプロデュースする新感覚カレー!「元祖・台湾カレー」

大須

元祖台湾カレー 大須店 外観

名古屋グルメとして確固たる地位を築いている「台湾まぜそば」の発祥である麺屋はなびがプロデュースしています。

店名、「元祖・台湾カレー」。

どストレートなネーミング(笑)

元祖台湾カレー 大須店 店内

店内はカウンター席のみ、10席ほどのコンパクトな造り。

入口を入って左側にある券売機で食券を購入して、店員に渡して着席します。

カレーは4種類(元祖台湾カレー、カラアゲカレー、九条ネギカレー、チキンカツカレー)。

初めての訪問なのでとりあえずベーシックに攻めます。「元祖台湾カレー」にしました。
唐揚げやチキンカツなどはトッピングで追加も可能なようですね。

元祖台湾カレー 大須店 店内

芸能人もロケの収録で色々な方が訪れているようで、私が座った席は「高田純次さんと千原せいじさんが座った席です」というポップが貼られていました。

ちなみに、両隣は・・・

はるな愛

泉ピン子

キャラクター強めなお二人に挟まれながら、カレーが来るのを待ちます(笑)

割と空いている時間帯だったので、すぐにやってきました。

元祖台湾カレー

こちらは麺屋はなびの台湾まぜそば。

麺屋はなびの台湾まぜそば

見た目は完全に台湾まぜそばにインスパイアされています。

中央にライスがこんもりと盛りつけられ、カレーがかかっています。

ライスの上には、ピリ辛肉ミンチが乗せられ、その頂きには卵黄が鮮やかなオレンジ色を放ちながら着座。

サイドにはネギとニンニクが添えられています。

食べ方のマニュアル

カウンター上には「元祖台湾カレーの楽しみ方」という食べ方のマニュアルが置かれていたので、その通りに頂いてみることに。

カウンター上

カウンター上には、味変化が出来るようにカレースパイス、一味、昆布酢、ソース、特製キムチが置かれています。好みで調整に使いましょう。

追い飯
こちらはステップ5まで来たところ。

かき混ぜたら、台湾まぜそばで言う「追い飯」状態。カレーリゾットのような感じです。

結構、肉ミンチのピリ辛が効いているので、じんわり汗ばむ辛さです。

ニンニクも少量とはいえ、強めのアクセントが加わります。

名古屋グルメとして存在感を確立出来るか、今後の展開に期待したい一品!

超有名店が直接プロデュースということで、宣伝効果は抜群でしょう。

大須商店街にある店舗は3号店で、1号店は犬山、2号店は千種駅前にあります。
これからのどんなムーブメントが起きてカレーファンの心をつかんでいくのか、期待したいですね!

 

【店舗情報】
店名:元祖台湾カレー 大須店
住所:愛知県名古屋市中区大須3-20-14
電話番号:052-251-2203
営業時間:[火~金] 11:30~15:00 17:00~19:30 [土・日] 11:30~20:00
定休日:月曜
一人当たりの予算:〜¥1000

※記事内の情報は記事執筆時点のものです。正確な情報とは異なる可能性がございますので、最新の情報は直接店舗にお問い合わせください。

 

スポンサーリンク


ー この記事をシェアする ー
FacebookTwitterLinePocketHatenaGoogle+