ー この記事をシェアする ー
FacebookTwitterLinePocketHatenaGoogle+

名古屋といえば手羽先や名古屋コーチンと、鶏料理が有名で、県外に広く知られた名店も多く存在しています。
そんな鶏料理激戦区名古屋で「炭火焼き鳥きんぼし 新栄店」に今回はお邪魔してきました。

「炭火焼き鳥きんぼし」さんは、名古屋駅、伏見、今池、新栄と5店舗の他、鶏懐石料理を提供する「焼き鳥懐石 青海波」を運営する、まさに鶏料理一筋。

また、ワインに合う創作串焼きも有名で、女性客だけでの来店も珍しくありません。

 

スポンサーリンク


激選区名古屋で職人魂が伝わる焼き鳥の名店「炭火焼き鳥きんぼし」

炭火焼き鳥きんぼし 看板

 

地下鉄新栄駅から西へ徒歩5分もかからない、飲食店が立ち並ぶ路地の左側にお店を構えており、エントランスには気品が漂っています。

 

きんぼし のれん

 

赤い暖簾をくぐり、扉を開けると割烹着姿のスタッフさんが丁寧に席まで案内してくれました。

 

炭火焼き鳥きんぼし 店内
※写真 食べログより引用

 

店内はこぎれいで、エントランス同様に品がありました。

カウンターでいただいたのですが、目の前で炭火を使用して串を焼いている姿に胸が躍ります。

 

きんぼし焼き

 

店名を冠した「きんぼし焼き」

牛ハラミ肉を使用し、適度な脂の乗り具合としっかりとした肉の食感があります。味噌生姜のたれがハラミの旨みをコーティングしているよう。

 

手前がねぎまの塩、奥はせせりの塩

 

手前がねぎまの塩、奥はせせりの塩

ねぎまで使用している正肉は外がパリッとしていて香ばしく焼き上げてあるのに対し、鶏肉のみずみずしさが損なわれていないのは焼きのプロフェッショナルの仕事が現れている証拠ですね。バツグンでした。

せせりも歯ごたえがあり、噛めば適度に肉汁が舌上に広がります。

 

コーチンの抱き身

 

コーチンの抱き身。

名古屋コーチンの胸肉を使用していて、他の鶏肉にはない名古屋コーチン独特の旨みがしっかり。

胸肉でありながらパサつきはなく、塩加減と焼き加減に一口目から唸りました。

 

子羊の香草焼き

 

子羊の香草焼き。
これが一番僕の中で印象に残っています。

臭みのないラムですが、ほのかに羊乳の香りが立ち、それを消さない程度の香草が後から追って来る。串焼きの奥深さを知りました。肉肉しくも非常に上品で、ワインにもバッチリ合います。

 

ほたての舌平目巻き

 

ほたての舌平目巻き。

ほたてのじわっと出てくる甘いエキスとバジルの塩気、舌平目のぎゅっと詰まった白身魚特有の甘みが相性が良く、こちらもワインと合わせるのを目的とした一品。

 

れんこんの揚げしんじょう

 

れんこんの揚げしんじょう。

れんこんは擦り下ろされ、エビと鶏肉の風味がしっかり詰まったふわふわの食感を楽しめます。

 

生麩照り焼き

 

生麩照り焼き

よもぎを練りこんだ生麩を甘醤油で炙り焼きしたものです。

モチモチの食感があり、ほのかに甘い中に照り焼きの香ばしさ。デザートに注文するのもアリですね。

 

創作意欲と職人の魂、そして店舗演出がひかる

目の前の料理だけでなく、焼き上がりを1本1本細かくチェックしている焼き場スタッフの姿、熱々で提供される料理、清潔で落ち着いた店内にも目を配ると、お店すべてがひとつのエンターテイメントのような仕上がりであることがわかります。

記憶に残る名店です。

 

【店舗情報】
店名:きんぼし 新栄店
住所:愛知県名古屋市中区新栄1-6-6 神田ビル1F
電話番号:052-251-1203
営業時間:17:30~23:00(L.O.22:30)
定休日:月曜
一人当たりの予算:¥1000〜¥3000

※記事内の情報は記事執筆時点のものです。正確な情報とは異なる可能性がございますので、最新の情報は直接店舗にお問い合わせください。

 

スポンサーリンク


ー この記事をシェアする ー
FacebookTwitterLinePocketHatenaGoogle+