ー この記事をシェアする ー
FacebookTwitterLinePocketHatenaGoogle+

ある日、お散歩の途中で見つけた抜けるような青空みたいな綺麗なブルーのお店。

近寄って見ると窓にはボン吉…⁈と書いてありました。

BC784651-4C34-48BB-8EEB-2BBFFCEE5927

フランスの旗が掲げてありましたので、調べてみると去年の春にオープンしたビストロ。

フレンチが大好きですからさっそく訪問してきました。

今日レコメンドするのは東区代官町のフレンチビストロ「ボン吉」さんです。

18474A6F-0BD7-4F39-88C4-726562D8DB11

場所は地下鉄桜通線「車道」で下車。徒歩5分。お車の方は近隣のコインパーキングにお願いします。

青い外観で、すぐ分かりますね。

AFB85EAF-184F-4A46-ABD9-D7854735D6DB

さて、私はランチとディナーのメニューを1種類ずついただきました。

秀逸なシェフの作る一皿一皿をレコメンドします。

23E6270D-EA53-4796-B7C9-B6D9F93EE5F7

ディナーメニューは、お任せで6,500円7,500円(税別)です。今日いただくのは後者。

コースでなくてもアラカルトでもOK。メニューはこんな感じです。

2E653B84-B517-4EAB-BF5D-DCBE77B94E2B

580842EF-952C-475C-B65E-697D99B448A6

6F5B262D-FE57-48C0-B698-078BEA0B9039

お酒を飲まない私が選んだアペリティフ代わりのドリンクはシャーリーテンプル(550円税別)

ザクロとジンジャエールのドリンクでほどよい甘さと赤い色が美味しい。

BCBE4C91-541C-478D-BEDF-3E55672B9589 

コースはこちらからスタートです。

・塩鱈とキャベツのシュークルートのキッシュ紅はるかのポタージュ。

A2DC658C-80D4-4648-AFCB-CDC4A6304614

シュークルートとは、フランス・アルザス地方の家庭料理でスパイスをたっぷり入れてキャベツを自然発酵させたものです。

ザワークラウトのような感覚です。軽い食感でキッシュもフワッと。

ポタージュも軽めです。アミューズ的な役割でしょうか。

 

オードブルその1

・知多の人参のムース

・コンソメのジュレとウニ、ミルクキャビア

4A03683D-2BF6-44E0-9107-FB7CB8EF2D51

人参のムースの滑らかなこと。お口の中でとろけていきます。人参の甘味がなんとも美味しい。

そして、新鮮なウニとミルクキャビアです。

ミルクキャビアとは、チョウザメのお腹を割いて取り出したものではなく、なんとマッサージして産ませたものなんですって!

だからなのか、卵膜が柔らかいです。

 

オードブルその2

・ホタテのクネルと自家製レムラードソースと蟹身。フルーツ仕立て

97CBA27F-E2D4-4C4D-8A03-FD8E8E5DE5B6

クネルとは、リヨンの郷土料理でお魚やお肉などすりつぶして作ったもの。はんぺんみたいな感じで、このお料理ではホタテで作っていらっしゃいます。

レムラードソースは、マヨネーズベースにハーブやレモンを入れて爽やかな味にしたソース。お皿に赤いイチゴやキウイ、洋梨が映えますし、爽やかな美味しさ。

 見た目も鮮やかな一皿です。

 

続いてサーヴいただいたのは、

・フォアグラを鴨胸肉で包んだ肉まん。シェリービネガーソース

62C6C235-2668-4DD4-8ED7-41E0EF60CF15

意表を突いたお料理ですよね。

思わずクスッと笑いましたが、いただいてみるとフンワリした皮に包んだフォアグラと鴨。そして、シェリービネガーソースを付けていただくとはじめての美味しさでした。

 

ポワソン

・ノドグロと白子のムニエル

・伊勢海老のビスク

40710CEE-0B13-4289-BD0C-25A6EBC15257

これが一番好きです。ノドグロは柔らかいですし、白子のムニエルは初めてでしたが外側はカリっと、中はトローっと。なんと言ってもノドグロが美味しいです。

今までいただいたノドグロと食感が違うものでした。

 

・フランス産ポルチーニ(セップ茸)と黒トリュフのリゾット

E839B6DC-012A-42CD-9516-112DB42B9612

こんな贅沢なリゾットありますか?黒トリュフもポルチーニも大好物ですから、存分に芳香を楽しみながらいただきます。

 

ヴィアンド

・フランス ビュルゴー家のシャラン鴨のロースト

ブルゴーニュのフランボワーズで香りを付けたリキュールソースで

56405EAD-33F6-42E0-9514-1329FB5A481C

フランスのビュルゴー家とは、シャラン鴨の繁殖においてフランス料理界の至宝と言われるそう。確かに「こんなに柔らかくて美味しい鴨、食べたこと無いカモ!!」と思うほど、しっとりした身。

これは、美味しかった!

 

同行のご友人のオーダーは、

・牛頰肉の赤ワイン煮込み

 873F29BA-3C88-4B2E-988F-1BECA5E4CE06 

ホロホロと崩れるまで煮込んだ牛頰肉がとろける一皿だそうです。

 

デセール

・ホワイトチョコのムースとドライフルーツ赤ワイン煮のコンポート

7BB24E0B-127D-44C2-A5F6-28A3946F527A

ドライフルーツのコンポートが意外な美味しさでした。チョコのムースもふんわり優しい口溶け。オーガニックミントティーといただきます。

6C5BC509-2919-42A4-A20D-8C67993778E2

ミニャルディーズ

マンゴーのギモーブとココナッツのクッキー

・柚子とレモンのケーキ

01E954BA-0F07-4105-9C9E-CFD3CDCE7BA9 

充実した素晴らしい内容ですね。この内容でこのお値段は破格だと思います。

前回、ランチをいただいた時の写真もいくつかご覧ください。

 

・サワラの瞬間スモークとキャロットラペ

76CAC5DB-A1A7-41FD-887C-EF0BC5344EF3

・蝦夷鹿 亀の子(部位)のローストと鹿肉ソーセージ。ポルト酒ソース

B29E86F4-8E39-4325-B520-38E38C0F9C6F

この内容にオードブルの盛合わせが付いて3,000円(税別)はブラボーですよ。(笑)

F044D8A5-5626-4B47-9C42-A64265F3D7B4

ちゃんと、ドリンクとデセールも付きます。この日は、

・サツマイモのムース ほうじ茶とお豆のラテ メレンゲ添え

54A6B854-C9AB-47C0-A329-B3AB70B7EA95

ローストしたカリカリのクルミがアクセントで美味しかった〜。

良心価格で質の良いフレンチを存分に味わえる。

このお値段でこれだけの内容。確かな目利きと一流の腕をお持ちの若き吉岡シェフ。Respectします。

なぜボン吉なのかと伺うとボンジュールとシェフのお名前の吉岡氏の合体だそうです。

313C51C7-A3DE-4EFF-A135-D2FD93A856A7

お店の名前からも親しみの持てるアットホームなお店。

最近の私のイチオシのお店です。ぜひ訪問してみてください。

B30361D9-0853-4CB7-82F6-63B2793314BC

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

「フレンチ」と聞くと、どことなく高級で、かつ敷居が高いイメージがありますよね。

今回は確かな腕と質の良い素材を使用しながらも

見た目も価格も親しみやすいアットホームなフレンチビストロをご紹介します。

アットホームで可愛いお店の本格フレンチが良心的で美味しい!フレンチ「ボン吉」

【店舗情報】
店名:フランス料理 ボン吉
住所:愛知県名古屋市東区代官町27-12 北條ビルD号
電話番号:052-937-0039
営業時間:12:00~13:30(L.O.) 18:00~22:00(L.O.)
定休日:水曜日、その他休み有り
一人当たりの予算:¥6,000〜¥9,000

※記事内の情報は記事執筆時点のものです。正確な情報とは異なる可能性がございますので、最新の情報は直接店舗にお問い合わせください

ー この記事をシェアする ー
FacebookTwitterLinePocketHatenaGoogle+