chanmariです☺︎

今回はたくさんあるフレンチのお店から、少し珍しい割烹フレンチをご紹介します♡

 

スポンサーリンク


和食のアレンジで新しいフレンチの世界観が楽しめる「一穀一枝(いちごいちえ)」

一穀一枝(いちごいちえ)
(引用 https://s.tabelog.com/aichi/A2301/A230104/23055319/dtlphotolst/P59057248/)

 

ブルーの扉が素敵なお店はマンションの1Fにあります。

コースは5500円と8500円の2種類。

今回は8500円のコースを頂きました!

 

ペリエ

 

シャンパン気分のペリエで乾杯!

飲めなくてさーせん。

 

アミューズ

 

まずはアミューズ。

卵のカラの中には北海道産のウニとトリュフ、そして卵黄が入っていてオーブンで少し焼いてあります。

スプーンでまぜまぜしながら食べると、クリーミーなウニと卵黄にトリュフの香りがマッチ!

アミューズから贅沢だと胸が高鳴りますね♡

 

前菜

 

前菜。

トラフグとキャビア/帆立と根山葵

黒鮑/オマールと柿

ふぐ白子とウルイ/ふぐフロマージュテット

なまこ

可愛らしい前菜は7種類も!

どれも味付けは素材の味を楽しめるように最低限にしてあるんだとか。

魚介類の元々のミネラルが素材の味を引き立てます。

 

温かい前菜の真牡蠣と春菊

 

温かい前菜の真牡蠣と春菊。

プリップリの牡蠣は生でももちろん食べられるほど新鮮!

でも今日は焼きでいただきます。

上にたっぷりかかっているのは黒トリュフ♡

 

ズワイガニと黄ニラのスープ

 

スープはズワイガニと黄ニラのスープ。

まるで和食のような出汁の効いたあんに、ズワイガニがたっぷり。

黄ニラは初めて食べましたが、色鮮やかでいいですね(^ ^)

お皿もゴールドで美しい♡

 

釣り金目鯛のグリル

 

お魚料理は釣り金目鯛のグリル。

手前のソースがオマールエビの殻を煮詰めたもので、エビのエキスが超濃縮!

たまらないです♡

金目鯛も柔らかくてふっくらでおいしい。

 

エゾシカ

 

メインのお肉はエゾシカと、プラス2000円で仔牛か選べました。

欲張りなお友達とわたしは2種類を頼んだら、わざわざ1皿に盛り付けてくださいました!

ありがとうございます♡

エゾシカは臭みがなくて柔らかなんですが、それ以上にやっぱり仔牛はもっと柔らか。

程よくレアで赤ワインのソースとよく合います。

 

パエリア

 

お料理最後はまさかのパエリア!

季節によってメインの具材を変えるそう。

この日は明石タコだったのですが、プリップリ。

深めの鉄鍋で作られたパエリアはふっくらしてて、おこげはカリカリで。

フレンチなのにボリューミーなシメに大満足!

 

シューフォンダン

 

デザートはシューフォンダン。

添えてあるローズマリーのアイスは優しい味わい。

別腹にはうれしい大きめなシューにはクリームがたっぷり♡

お値段以上にとってもコスパのいいお料理に大満足!

ごちそうさまでした☺︎

 

閑静な住宅街でゆったりランチも。

ランチは2部制で2700円と3980円の2種類。

街中と違い白壁付近の閑静な住宅街の中にあるこのお店は、繁華街の喧騒から離れてゆっくりランチするのにピッタリ。

ぜひご予約して行ってみてくださいねー!

 

【店舗情報】
店名:一穀一枝 (いちごいちえ)
住所:愛知県名古屋市東区主税町4-13 リヴェール桜 1F
電話番号:052-325-4710
営業時間:【ランチ】
ランチタイムのみゆったりとお楽しみいただけるよう、2時間制させて頂いております。
1部:11:00~
2部:13:00~
【ディナー】
18:30~22:00(L.O.20:30)

定休日:月曜日
Web:公式サイト
一人当たりの予算:¥6000〜¥9000

※記事内の情報は記事執筆時点のものです。正確な情報とは異なる可能性がございますので、最新の情報は直接店舗にお問い合わせください。

 

スポンサーリンク


ー この記事をシェアする ー