ー この記事をシェアする ー
FacebookTwitterLinePocketHatenaGoogle+

2120F93C-7C62-4456-88CF-9C7DB6B8FA6D

名古屋駅と国際センター駅の間といった場所でしょうかー。
おしゃれ飲食店が入っているビルの2階にお店があります。
階段を上って右側が入口です。

今回ここに行きたいと思った動機は、おしゃれ空間で焼き鳥を食べたいと思ったから。
カウンターじゃなくても雰囲気がいいお店を探したらこちらへたどり着きました。

店内へ入ると、照明のライティングがダウン気味で、ムーディーな雰囲気。
壁もコンクリートの打ちっぱなしだし、お洒落空間です。
お客様もお洒落な雰囲気が漂っている方で満席でした。(思い込みかもしれませんのであしからず。)

「良い!好き!タイプ!」と心の中で叫びながらお席へ案内していただきました。

お店はカウンターとテーブル席があるのでいろんなシチュエーションで利用出来そうです。

焼き鳥屋って古いイメージをお持ちの方が多いかもしれませんが、
こちらのお店は先ほどお伝えした店内の雰囲気のように文字だけでもお洒落さを感じとっていただけるかと思います。

え?
伝わらない?

であれば、これでどうでしょう。

こちらのお店にはテラス席があるんです!
焼き鳥屋にテラス席ですよ!

テラス=お洒落 
この方程式は私だけですか?笑

最近温かくなってきたのでテラス席で焼き鳥を味わってみたいものです。
さて、それではお店の紹介はこれくらいにして早速注文したネタの紹介といきましょうか。

 

~串もの編~

・原木しいたけ
すごい肉厚でしいたけのうまみがぎゅっと詰まっています。
原木しいたけだけあって味と香りが噛み締める度にジュワ―と口の中に広がります。

B69A7E48-5486-49EA-85AD-F747661448A8

・砂肝
好きなんですよね。
コリコリした歯ごたえが堪りません。

6BDC8A05-EBCE-404A-92F1-12A76450DDD2

・ちょうちん
数量限定と記載があったのでつい。
ぷちっと濃厚な卵黄と脂の甘みを感じることができます。
歯ごたえのある味わいが一度食べると病みつきになりますね。
お店によって卵黄が半熟だったりしっかり火入れしてあったり違うのも楽しみの一つです。

DAB7AE33-2D8D-49E9-809F-A8D376517863

・つくね
卵黄を絡めていただきます。
つくねってお店によって全然違う味わいなんだけど、
ここのは味かしっかりついていて、軟骨のコリコリ触感がいいですね。

3BED3BE7-5032-467B-9683-6A37F1BCAE91

・レバー
ここの火入れは私の好みでした。
火入れしすぎると固くなるし、火入れが足りないとレア感強いし、この丁度いい触感が忘れられません。
白レバーもメニューにあったのですが、今回品切れでいただけなかったので次回リベンジです。

F1B80FA3-BB42-4493-A4BB-A184BE5F6EA0

・ぼんじり
脂肪分が多い部位なので味わいはすごくジューシーです。
口の中ですぐ溶けてしまう感じも堪りません。
もちもちした食感と脂の甘みを感じれます。

 

F5CC158E-8269-4CDA-B898-2AC4C778AD39

・せせり

ジューシーさOK。食感OK。塩加減OK。
葱と一緒にいただくと口の中で甘みが広がってとてもおいしいです。

FB91E39C-C9F7-4F07-A5B0-01EB97DEC8A7

・皮

パリッパリでお酒のお供にいいですよね。
何本でもペロリといけちゃいます。

 

5096EF5D-9AA9-441D-BB36-1006E5739CD5

・あかひも

個人的にマイブームな部位です。ああ、おいしかった。
ここののこりと聞いて分かった方もいらっしゃるかもしれません。

心臓の付け根の部分で味も歯ごたえもしっかり楽しめる部位でもあり、脂ものっているためおいしいです。
ハツと一緒で一羽に1つしかないため希少部位なのです。
お店によってはすぐなくなってしまうと思うので注文は早めがよさそうですね!

54C51631-CFCF-4F64-A66B-A3DCBA75F7D8

~アラカルト・1品料理編~

・京都 ほし山キムチ

 

913EFC59-8106-4041-8C0D-A4BD15804978

・ざる豆腐 塩とオリーブオイル

19C8472B-EA54-4FBF-9837-7E553C2C4E5E

・だしまき玉子

7D1431B4-7BE6-4409-A52A-85FE427D193B

・北海道真タラ 白子ゆずあん

01617AF0-B253-45B0-A591-902B14C5D489

今回は王道な串ネタばかりいただきましたが、こちらのお店はジビエなどの変わりネタを出しているのも面白い!!

鹿、猪はもちろん兎なんかもいただけますよ!
チャレンジャーな方はぜひ炉端焼きネタを!

E7E23EA7-5400-45DD-9E3D-2F1F9AB3B360

焼き鳥大好きOLのYUKIです。

おいしいものを求め日々徘徊している私なのですが、
この度、ナゴレコさんで記事を書かせていただくことになりましたー。
嬉しい!

初の記事だからか
緊張というか、ワクワク…ソワソワ…といった感じですが、
これから私なりの感性で情報を発信していきますので皆様お付き合いください。


では、早速!


一番初めにご紹介させていただきたいのが、
【焼き鳥 ポロ助】さんです。   

オシャレに焼き鳥を食べるならココ!「焼き鳥 ポロ助」

【店舗情報】
店名:焼き鳥 ポロ助
住所:愛知県名古屋市中村区名駅3-11-14 D&Mビル 2F
電話番号:052-589-3390
営業時間:火~土、祝前日: 17:00~翌3:00 (料理L.O. 翌2:30) 日、祝日: 17:00~翌0:00 (料理L.O. 23:30)
定休日:月曜日
一人当たりの予算:¥3000〜¥6000

※記事内の情報は記事執筆時点のものです。正確な情報とは異なる可能性がございますので、最新の情報は直接店舗にお問い合わせください

ー この記事をシェアする ー
FacebookTwitterLinePocketHatenaGoogle+