ー この記事をシェアする ー
FacebookTwitterLinePocketHatenaGoogle+

外観はこちら。

FFBCFF88-E877-455F-8DEA-E652F258764F

伝統の味を保ちながらも、タワーズという場所柄、スタイリッシュなデザインのお店です。 

お花も飾られており、甘味処というか、高級な和カフェという風情は女性が好きそうな雰囲気。

なんと隈研吾さんが設計を手掛けられているらしく、流石両口屋是清、老舗和菓子屋さんだけあると拘りを感じました。

80EF4883-D896-42C3-B37E-92DE03C8254C

席はテーブルが4卓、カウンターが4席あり、すぐ満席になりそうではありますが、カウンター席では一人でもゆっくり落ち着けそうです。 

メニューはこちら。

1E621AB2-16A8-40F6-8804-A35BEB7DA1CE

和の美味しさに沢山出会えそうな、間違いなく美味しそうなパフェ。

見た目にも美しいです。

14D0F973-83D8-4C3C-A966-DF3CBCF8B0A5

かき氷も丸くて可愛らしいフォルムに惹かれます。

この濃い抹茶色も間違いなく美味しそうです。

紀州南高梅を使ったかき氷は残念ながら完売していました。

266C2028-F404-401B-88D8-A703653B5568

一番摘み抹茶だけを使ったという西尾抹茶のかき氷に決めました。

ミルクをトッピング。

トッピングは他に、白玉、粒あん、アイスクリームがあります。

A8D84D47-4189-48C9-A7BC-00D2BB5447A0

ミルクをかけるとこんな感じです。

西尾抹茶の濃い味わいは、ミルクをかけてもそれほど甘くなく、抹茶の風味を感じながら頂けます。

3D2B109F-3B04-46EC-8892-AE8AD29C790C

そして、食べ進めると粒あんと寒天が顔を出します。

流石両口屋是清、と思わされる粒あんと寒天の美味しさ。

食べ応えがあります。

盛り沢山ですが、上品さを感じる美味しさが老舗のセンスを感じます。

C6516494-90F3-45D7-943A-E8F5E7EE6DA5

花の茶屋さんでは軽いお食事も出来るので、あらゆるシーンで活躍する甘味処

21時まで営業しており、無休なのも助かります。

飲食代により、JRセントラルタワーズ駐車場の駐車券サービスもして頂けます。

名古屋駅直結と、アクセスも良く、使い勝手も良いのですが、一旦お店に入ると上品な雰囲気に浸れて落ち着ける、女性受け間違いない和カフェ、花の茶屋。

名古屋駅でカフェをお探しの際は、花の茶屋に行ってみてくださいね。

名古屋には老舗和菓子屋さんが沢山ありますが、こちらもそんな老舗和菓子屋、両口屋是清さんの甘味処「花の茶屋」さん。

両口屋是清さんは、なんと寛永11年の創業、尾張藩の御用菓子を勤めるなど、380年の歴史があり、名古屋の人々にも親しまれていますね。

名古屋駅直結JRセントラルタワーズ13階にあり、アクセスは抜群です。

名古屋駅直結のJRセントラルタワーズの和カフェで頂く、創業380年の老舗和菓子屋さんの盛り沢山かき氷「花の茶屋」

【店舗情報】
店名:花の茶屋
住所:愛知県名古屋市中村区名駅1-1-4 JRセントラルタワーズ 13F
電話番号:052-551-3113
営業時間:11:00~21:00
定休日:
一人当たりの予算:~¥1,000

※記事内の情報は記事執筆時点のものです。正確な情報とは異なる可能性がございますので、最新の情報は直接店舗にお問い合わせください

ー この記事をシェアする ー
FacebookTwitterLinePocketHatenaGoogle+