ー この記事をシェアする ー
FacebookTwitterLinePocketHatenaGoogle+

 

458D283F-1060-4E41-9B7F-DB4170EBCEE0

 

渋谷、原宿、仙台、北海道に展開する超オシャレカフェ。
元々は、名古屋八事の山手通りにあった、本格ラテアートを淹れるカフェとして知る人ぞ知る存在でした。

その当時では珍しいフレイバーカフェでしたが、お店が閉店。その後、東京で展開された後、名古屋に再上陸したという逆上陸カフェです。

 

場所は、矢場町と上前津の中間のエリア。

地下鉄「矢場町駅」④出口から南へ徒歩5分。
鶴舞線「上前津駅」①番出口より北へ徒歩4分。
専用駐車場が店舗左側に2台分あるので車移動の方には利便性の高いお店です!

 

 

白を基調とした、シンプルかつハイセンスな店内。

38EAB5EC-2DB1-459A-9B7B-E09B19062B7A

ダウンライトに浮かび上がるテーブルなど、モダンなインテリアが印象的です。

FF2639DA-8DF1-4131-BD00-E9F5F5641D9A

コーヒーの香りを邪魔しない落ち着きのあるしつらえですね。

 

こちらがメニュー。

F1936A4E-EFF6-4A76-A4C3-17CF1C134CD0

コーヒーだけでなくティーエスプレッソも人気のメニューです。

 

3DE173F4-E10F-48B8-8770-CF31FE24699D

特別な瞬間を味わえる一杯ばかり。

 

2EF472BD-7B23-4775-9819-0F19CF20220F

紅茶のメニューも揃っていて…

 

804D44A2-B2BB-4ED7-8A08-1377388F1918

スイーツもとっても気になりますね♪

 

E012C799-C1E8-4C88-A75D-BED42A67A5FF

アルコールを含んだメニューもあり…

 

451DA9AA-D3A9-4A50-8699-3BC94B5F8ACE

味も期待できるメニュー構成となっています。

 

 

 

こちらは、ランチのメニュー。

120A5FD8-CB96-4974-8DA0-0F758A4238F5

限定メニューもありましたが終了してしまっていたので、ランチSetメニューを一品ずつオーダーしてみました。

 

 

温かなレア仕立てのサーモン香草パン粉焼き、ラタトゥイユ添え☆1,250円

DD38B9DE-6E25-4746-95CE-A02C3508EB79

サクサクの柔らかノルウェー産サーモンとラタトゥイユと一緒にいただくと最高のお味!タルタルソースで味を変えながら楽むことができます♪

D3A515AF-1DFA-48F6-9C57-E803DBF6BC61

サーモンのサクサク感とラタトゥイユのしっとり感の対比、わかりますか〜(。◡̈。)♡?

完成度が高く一皿としてのバランスのよい一品です。

 

 

丸かぶと大根のスープと自家製パンが付きます。

B959F306-EAEC-4337-925D-4BEB4F66B22D

温かみのあるスープでほっこり!

パンはずっしりと重みを感じる完成度の高い自家製!

旨し!

 

 

 

バケットサンドのフレンチスタイル☆1,250円

DFBD37F4-0EF6-421F-91B8-D49A23E43789

キメの細かい柔らかめのバゲットは食べやすく、ラタトゥイユとの相性も良い。

D39B896C-A2DF-4501-8810-B6B5D951DFA9

具材、たっぶり〜♪

+300円でデザートを付けることもできます。

 

ドリンクは、ランチブレンドかティーを選ぶスタイル(もしくは他のドリンクを200円引きでセットすることもできます)。

 

今回は、本日のランチコーヒー「コロンビア」をチョイス。

B09EC565-D731-4960-973C-264F796DC078

 

専門知識を熟知するバリスタ抽出のコロンビアは、程よい酸味とやわらかな苦みとコクを感じるバランスのよいコーヒーでした。

 

 

実は、美味しいのはコーヒーだけではないのです!!

 

「紅茶であって、紅茶でない」革新的な発想から生まれたティーエスプレッソも一押しのメニュー。

ということで、ティーエスプレッソ・アフォガード☆650円をオーダー。

F806ECA9-E2A0-4DD7-AF9F-B98869C37C96

 

自家製アイスクリームにティーエスプレッソをかけて楽しむデザートです。

04AA9463-BC43-435D-B7E1-00820C6DE8A7

エスプレッソだけあって、とても濃厚な紅茶。

 

D728B4E3-351C-4FEC-9F41-F5D717BEE32E

 

ティーエスプレッソの濃密な苦味が、まろやかなコクへと変化を遂げるさまを舌で楽しむことができます。

 

3AC05E82-5E2E-4997-9C5E-79FA49187707

見てください!おしぼりに含ませたティーエスプレッソ!!濃度がすごい!

これこそが、9気圧をかけて抽出するここでしか味わうことのできないティーエスプレッソなのです♡

こだわりのエスプレッソマシンを自在に操るバリスタの技が見どころ

シンプルな空間にひときわ映えるマシン。

 53E67B02-BEBE-433B-8EEE-8137C6C630FD 

この3台は、ダブルトールオリジナルのクロームメッキの次世代カウンタートップ・エスプレッソマシーン!

F7186713-ECA1-427A-90E2-9D6CB602E909

圧縮されたコーヒーの粉。

 

ダブルトールカフェで提供されるコーヒー豆は、品質はもちろんのこと独自のこだわりと卓越した焙煎技術を持つ焙煎士歴20年以上のプロの焙煎士により生み出されるもので、他では味わう事の出来ない本物のコーヒー豆。

25FF1A7C-0C00-4683-8702-03DFC68071A0

 

ダウンライトが照らす柔らかな光が演出するゆったりとした雰囲気と落ち着いた時間…

上質なインテリアを揃えたハイセンスなカフェで、こだわりの焙煎と抽出法で淹れたプロの味わいを身近で愉しむことができるのは嬉しいですね(*・・*)ウン♪

本来バリスタとは、イタリア語でいう「bar(バール)」で給仕する人のことをいうようですが、こだわりのエスプレッソマシンを使いこなし上質な接客が求められる職業。

気温や湿度などでコーヒー豆の品質の変化を見極め、味を調整しながら最高の一杯を提供するプロフェッショナルのこと。

本物の味と香りを追求し続けることを惜しまない「double tall cafe nagoya(ダブルトールカフェ名古屋)」

【店舗情報】
店名:double tall cafe nagoya(ダブルトールカフェ)
住所:愛知県名古屋市中区大須4-2-21
電話番号:052-253-8237
営業時間:平日 11:30〜24:00 日・祝 11:30〜22:00
定休日:不定休
一人当たりの予算:¥1000〜¥3000

※記事内の情報は記事執筆時点のものです。正確な情報とは異なる可能性がございますので、最新の情報は直接店舗にお問い合わせください

ー この記事をシェアする ー
FacebookTwitterLinePocketHatenaGoogle+