植田|衝撃の蕎麦×イタリアン!?蕎麦の常識を覆す、独創的な「蕎麦パスタ」とは?

植田|衝撃の蕎麦×イタリアン!?蕎麦の常識を覆す、独創的な「蕎麦パスタ」とは?

蕎麦といえば、蕎麦粉を用いて作られる日本の代表的な麺のひとつですね。

名古屋は特別に蕎麦が有名な地域ではないですが、魅力的な蕎麦店が多くあるのも事実です。

今回ご紹介するのは、滋賀に本店を構える石挽そば店。
こちらのお店では蕎麦という概念を覆す、イノベーティブな創作蕎麦がいただけるらしいとの噂。

気になるお店をさっそくチェックしていきましょう♩

ここでしか食べられない!?蕎麦の新スタイル「守貞(もりさだ)」

今回ご紹介するお店があるのは、天白区・植田。

名鉄交通ビルの1階にお店を構える「守貞」さんです。

最寄り駅は市営地下鉄・鶴舞線 植田駅。3番出口から歩いて5分もかからず、駅近なのも嬉しいポイント。

車の場合はお店専用の駐車場があるのに加え、ビルの地下にも有料駐車場があるので安心。

入口はビルの中、外の2箇所あります。どちらから入っても大丈夫◎

ビルの中の入口はこんな感じ。

ちなみにビルの外の入口はこちらです。

雰囲気のいいお蕎麦屋さん

店内はレトロで落ち着いた雰囲気。和モダンという言葉がぴったりな感じでしょうか。

テーブル席はもちろん、半個室のような席も。お蕎麦ということもあり、お客さんの年齢層は若干高めな印象でした。

今回はランチをいただきます♩

ランチメニューはこちら。(一部)

気になる蕎麦の食べ比べなんていうメニューも。

蕎麦以外にも丼や一品ものもありました。

注文を終えると、写真左上のお通しである大豆のマリネのようなもの運ばれてきました。

ちなみに湯呑みに入っているのはあったかい蕎麦茶。なんだかほっこりします。

さて、お待ちかねのお蕎麦。
まずは、名物である蕎麦パスタのセットからご紹介しましょう。

新感覚の創作蕎麦”蕎麦パスタ”

○蕎麦パスタランチ

蕎麦パスタは、
・ジェノベーゼ
・ゴマだれ蕎麦パスタ
・蕎麦ボロネーゼ
・たらこクリーム蕎麦パスタ
の4種類。ボロネーゼ以外は温/冷を選べます。

それぞれ単品の値段に+200円で蕎麦味噌バケット・スープ・コーヒーをランチセットとして付けることができます。

まずはスープ。この日はミネストローネでした。


具材もたっぷり♩赤いスープにカラフルな野菜が鮮やかですね。

次に蕎麦味噌バケット。こちらは2切れついてきました。

カリッと焼き上げられていますが、ひと口食べると意外にもふんわりとした食感。

蕎麦味噌がかなり香ばしい!味噌とバゲットって相性がいいんですね。これは新発見でした。

そしてこちらが、お待ちかねの蕎麦パスタ。

今回は、温かいジェノベーゼのをチョイス。蕎麦は平打ち麺が使用されています。

かなり濃い目の味付けのジェノベーゼソース。

蕎麦はパスタとは違い柔らかな麺なので、食べたことのない不思議な感じがしました。

ジェノベーゼのようなオイル系の味付けと蕎麦って合うんですね、これはかなり意外。
和洋折衷とはこのことでしょうか。

ジェノベーゼは冷製でも美味しそうだな〜と思いました。次回は冷製でいただきたい!

食後にいただいたセットのコーヒーは器も素敵。チョコレートも付いてきました。

守貞さんでは、もちろんスタンダードなお蕎麦もいただくこともできます。

丼物も付いたボリューム満点のランチセット

丼物+蕎麦のランチメニューからこちらをオーダー。

○赤車海老揚げ丼+蕎麦(せいろ) ¥1,280

しらす丼や近江牛丼など、色々な丼物があって迷いましたが、赤車海老揚げ丼をチョイス。

蕎麦は、せいろ・ころ・かけの3種類から選べます。今回はせいろにしました。

かなり細麺の蕎麦。今まで食べた蕎麦の中で一番細い!

ちょっと濃いめのつゆに付けて、ツルッツルッ♩箸が止まりません。

蕎麦の風味がふわっと香る、美味しいお蕎麦です。こだわりの蕎麦はとてもデリケートなものだそうで、早めに食べ切るのが美味しく食べるコツだそうですよ。

赤車海老揚げ丼の天ぷらは、衣や車海老の”サクサク”、”プリップリッ”とした食感がgood◎

甘い玉ねぎや大葉の天ぷらもあり、ボリュームも満点です。

天ぷらの丼物って、食べ進めると油が重くなってくることも多いのですが、こちらはオイリーすぎず食べやすい丼物でした。

食後には蕎麦湯を。

あったかくてとろとろの蕎麦湯は、優しい味でついつい飲み過ぎてしまいました。

レジ横にはギャラリーショップも

お会計をしようとレジに向かうと、その横には素敵な器や焼き物がズラり。

食器好きとしてはついつい立ち止まらずにはいられません。

テーブルにあった箸置きがいいなぁと思っていたのですが、こちらで販売されていましたよ。

一度は食べておきたい守貞の蕎麦パスタ

新感覚の蕎麦パスタには、きっと驚かれる方も多かったはず。
食べたことのない方には、ぜひ一度試していただきたい一品です。

今回ご紹介した以外にも蕎麦の食べ比べができたり、お酒なども色々と楽しめるようでした。

夜も営業されているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

INFORMATION

店名:

植田守貞

住所:

住所
愛知県名古屋市天白区植田3-1603 名鉄交通ビル 1F

電話番号:

052-893-8880

営業時間:

[月~日]
11:00〜14:30(L.O.14:00)
[火~木・土・日]
17:30〜21:30(L.O.21:00)

定休日:

月曜日・金曜日ディナータイム(祝日営業)、第3月曜日(祝日営業、翌日火曜日休業)​

一人当たりの予算:

¥1,000〜¥3,000

※記事内の情報は記事執筆時点のものです。正確な情報とは異なる可能性がございますので、最新の情報は直接店舗にお問い合わせください。