ー この記事をシェアする ー
FacebookTwitterLinePocketHatenaGoogle+

 

【外観】

EFDE261C-97B4-4261-8900-E0EE5FE39271

外観から高級感漂い
まるでホテルさながらです。

【内観】

017DF1CA-5117-46A1-A461-F0292C0E6EE9

黒を基調としたシックな店内
一階はエントランスとカウンター席で
シャンデリアもいくつかあります。

改めてここは、焼肉屋さんなのか、、、

李昇さんへは今回で2回目。
以前伺った際は3階のお部屋でしたが
今回は、カウンター席へ。

【カウンター席】

3E20E95D-CC13-4EE2-94A9-DCA04B97D4ED

実は、、、カウンター席限定で希少な部位の
お肉をいただけちゃうんです。

しかも、、1枚から。
1枚からいただけるとは
贅沢かつ、種類を食したい。
女性にはとても嬉しいですね。

【名物】

D697D315-EB0B-4726-A52F-618C56A86DAF

まずは、名物の人気メニュー
であるこちらから。

【名物ネギ盛】
白ネギのピラ辛さと芽ネギのほんのり甘さ
がマッチ。
胡麻油の香りが食欲を一層掻き立てます。

サラダとしても美味しく
お肉に巻いてもなおよし!
お肉のお供no1は、外せません!

【特選短冊焼】
希少な選りすぐりのタン
厚切りですが新鮮なので
サッと火を通すのみ。

柔らかく、歯ごたえ抜群です。

【タレ三種類】

4D18DE2C-CDF4-48CF-B39A-166478DB3D12

左から、タレ、塩こしょう、レモン汁
タンなので、塩とレモンでいただきます。

【生センマイ】

876FF85A-B9AC-45D8-B20B-1000B3A6DF98

生センマイは以前李昇さんで
食べたのが初めてでした。
独特な舌触りがクセになります。

とゆうことでクセになって今回も頂きました。笑

【トロ赤】

EFED0CF1-7DE8-484F-B51A-C0956A41FCE3

大根と大葉でお肉を包み頂くユッケ感覚。
「お肉のお刺身」
鮮度を食す贅沢な一品。
ここにきたらこちらも外せません!

【和牛カルビ】

0CD46D3A-0C38-4107-8BD9-43D275122FB7 

昔はカルビが大好きでひたすら
食べていましたが、年齢を重ねるにつれ
脂の重たさを感じることがありましたが(笑)

こちらのカルビサシが入っていますが、
くどさを感じることがなくとても柔らかく食べやすい。

【白ホルモン】

3BC8E019-7A75-43DC-ADF4-A29208CE86D1

私、ホルモンって苦手だったんですが
李昇さんのホルモンは鮮度が抜群。

上質な脂の甘みを感じ
噛めば噛むほど口に広がり

衝撃を受けたのを覚えています。

これぞ、美味。

【ステーキ】

C42D223E-37D0-49AE-B526-3A5DEE693878

21846F05-51EC-46F0-9341-8CF458C76A99

46E9A686-A0C2-4AF0-AACB-1099A6C47448

B831F500-1CD4-4884-8453-4FB4C85C09FB

絶妙な

焼き色がとてもきれい。

李昇さんは名古屋での認知度の高い焼肉店

さまざまな希少部位と新鮮なお肉を
存分に味わうことができます。

もちろん、お肉だけでなく
店内の高級感漂う。

ホテルさなながらの
雰囲気に心を奪われます。

VIPルームや個室、カウンター席を
用意されているので

自分へのご褒美や
接待、デートにもってこいですね。

誰と食事をするのか、
どんな席でいただくのか……。

席をかえてみるだけで

また、違った雰囲気を味わうことができますね♪

1人で贅沢な時間からいざっという時に使える

贅沢なお店です★

 

 

ぜひ、贅沢なひとときを過ごす

時にいかがですか?

久屋大通駅から徒歩圏内にある

昇家グループの本店であり最高峰の「李昇」

へ伺いました今回で2回目です。

ワンランク上の焼き肉店「李昇(りしょう)」

【店舗情報】
店名:李昇
住所:愛知県名古屋市東区泉1-22-36
電話番号:052-963-0034
営業時間:平日 17:00~24:00 日・祝 17:00~23:30
定休日:
一人当たりの予算:¥6000〜¥9000

※記事内の情報は記事執筆時点のものです。正確な情報とは異なる可能性がございますので、最新の情報は直接店舗にお問い合わせください

ー この記事をシェアする ー
FacebookTwitterLinePocketHatenaGoogle+