ー この記事をシェアする ー
FacebookTwitterLinePocketHatenaGoogle+

お店は、イオンモールナゴヤドーム前店の中に。

イオンモールナゴヤドーム前店は、市営地下鉄 名城線 ナゴヤドーム前矢田駅が最寄り。
1番出口よりペデストリアンデッキがありますので、迷うことはありません。
そして雨の日でも傘をささずに行けるというのもポイント。

イオンナゴヤドーム前店の1階レストラン街の中央部にお店を発見!20181219 #1_181219_0035
煙突のある家がモチーフのレトロかわいいお店です。

店内は幅広い年代の人で賑わい、改めてコッペパンという食べ物が老若男女から愛される食べ物だと実感。
20181219 #1_181219_0001
パンの田島は、関東地方でコッペパン専門店として人気を誇るお店で、こちらの店舗は同じ系列のドトールコーヒーとのコラボ店舗になっています。

ドトールは名古屋でもお馴染みのカフェですが、パンの田島はなんと、名古屋初上陸20181219 #1_181219_0002
名古屋では、ここでしか食べられないとなると、食べたくなるのが人間の性というやつですね。

学級通信のようなこちらのメニューを見てみると…20181219 #1_181219_0008
 なんといっても、その種類の豊富さに驚きます。

メインのコッペパンだけでも、甘いコッペパンが12種類、惣菜コッペパンが15種類、そしてご当地コッペが1種類、合計28種類ものメニューが!

これは迷ってしまいます。20181219 #1_181219_0006
また、レジ前には揚げコッペやピロシキなども並んでいます。
美味しそう〜!

さらにはコッパフェというものまで。コッペパン×パフェという発想はなかなか無いですよね。

どうやらコッペパンとドリンクを頼むと、フライドポテトが付いてくるお得なセットがあるそうです。
※揚げコッペは対象外

レジでオーダーし、出来上がるとレシートに記載されている番号で呼ばれます。20181219 #1_181219_0007
“焼き立て”・”揚げたて”・”作り立て”というこだわりのもと、注文が入ってからひとつひとつ丁寧に作られているようです。

○ナポリタンドッグ(¥350)×紅茶(アイス・¥250)20181219 #1_181219_0022
こちらは筆者のオーダー。

パンとパスタという炭水化物同士のコラボレーション。
これがまた美味しいんですよね♪20181219 #1_181219_0032
ふわふわのコッペパンのなかにたっぷりのナポリタン。そしてながーいソーセージ。20181219 #1_181219_0033
ボリューム満点です!

紅茶のカップにも注目です。20181219 #1_181219_0027

雲の柄…かと思いきやこれはコッペパン柄!可愛らしいですね。

ここからは同行者のオーダーをご紹介。

○からあげ タルタルソース(¥350)×田島ブレンド(ホット・¥250)20181219 #1_181219_0019
からあげ×タルタルソースなんて絶対に間違いないやつ…!20181219 #1_181219_0020
さらに、田島ブレンドは田島のパンとの相性がいいようにドトールがブレンドしたものだそうですよ。

○厚切りハムカツ(¥350)×メロンソーダフロート(¥400)20181219 #1_181219_0012
厚切りハムカツの断面が美しい、こちらのコッペパン。20181219 #1_181219_0014

“厚切り”だからこその断面ですね。
20181219 #1_181219_0015
こちらのメロンソーダフロートは、¥300のメロンソーダに+¥100でアイスをトッピングしたもの。
冷たい飲み物であれば、どれでもフロートにできるみたいです♪

○厚切り味噌ハムカツ(¥350)×田島特製 珈琲牛乳(¥300)20181219 #1_181219_0016
最後に紹介するこの厚切り味噌ハムカツ、地域限定の”ご当地コッペ”なんです。

“限定”と聞くと気にならずにはいられませんよね。20181219 #1_181219_0018
田島特製 珈琲牛乳は瓶で提供されます。
瓶の珈琲牛乳とコッペパンは、やはり給食を想像させる組み合わせですね。

※今回ご紹介したのは全て”フライドポテトセット”です。

果たしてコッペパンひとつだけでお腹が膨れるのかと心配でしたが、コッペパンのふわふわさから想像できないほどボリューミー。
無事に満腹になりました♪

イベント帰りに寄るのもアリ!

帰るときには、もう既に、次回はどのコッペパンにしようかと悩むほど、どれもこれも美味しそうでした。20181219 #1_181219_0003

これだけの種類があると、全制覇したくなりませんか?

今回紹介したお店は、野球の試合や、コンサート、サーカスなどの会場にもなるナゴヤドームの目の前のイオンモールに入っている店舗になります。

イベントで近くに訪れた際には、ぜひ寄ってみてくださいね♪

"コッペパン"というと、まだ小学生のころ、給食のメニューで食べた記憶が蘇り、どこか懐かしいような気分になる食べ物のひとつです。

そんな"コッペパン"ですが、実は今大注目のパンなのです。

今や名古屋市内にもコッペパンを専門店が続々とオープンし、人気を集めているんですよ!

今回は、ショッピングモール内にオープンしたコッペパン専門店をレコメンド♪

甘い系からガッツリ系まで…種類豊富なコッペパン「パンの田島+ドトール」

【店舗情報】
店名:パンの田島+ドトール
住所:愛知県名古屋市東区矢田南四丁目 102番3号
電話番号:
営業時間:
定休日:イオンモールナゴヤドーム前 に準ずる
一人当たりの予算:〜¥1,000

※記事内の情報は記事執筆時点のものです。正確な情報とは異なる可能性がございますので、最新の情報は直接店舗にお問い合わせください

ー この記事をシェアする ー
FacebookTwitterLinePocketHatenaGoogle+