ー この記事をシェアする ー
FacebookTwitterLinePocketHatenaGoogle+

IMG_79152

地下鉄東山線 東山公園駅4番出口より徒歩1分ほどのところにあるのが、こちらの「ル・プレジール・デュ・パン」さん。

駅からも近く、大通り沿いに面しているためアクセスしやすいです◎

2011年にオープンして以来地元から愛され続けて、その評判が広まり2018年には久屋大通に2号店がオープンしました。

店名である「ル・プレジール・デュ・パン」は、フランス語で「パンの楽しみ、喜び」という意味だそう。

パンの無限の可能性に期待大‥‥!

 

店内の雰囲気はこんな感じ。

IMG_79042

IMG_7911

店内入って右側がベーカリー、正面奥にケーキが陳列されています。

IMG_79062

ベーカリーの棚にはざっとみて20種類以上のパンが並んでいました。

フランス人オーナーが手がけるベーカリーということで、ハード系のフランスパンの品揃えが豊富。

IMG_3634

パン棚の横にはキッシュやケークサレ、ランチのお共に最適なにんじんのマリネなどの惣菜パック、惣菜を挟んだバケットサンドが陳列されていました。

う〜〜ん、たくさん種類があって迷ってしまいますね‥!

 

こちらのお店では、店内に販売されているパンやケーキを店内でも食べることができます。

IMG_76032

IMG_79052

カウンター席は8と、1〜2人で食事するには最適なスペース。

サクッと食べたいときに利用できそうですね。

IMG_7878

ちなみに、店内で食事をする際はワンドリンクオーダーが必須です◎

 

今回は、ランチセットを注文しました。

メニューはこんな感じ。

IMG_9034

陳列棚の中から好きなメインを1つ選んだあと、ドリンクやお惣菜・デザートのセットをつける、カスタムタイプのランチです。

今回は、サンドイッチに+410円のAセット(日替わりデザートとドリンク)を注文しました。

 

それではさっそく、気になるお料理のレコメンド!

IMG_3651

『Aセットランチ(サンドイッチ・ドリンク・デザート)』 / 862円(税抜)

サンドイッチは「クルヴェット」をチョイス。

ドリンクはコーヒーか紅茶のアイスかホットから選べます。

満足感のあるランチセットです!

 

さらにじっくりレコメンド!

まずはメインのバケットサンドから。

IMG_3665

こちらが筆者がチョイスした「クルヴェット」というバケットサンド。

自家製のハードフランスパンの中には、エビ、薄切りのきゅうりとトマトが挟まっています。

バケットが大きいので、ひとくちかじるのも一苦労。(笑)

具材の上下に味の違うペーストが塗ってあるので、噛んでいくうちに味が変わっていく‥‥これは不思議な感覚でした!

ハード系のフランスパンなので外はパリッとした食感ですが、中は意外とモッチリしていてこれがとっても美味しい◎

IMG_3645

具材自体には特別な味つけがされていないため、それぞれがパンの風味を邪魔しません。

むしろきゅうりのシャキシャキ感やエビのぷりぷり感がパンの美味しさを引き立てているので、食感のコントラストが楽しめて最高なサンドイッチでした◎

 

続いては、デザートのご紹介。

IMG_3660

ランチのデザートは日替わりだそうで、この日のデザートは「洋梨のタルト」でした。

ケーキ棚には陳列されていなかったので、もしかしたらランチのために作られたレアスイーツかもしれません‥!

角切りの洋梨のコンポートとザクザクのタルト生地が相性抜群◎

甘すぎずほんのり洋梨の香りが口に広がって、こちらも美味しくいただきました。

 

まだまだ続きます。

続いては、お持ち帰りしたパンのご紹介。

筆者が何度もリピートしている激推しのパンたちをレコメンド!

まずは、こちら。

IMG_3674

『チャバタ・トマト・オリーブ』/ 315円(税抜)

もっちりとした食感が特徴のチャバタに、セミドライトマトと2種のオリーブをふんだんに練りこんだ一品。

チャバタというと聞き馴染みがないですが、フォカッチャのような食感といえば伝わるでしょうか‥?

大きさは直径20cm弱と、かなりボリューミー!

IMG_3679

生地がとっても柔らかいので、手で軽々割くことができます◎

塩気の効いたチャバタとアクセントのドライトマト、風味づけのオリーブのトリプルコンボ‥美味しくないわけがありません!

 

続いては、こちら。

IMG_3685

『パン・オ・ミエル』 / 263円(税抜)

はちみつを練りこんだ柔らかめのフランスパン。

食べると、はちみつ独特の甘い香りが口の中にほんのり残ります。

IMG_3690

フランスパンでありながら、外側も柔らかめにできているため老若男女だれでも美味しく食べられます◎

 

続いては、こちら。

IMG_3694

『クイニーアマン』 / 263円(税抜)

筆者を骨抜きにした、イチオシの商品!かれこれ5回は食べています。

フランスブルターニュ地方の伝統的な焼き菓子で、バターを練りこんでキャラメリゼしたヴィエノワズリー。

これ‥‥本当に美味しいんです。

食べた瞬間にバターの香りが漂って、思わず口元が緩みます♪

IMG_3703

キャラメリゼした表面部分とバターが練りこまれたサクサク生地‥‥一切無駄のない完璧な美味しさ!

これは、ぜひ、みなさんにも味わっていただきたいです。

 

最後に、ケーキのレコメンドもしちゃいます。

IMG_7616

『タルト・ポワール』 / 378円(税抜)

洋梨とアーモンドクリームを使用したしっとりめのタルト。

1つが大きめなので、食べたあとの満腹感がすごい!

外側のタルト生地はザクザクしていますが、中央部分はしっとりとした食感なのでとっても食べやすいです◎

IMG_7882

『エクレア・ピスタッシュ・フレーズ』 / 420円(税抜)

見た目がとってもかわいらしいエクレア。

半切りのいちごの間を埋めているのは、ピスタチオクリーム!エクレア部分はサクサクとした食感で、これまた絶品。

いちごの酸味とピスタチオの風味がマッチしていて、とっても美味しいです◎

何度でも足を運びたくなる豊富なラインナップ

「ル・プレジール・デュ・パン」では、本格派ベーカリーだけでなく、ちょっとした惣菜からティータイムに最適なスイーツまで、幅広い商品が販売されています。

一度といわず、二度、三度!

フランスの風を感じながら、お気に入りのパンを見つけてみてはいかがでしょうか。

 

私たちの食生活に欠かせない「パン」。

その種類は数多く、毎朝のルーティーンからちょっとした軽食、お洒落なディナーまで、幅広いシーンで利用されていますよね。

今回は、わざわざ足を運んで食べてみたい、本場フランスの味を感じられるパン屋さんをご紹介します!

気軽にフランスの味を楽しめるパン屋「Le Plaisir du pain(ル・プレジール・デュ・パン)」

【店舗情報】
店名:ル・プレジール・デュ・パン (Le plaisir du pain)
住所:愛知県名古屋市千種区東山通り4-17 黒川ビル1F
電話番号:052-781-0688
営業時間:[水~日曜日] 9:00~18:30 ランチタイム 11:00~14:30
定休日:月・火曜日 祝日営業
一人当たりの予算:〜¥1,000

※記事内の情報は記事執筆時点のものです。正確な情報とは異なる可能性がございますので、最新の情報は直接店舗にお問い合わせください

ー この記事をシェアする ー
FacebookTwitterLinePocketHatenaGoogle+