ー この記事をシェアする ー
FacebookTwitterLinePocketHatenaGoogle+

中村公園駅から徒歩数分で到着。

DSC01113

DSC01177

お店に入るとテーブル席が並び、奥には畳の掘りごたつの個室があります。

二階はお座敷の個室があり、団体様用の大広間まで!
二階へはエレベーターが完備されているなどの配慮もあり、いろいろなシーンに合わせられているな〜と!

DSC01170

と、そんな事を考えながら席に着き、早速メニューを!
うな重にしようか〜♡ひつまぶしにしようかな〜♡

……!
すごい!

うなぎ専門店ではないことは知っていましたが……うなぎ以外のメニューがめちゃめちゃ多い!(笑)

手羽先、味噌カツ、特大海老フライ、牛すじどて煮・・
味波さんに来れば名古屋めしがだいたい食べられるのでは、というほどです。

しかもそれだけではないんです。
お刺身や釜飯、ステーキに唐揚げ、ピザにお子様ランチ、さらにはデザートメニューまで充実しています!

なるほど。〝親子三世代が楽しめるお店〟まさに、ですね!

このメニューの品数の多さには、店主さん自身がうなぎを食べに行ったら他の物も食べたくなるから、という理由もあるそうです。
それ私も共感!(笑)

他のメニューも気になりながらも、今日はメインのうなぎを♡

メニューを見てみると、一般的なうなぎと〝共水(きょうすい)うなぎ〟の二種類がありました。
この〝共水うなぎ〟こそが味波さん推しの名物うなぎなんです。

愛知県では味波さんでしか味わえない、「幻のうなぎ」と呼ばれるブランドうなぎ。
全国でも東京の老舗うなぎ屋さんを中心に30店舗ほどでしか取り扱うことができていない、希少なうなぎのようです。

 

今回、私は贅沢に一般のうなぎと、共水うなぎの食べ比べをさせていただきました!
まずいただいたのは、一般のうなぎの長焼きと、白焼きです。

【うなぎの長焼き】 〈6切れ〉 4,380円(税別)
【うなぎの白焼き】 〈6切れ〉 4,380円(税別)

では、まずは肝焼きから。

20180622味波豊国店_180702_0005

新鮮だからこそのぷりっとした食感、ほんのりとした苦味、香ばしいタレとの相性が抜群です!

これは長焼きも期待できると確信。

20180622味波豊国店_180702_0008-min

うわ〜この肉厚感!
見た目からふっくらしているのが伝わってきますよね!

ではいただきまーす♡

 

!!

 

すごい、身はふわっとしているのに皮はパリッと香ばしい!それでいてめちゃめちゃジューシー。
きっと今まで食べたうなぎの中で1番脂がのってる!

お米が欲しくなる…(笑)

20180622味波豊国店_180702_0010

次に白焼きです。

白焼きの方があっさりだと思いきや、更にうなぎの旨みやジューシーな脂を感じます!
白焼きには塩とわさびをつけて食べるのが私は好きだな〜♡

 

そしてお待ちかね、メインのこちら、共水うなぎ!

【共水うなぎひつまぶし】4,680円(税別)

20180622味波豊国店_180702_0015

特注のお重に入った共水うなぎひつまぶしです。

なんて美しいビジュアル!

ではではこちらも早速…

セオリー通りに、まず1杯目はそのまま。

20180622味波豊国店_180702_0026
20180622味波豊国店_180702_0028

美味い!

一般のうなぎと同様にジューシーで脂がのっているけど、口に入れると脂っぽさはすっとなくなり、うなぎの甘みや旨みがだけが口の中に広がる。

 

この美味しさの理由を店主さんから教えていただきましたよ!

味波さんでご提供の一般のうなぎと共水うなぎはどちらも養殖されたうなぎですが、飼育方法が大きく異なります。

一般的に、養殖のうなぎは餌をたくさん与えて身を大きく育て、半年程で出荷されるようです。
それに対して共水うなぎの場合は、水温の調整などで擬似的に四季を作り出し、活発に運動をさせることで限りなく「自然に近い」環境で育てているようです。その期間はなんと1年半〜2年!

一般の養殖うなぎと比較すると、2倍以上の飼育期間がかかるんですね。

自然に近い環境で育てることで身が締まり大きくなりすぎず、天然うなぎに近い美味しさが味わえると言われているんだそう♡
共水うなぎ、格別です。

 

あまりの美味しさにそのまま食べ進めてしまいそうでしたが、2杯目はねぎやわさびなどの薬味を入れてさっぱりと!

20180622味波豊国店_180702_0032

そしてそこに山椒をぱらぱら。

20180622味波豊国店_180702_0042

ん?この山椒、香りが一般的な山椒と全然違う!

店主さんに聞くと、和歌山県で作られたこだわりの山椒だそう。
山椒が持つ独特のツン!とくる強い香りではなく、柔らかく食欲をそそる香り。

薬味を加えてもやっぱり美味しい。

 

そして、3杯目は熱々のお出汁をかけてさらっと♡

20180622味波豊国店_180702_0043

思わずこの表情…♡(笑)

20180622味波豊国店_180702_0040

だって最後まで最高に美味しいんですもん!

はぁ〜♡
もぅ大大大満足です♡(笑)

あなたはどちら派?

味波さんのうなぎに出会ってしまったばかりに…
もう共水うなぎじゃないと満足できないかも( ̄∇ ̄)♡(笑)

それくらい味波さんのうなぎは美味しかったです。
私は〝共水うなぎ派〟だけど、ガツンと!ジューシーな一般のうなぎ派もいらっしゃると思います。

どちらも本当に美味しいのでみなさんも是非一度、食べ比べてみてください。

 

うなぎ以外のメニューも豊富なので、大人数で行っていろいろ食べるのも良いかもしれませんよ。
〝親子三世代が楽しめるお店〟まさに!

数ある「名古屋めし」の中でも1番高級だと言っても過言ではない【ひつまぶし】。
ちょっと特別な日に、美味しいひつまぶしやうなぎ丼を専門店で味わう。

地元の方にとっても特別な名古屋めしなのではないでしょうか?
もちろん、私にとってもそうでした。

今回ご紹介するのは〝親子三世代が楽しめるお店〟をコンセプトとした、うなぎ専門店ではないうなぎ屋さん。

美味しいうなぎは、うなぎ専門店で食べる。

そう思っていた私の先入観はこちらのお店で完全に払拭されました!

食べ比べると全然違う!ブランドうなぎ〝共水(きょうすい)うなぎ〟が食べられる「味波 豊国店」|PR

【店舗情報】
店名:味波 豊国店 (あじなみ)
住所:愛知県名古屋市中村区豊国通2-11-1
電話番号:052-482-2341
営業時間:月~土 11:30~14:00 17:00~23:00(L.O.22:00) 日・祝 11:30~15:00(L.O.14:30) 17:00~22:00(L.O.21:30)
定休日:火曜日・第三水曜日 (祝日の場合は営業)
一人当たりの予算:¥3000〜¥6000

※記事内の情報は記事執筆時点のものです。正確な情報とは異なる可能性がございますので、最新の情報は直接店舗にお問い合わせください

ー この記事をシェアする ー
FacebookTwitterLinePocketHatenaGoogle+