ー この記事をシェアする ー
FacebookTwitterLinePocketHatenaGoogle+

DSC_1524

「深緑茶房 茶カフェ」は、名駅・ミヤコ地下街4番出口から出てすぐのところにあります。

三重県の茶農家直営のお茶屋さん「深緑茶房」がつくったカフェで、こだわりのお茶や手作りのお菓子が楽しめます。

公式サイトにも書かれている通り「ちっちゃな」カフェ、ですが、おやつどきに行くといつでも混んでいるほど人気のカフェです。

私も、名駅付近でちょっとお茶したいな、というときとか、ちょっと歩き疲れたから一息つきたいな、というときとかに、よく利用させてもらってます!

 

そんなわけで、私にとってここは「よし!行くぞ!」と気合を入れて行くというより、「あ、あそこ行こうかな」とふとした時にふらりと足を運ぶような、そんなカフェなのです。

ですが今回は例外、むちゃくちゃはっきりとした目的があってむちゃくちゃ「よし!行くぞ!」って気合入れて行きました。

その目的がこちら。

DSC_1522

「お茶屋のレモンパフェ」。

ここのお店では季節ごとに期間限定のメニューが登場するのですが、柑橘類好きの私にとって、今回のレモンパフェはこの上なくparfait (フランス語で“完璧な”を意味するパフェの語源) なパフェ!(笑)

 

あると知った瞬間から食べに行くことを決めていました。

4月中旬からのメニューだったのですが、色々ばたばたしていて、先週ようやく食べられました。

_20180503_110330

念願のレモンパフェがこちら。

レモンチョコやはちみつレモン、濃厚な緑茶のソフトクリームからくずもちやレモンシフォンまで、とにかく上から下までこだわりを感じる、丁寧に作られた一品でした・・・。

レモンと緑茶とか・・・合うの?と思うかもしれませんが、そういう方にこそ食べてほしい。

さわやかでほんのりほろ苦なレモンの風味と、やさしく香り高い緑茶の組み合わせは、ことのほか相性ぴったりなんです!

さくさくほろほろのクッキー、もっちりと主張の強いくずもち! (くずもち大好きなんです) 、固めで噛むと心地よく崩れる寒天、ふわふわのスポンジなど、食感的にもいろいろ楽しめます。

DSC_1521

ちなみに、スプーン置き (箸置き?) はこんな愛らしい形!

こういうちょっとした遊び心に触れると、それだけで嬉しくなってしまいます。

なくなる前にはやく食べてみて!レモン×緑茶のさわやかな組み合わせ

こちらのレモンパフェは、5月末までの期間限定だそうです。

うかうかしているとなくなっちゃいますよ、気になる方はぜひ一度ご賞味あれ!

私も、少なくともあと一回は食べに行きたいです!!

もちろん、他にも魅力的なメニューがたくさんあるので、この期間限定パフェを抜きにしても一度は行っていただきたいカフェです。

5月に入ってしばらく経ちました。5月病予備軍のすがりです。

外では初夏らしく太陽がきらきらしていて、 (時には涼しい日もあるとはいえ) 暑い日はほんとうに暑いですよね。
私は暑さが大の苦手で今から憂鬱なのですが、先日、そんなもやもやイライラを忘れさせてくれるような、さわやかですっきりとしたパフェと出会っちゃいました!

期間限定のメニューなので、食べられなくなってしまう前に急いでレコメンド!

お茶もスイーツも楽しめる、お茶屋さんがつくったカフェ「深緑茶房 茶カフェ」

【店舗情報】
店名:深緑茶房
住所:愛知県名古屋市中村区名駅4-26-25
電話番号:052-551-3366
営業時間:[月~土] 10:30〜19:30(L.O 19:00) [日・祝] 10:00~19:00(L.O 18:30)
定休日:不定休
一人当たりの予算:¥1000〜¥3000

※記事内の情報は記事執筆時点のものです。正確な情報とは異なる可能性がございますので、最新の情報は直接店舗にお問い合わせください

ー この記事をシェアする ー
FacebookTwitterLinePocketHatenaGoogle+