ー この記事をシェアする ー
FacebookTwitterLinePocketHatenaGoogle+

そのお店こそが「那加志摩(なかしま)」さんです。

B7E256D0-1B83-4A98-8CDE-0DE5D66032C5

場所は、江川線那古野交差点を1本西へ。地下鉄国際センターからは歩くと15分ほど。

お車の人は近隣のコインパーキングにお願いします。

 

さて、お店のランチ営業日は水曜から金曜までの3日のみの営業です。

女将さんがワンオペのお店で、この日お店が営業しているかの目安が看板に手書きの『ランチ』の文字。(笑)

※女将さんのご都合で水〜金でも、突然休みの日があります。

外看板と暖簾に注意ですよ。

7A3FA736-A3D2-4B6E-B92F-236045891766

これがあると一安心…。

入り口に掛けてある暖簾に本日のランチメニューが貼ってあります。

30B979E5-21E3-4EB9-BC2B-B6DA44C60407

ご覧のように、2種類。税込700円!!

 

店内はこのような感じです。私は1人が多いのでカウンターに座ります。

C76B4409-F4EE-4652-8ABB-3044E7847A40

706413D5-8987-499A-ABA8-F513BC99548B

那加志摩さんにはお客さんと女将さんのルールがあります。

  • 自分の食べたい物を申告すること。
  • お茶はセルフサービス。
  • ご飯は自分でよそう。
  • 代金は女将に声を掛けてからカウンターに置く。
  • お釣りは自分で取る。

以上です。(笑)

11A6182C-77F5-4B65-BB3F-266415A79A35

カウンターの端っこに100円玉3枚、合計300円がいくつか置いてあります。千円札で支払う人は各自がお釣りを自分で取るなんて、お客さんを信用していないとできないですよね。

4EA5409F-7B84-4040-B998-9D3D32BBCAB2

さて、肝心のランチですが、トレイの上にはメインのおかず以外にこんなにたくさんの小鉢。

4706AEA6-88F6-4F96-AFF0-2FB5634904FD

E6580B2D-4196-43FE-8E3A-5182BB25CFBF

マカロニサラダ、煮物、冷奴など。お漬物や冷奴の甘味噌などもすべて女将と女将さんのご友人の手作りです。

まず、人気No.1・No.2をご紹介。

どちらが1位かは知らないですが。(笑)

 

唐揚げ

6CA70991-0398-4F3F-83D9-5692DAA3081B

7B16A148-BCD9-4FD8-B2EF-85BF1662EEA2

大きな唐揚げが3つも。醤油味が香ばしく外はカリッと中はジューシー。

とても大きいので2つでもお腹が膨れました。

 

香り揚げ

EEE54050-CE66-4EDA-AD47-702EDD2BA5D0

82C8AC97-7284-4FAF-95AC-38C9F1507F6B

紫蘇で巻いた鶏肉をフライにしてあります。

パクっと頬張ると紫蘇の香りがたまりません!チキンの串カツって特別感があるのは私だけ?

 

レモンソース

9AE10D3C-0D6A-4531-B4C0-0DADB2727C42

D9E79FF4-96ED-474F-BBDC-D6B5EE7B74C5

女性に人気のメニュー。

柔らかな鶏肉にレモン醤油で味付けしたもの。驚くほど酸っぱいです。

 

ピカタ

BF81F7CB-6F59-4DE3-86CA-8F3A703288B2

06AC1BD7-8124-4C0F-B597-0E407B2251A7

フンワリと柔らかな鶏胸肉を玉子で寄せて焼いてあります。

 

このメインのチキン料理にキャベツの千切りが山盛りの一皿と、食べたいだけのご飯と具だくさんのアツアツお味噌汁でこのお値段はお値打ち。

ある日訪問すると、看板の上に唐辛子が干してありお尋ねすると、粉にして一味にしているそうです。

5141E00D-2DDE-46AA-AF26-487BB461E8E8

EA1D28E4-1D24-4D62-B709-922AD0DF167D

赤紫蘇のふりかけも女将さんが梅干しを漬けるのでその赤紫蘇を粉にしているそう。

無着色で、紫蘇の香りがいいからご飯が進みます。

9BB494B8-CF50-439F-8BB6-B0216DE26B93

那加志摩さんは夜は鶏料理の居酒屋。

私はまったく飲まないので訪問したことがありませんが、夜のメニューも美味しそうです。

BC7E93F3-9440-4529-905C-E6A56CA77694


朝引き鶏を使ったコスパ良しクオリティ良しのお得なランチ。

朝引きの鶏肉を使っているとのことですから新鮮で美味しい。

ランチは週3日の営業ですし、席数も少ないのですが、ぜひ700円を握りしめて訪問してください。12時前に入店してくださいね。

7A48C423-F6BC-4260-89D3-6EE2E0B2449A

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

働く人にとって、ランチは大切。

頭や身体を休めて、午後からの活力を培うためにも欠かせないもの。

今回レコメンドするのは、女将さんの飾らない人柄に癒され、かつ増税してもお値段据え置きのありがたいお店です。

曜日限定ランチがお得!700円でボリューム満点ランチがいただける昔ながらの居酒屋「やきとり 那加志摩(なかしま)」

【店舗情報】
店名:やきとり 那加志摩(なかしま)
住所:名古屋市西区那古野2-5-4
電話番号:
営業時間:ランチ(水〜金のみ)他夜営業
定休日:
Web:
一人当たりの予算:〜¥1,000

※記事内の情報は記事執筆時点のものです。正確な情報とは異なる可能性がございますので、最新の情報は直接店舗にお問い合わせください

ー この記事をシェアする ー
FacebookTwitterLinePocketHatenaGoogle+