中村区役所|三河の地鶏を使った贅沢な焼き鳥に舌鼓を打つ!女性1人でも入りやすい商店街の居酒屋

中村区役所|三河の地鶏を使った贅沢な焼き鳥に舌鼓を打つ!女性1人でも入りやすい商店街の居酒屋

何度も名古屋を訪れ、少しずつ街歩きにも慣れてきた頃。
「せっかくならひとり飲みに挑戦してみたら?」という周囲の提案に乗っかり、人生初のひとり居酒屋へ。

そんな時に見つけたのが、三河の地鶏・錦爽鶏の朝挽き肉を使った焼き鳥をいただけるお店。
滞在先から比較的近いこともあり、意を決してお店の扉を開きました。

三河の地鶏・錦爽鶏をリーズナブルな価格で食べられる!駅西銀座商店街にある居酒屋「やきとり 竹橋」

古民家風の外観と木の看板が目印!中村区役所駅から徒歩5分の好立地

地元・札幌でも経験したことがない、人生初のひとり飲みの舞台に選んだのは、駅西銀座商店街にある「やきとり 竹橋」さん。

昔の長屋のような雰囲気の外観が目印で、この日は夜9時ごろの訪問でしたが店内にはお客さんがたくさんいて賑わいをみせていましたよ!

カウンターに通され、少し緊張しながらもまずは店内を物色。(おそらく、とても挙動不審に見えたでしょう…。)

4人掛けのテーブルが2つありますが、どうやら奥の方にも客席があるようで、談笑するにぎやかな声が聞こえていました。

お通しは塩だれキャベツ。

これは芋(焼酎)をお湯割りで…といきたいところでしたが、「超」がつく下戸なので、ひとりの時に酔っぱらうわけにいかないと自制して今回はウーロン茶をオーダー。

我が家は夫が一切お酒を飲まないので、居酒屋でノンアルコールという場面はよくあるから違和感がないのですが、普通ならお酒を飲みたいところですよね。

 

名物は「錦爽鶏の朝挽き」を使った焼き鳥!各部位のおいしさを食べ比べ

こちらのお店の名物は、愛知県東部の三河地方で生産されている地鶏「錦爽鶏」を使った焼き鳥。

錦爽鶏の朝挽きはほどよい歯応えとすっきりとした旨みが特徴らしく、地元ではあじわうことができない特別な鶏肉のあじわいに期待が高まります。

また、新鮮なハツ(心臓)や白肝など希少部位を刺身でいただくことができ、他の居酒屋にはない珍しいメニューのラインナップにも驚きました。

せっかくなのでいろいろな部位を食べてみたいと思い、串の盛り合わせをオーダーすることに。

おまかせ盛りは5本、8本、14本の3種類があり、それぞれ5種、4種、7種の串をいただくことができます。

また、苦手な部位は申告すればできるだけ避けてくれるようなので、今回はあまり得意ではない内臓系を避けてオーダーしました。

 

●串皿 ミニ盛 880円(税込)

おひとり様なので、鶏精肉やつくね、ぽんじりなどが1本ずつ盛り付けられた「ミニ盛」をオーダーしました。

焼き鳥の中でも比較的ベーシックなラインナップで、「錦爽鶏」のおいしさをあじわいます。

炭火でじっくりと調理した焼き鳥はとても香ばしく、炭の風味をしっかりと感じることができました。

中でも「ぽんじり」はとてもジューシーでほどよく脂が落ちており、今回いただいた5種類の中で1番のお気に入りに。

本来は砂肝やハツなどの内臓系も含まれることがあるそうですが、事前に好みを伝えておいたおかげで自分好みのラインナップで全ておいしくいただくことができましたよ♪

 

プラスワンにおすすめ!こんがりと焦げ目がついた焼きおにぎりでお腹いっぱいに

●焼きおにぎり 330円(税込)

アルコールを飲まないので、なにかしっかりとお腹に貯まるものが欲しいと思いオーダーしたのは「焼きおにぎり」。

大きさはやや小ぶりですが、こんがりと焦げ目がついた香ばしいあじわいに大満足です。

中まで熱々なので、箸で少しずつ切って冷ましながらいただきました。

焼けた醤油の香りが食欲をそそり、あっという間にペロリと完食。

食べきってみると、見た目の割にしっかりとお腹に貯まるのですっかり満腹に。

お酒は飲まず終いでしたが、おいしい焼き鳥とおにぎりだけで十分満足することができました。

どうやらこのお店は「地酒」も数多く取り揃えているようなので、次回は同伴者(酔っぱらった時の保護者)を連れて再訪したいと思います。

みなさんも「やきとり 竹橋」さんで地鶏を使った焼き鳥とおいしいお酒を楽しんでくださいね!

INFORMATION

店名:

やきとり 竹橋

住所:

愛知県名古屋市中村区竹橋町31-17

電話番号:

052-451-3118

営業時間:

17:00~24:00(フードL.O23:00)

定休日:

なし

一人当たりの予算:

¥1,000〜¥3,000

※記事内の情報は記事執筆時点のものです。正確な情報とは異なる可能性がございますので、最新の情報は直接店舗にお問い合わせください。

WRITTEN BY

はらぺこえりむし

札幌在住の道産子主婦ライター。美味しそうなスイーツを食べるため♡オシャレなカフェに行くため♡興味の赴くまま軽いフットワークで北海道から名古屋へ飛んでいき、いつの間にかすっかり名古屋のファンに!ナゴレコでは、得意ジャンルのカフェ&スイーツをはじめ、様々なジャンルの名古屋グルメをご紹介します。