ー この記事をシェアする ー
FacebookTwitterLinePocketHatenaGoogle+

659469D9-A2FA-4F53-981D-AA2D94039849

お店の場所は市営地下鉄桜通線「久屋大通駅」下車徒歩7分。

ビルの1階にあるこのお店が「GRACIER X(グラシエ・イクス)」さんです。

D3E48EDC-AC16-444F-BE3B-AE2DC44CBFB4

お店構えからゴージャス。

今回グラシエ・イクスさんでいただくのは完全予約貸切した限定パフェ ¥5,000(税別)です。

※ ドリンク付き

お店の奥がイートインスペースで席はカウンターのみ。

D102EEFE-86AC-42AE-8F5D-B63FBC2E81A9

席に着くと、オーナーシェフの松島さんからご挨拶が。

この松島シェフこそが製菓国際大会「クープ・デュ・モンド」の個人部門で1位を受賞している、世界レベルのパティシエ です。このことは後で触れるとして、さっそくパフォーマンスパフェの始まりです。

1E42FE9E-0313-45BC-9009-CD6EF5B1E6C8

パフェのフルーツは沖縄の最高級完熟マンゴー。

大きなお皿に大振りにカットしてあります。凄い量ですよね。

0595E6A2-DB51-4A09-9E37-11D76240D2B4

さて、目の前ではパフェの飾りに使用する飴細工がスタート。

飴細工のお砂糖は、一般的にはグラニュー糖、パラチニット、水飴などだそうです。

59A30A6C-5F18-40DD-A920-39D80493E85D

松島シェフは細工を施したときの艶が良くなるようにお砂糖を配合されるそう。お砂糖は、なんと200°近い高温で炊いて溶かします。

それを機械ではなく手で何度も引いて捏ねます。この捏ねる作業が大変なのですが、綺麗な空気の配列を作ることで、飴は艶々に仕上がります。

2611746B-E576-4B09-B9FC-D568F01A4647

松島シェフは、簡単そうに目の前でやっていらっしゃいますけど、とても細かな神経のいる作業です。

長年培った経験と技術の賜物。

飴を少し引いて型に挟んで、指で器用に曲げると葉っぱの形に!

283D64E1-503A-4B08-B4D4-BB45A02C0CC5

飴で作られたツヤツヤの葉っぱは、パフェの一部に。

そして、長めに引いた飴を円筒にくるくる巻いて風を当てて冷まします。これは何かしら?とシェフの楽しいお話しを聞きながら見ているのも楽しいです。

A1EA213A-E1D3-4D0E-8FFE-5A2B7229C2F8

松島シェフのお隣では、パフェを大きなグラスに作る作業が始まっています。

 

カタブリカというイタリアのメーカーのマシンで作ったマンゴージェラート、同じく高濃度のバニラアイス。フレッシュなマンゴーがどっさり、純生クリームとサイコロにカットしたスポンジ少々、焼き立てのパイという構成。

7101D9F9-6036-40C2-B397-3E905959A427

その上に焼きたての長さ20センチ以上はある大きなエクレアをのせます。

0D541039-6B1D-44E0-A495-DA319BD1B24D

エクレアの中にはキャラメルクリームがぎっしり。端っこにはマジパンのウサギさん。可愛い!

E7F37FA0-2EFD-470D-A980-CDEB5714854E

38A9BC65-426B-4E92-8697-9DF4C11DE02E

ブロンズに輝くドームは、カラメル色まで仕上げた飴に空気を入れて吹き飴を作ります。その薄い吹き飴の中にもキャラメルクリームが入っています。そして最後の仕上げに引き飴を飾って完成。

E081A9EE-1051-4F78-8BBF-32D18A04E16A

75DF8362-3C22-4EBE-8176-5A14E99829AB

シェフのお話しでは、やはり出来立てが一番美味しいそう。なんとも贅沢ですよね。

作りたてのジェラートはマンゴーの香りに包まれるような幸せ。甘い香りに包まれて、美味しかった〜。

DF36A349-CA39-47AC-81AF-9ACE8AB46E20

ブロンズの吹き飴ドームは、ポルトガルのキュテポル社のカトラリーで割ると、中からトロッとキャラメルクリーム。

これ、本当に美味しいです。

最後に私はアイスラテ。友人はアイスコーヒーをいただき、楽しいパフォーマンスパフェの終了。

AD861086-2B11-4C5C-B9EC-A9DE42888EDD

コーヒーをいただく間に、松島シェフが引き飴で真っ白なパールの輝きのバラを作ってくださいました。

0F177D51-BE6D-4AD8-8041-8583A02A7AD1

この飴もただの装飾ではなく、きちんと美味しいのです。

BC49D5F2-8B06-488E-A70B-E143CB2B6E5C

サクサクした歯応えで、意外とさっぱりした甘さでした。

 

お店の名前にある「グラシエ」とは、パティシエのなかでもアイスクリームなどの氷菓に特化した職人のことだそうです。フランスでは当たり前のグラシエを広めようと名古屋マリオットホテルで製菓料理長を退職されてから、この名古屋で開業されました。

D56435B3-3328-4D54-9161-79729A997786

お店のショーケースを覗くと左手は生ケーキ。右手は珍しいアイスケーキがたくさん。

F2C04C97-A7CA-4E03-9079-5E1DD61DB170

こちらはアイスケーキ。

さすがグラシエの品揃えです。

48F7C6CA-B270-49C2-A1BB-6595C374B052

そのどれもが世界レベルの松島シェフの手によるもの。

デザインも美しくて迷ってしまいますね。

BDD8E4B7-F85A-4267-AE92-4C6CC4FE94BE

FEF9AC29-4694-43A0-A009-4096660023F6

季節の素材がシェフの手で芸術作品へと昇華される。

マンゴーの次をお聞きすると、シャインマスカットの予定だそうです。また、違う展開をお考えのようですから楽しみがまた増えました。

ぜひ、素晴らしい体験を味わいにご予約のうえ訪問してください。

C871B5E2-E544-40A5-8140-158B4A75725D

※ これはOPEN時の氷の彫刻です。お店の冷凍ショーケースでシェフが彫った等身大の氷の彫刻を見ることができます。

 最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

 

「世界一」。どんな業界にも必ずそう言われる、その道のプロフェッショナルがいますよね。

日本には世界一の方が何人もいらっしゃいますが、この名古屋にも世界一の製菓の職人さんがいらっしゃいます。

今回はそんな世界一の芸術作品のようなパフェのレコメンド。

まるでアート作品!世界一の称号を持つパティシエによる、旬を取り入れた見た目にも華やかなパフェ「GRACIER X(グラシエ・イクス)」

ー この記事をシェアする ー
FacebookTwitterLinePocketHatenaGoogle+