ー この記事をシェアする ー
FacebookTwitterLinePocketHatenaGoogle+

7AD23C5D-64A0-4E8D-8A29-6197B90AC6FD

そのお店こそ、中区栄のReminiscence(レミニセンス)さん。

個人的に10回目の今回はミシュラン獲得後の初訪問。

地下鉄でしたら、伏見か矢場町で下車して徒歩8分。車の方はコインパーキングはたくさんあります。

有名なパン屋「乃がみ」さんの真上にあります。

167B27E7-52A9-45A3-8D29-A69C72F981C6

92E37733-00AC-41C0-A86D-76F5BDF7C9A7

レミニセンスさんはランチもディナーも一種類のみ。

FA4C69CB-7479-4282-B4F9-0DB5E099EC6E

ランチが6,500円。ディナーは13,500円です。どちらも、税、サービス料は別です。

AAF4EE42-F3A8-4FFC-B212-10B74A27B5E1

E0C8C028-F5A1-4BE0-B870-335C5967A10B

テーブルのセットもすっきり。

店内は、明るくて、余分な飾り付けが無いシンプルさです。

 483911F6-AB11-416B-8967-028B4B5A11A7

さて、ワインが飲める方はペアリングをオススメしますが、私達は飲めないので、私はいつもハーブやライムの入った、見た目も爽やかなノンアルコールカクテル。友人はノンアルコールワインです。

46BEF2E6-D92B-4F26-B263-AF732E137068

テーブルの上には、本日のセットリストがあります。

9816D515-ACD5-44B9-9CB6-2F3B39E8A573

 第一章   〜余韻〜

・雲丹

葛粉チップの上には塩水雲丹。フィンガーフードです。いつもここからスタートです。

E1D4DFC7-CB59-4CD9-A87B-981B68D2492A

・玉蜀黍   

とうもろこしのスープ。とうもろこしがこんなに色々な表情を見せてくれるとは凄いです。

47678CAC-26CD-43AE-A592-A5D103504DAE

アイスやミルクのエスプーマ、コーンのムースも入った自然な甘さのスープ。

4C41DE35-6242-434F-BD70-F0D620E6EC88

・鱧

丁寧に骨切りをした鱧をフリットにして、冬瓜とシグレットのソース添え。アクセントにヨーグルトクリーム。上にはオカヒジキとマイクロパクチーです。

78DA0702-EB33-4E9E-9715-D23865F82646

鱧が、こんな頂き方があるとは…驚きです。

8D056745-211C-4856-9DCA-F15D475CB4F4

・フカヒレ

大きなフカヒレの煮込みを葛粉でフライにしてあります。

C9097344-A056-42FA-8E81-AED6022808B8

スッポンのスープで煮込んだ野菜と黒トリュフを共に。フカヒレが柔らかく煮込んであり、トロっと溶けてしまいます。

DCCA884E-FB49-4CE7-8FC9-A09567CE650F

 第ニ章  〜記憶〜

・鰻

3AF7F106-DA2A-4A2A-A3AB-B7DDB38B7A74

これもレミニセンスを代表する一皿『鰻の白焼き』です。鰻の白焼きにジャガイモのピューレ、本わさび。そして、水ダコのカルパッチョです。

23EBED66-9E1A-4853-82D6-97DD4C4DCE7C

本物に拘る葛原シェフは、有名店で鰻の焼きなどの修行まで積まれたとか。

 

・肉

 C074C4B5-8D4E-4D37-BAEE-F7FEC1583867

ホロホロ鳥のローストです。右が胸肉、左はもも肉です。ズッキーニのフリット添え。八丁味噌のソース、ホロホロ鳥のソースがけです。

1DBD1BEE-746D-4058-9E16-1E48507FD4D5

ホロホロ鳥、初めまして♪

柔らかくて、匂いも無いし、鶏肉より鳩より好きです。

 

第三章  〜安堵〜

パイナップル

3FC1DA50-B3FB-4C7F-9602-DF9A86952F8E

アヴァンデセールはパイナップル。パイナップルのふわふわかき氷とパイナップルのムース、ソルベ、エルダーフラワーのジュレが一緒に。葛原シェフは手品師のようです。

BD341836-3FAC-4A7B-A5DF-17EBCF4BD781

 ・桃

グランデセールはフロランタンにピスタチオのスポンジケーキ、ギモープ。ミルクティーのアイスクリーム。

09783E62-928B-4F2C-84E0-FEFB78DA1221

フレッシュピーチにマスカルポーネとメレンゲのクレームダンジュです。クレームダンジュの食感と味が後を引きます。 

そして、デセールの前に、お願いしておいたバースデーケーキ。

09C5B807-6375-4A6E-942B-0DFA5132FC12

美しい文字でハッピーバースデーと書いてあり、レミニセンスさんで向かえるバースデー3回目ですが、美しいケーキが嬉しいです。このデコレーションケーキはピーチのショートケーキです。

74400EDB-2DA9-473B-AED1-5FA4C54C1072

EA01CA4D-D4B4-4AD9-B1BA-3F07D99CBCDC

ドリンクはジムランコーヒーのブランドとカフェラテ。

 

終章  〜追憶〜

ミニャルディーズは、葛原シェフが幼い頃の思い出の味。

今回は、雪見大福とプッチンプリン。

153632E8-48A6-4D8B-B43B-EBF285B388DE

この気取らなさが大好きで、いつもここでホンワカします。 

記憶に残る、記憶を呼び覚ます味わいを是非ご堪能あれ。

レミニセンスとは、その直後よりも、一定時間が経ってからのほうがよく記憶を想起できること。

だそうです。日が経っても記憶の奥底に刻み込まれる葛原シェフの技がお料理の香りや味までも、まざまざと蘇るのは、これがレミニセンスなのだと実感するのです。

B85FA641-5AC4-4290-B7FC-59EBCAD8E541

 今では、すっかり予約困難なお店になりました。

名古屋を代表するモダンフレンチの銘店のレミニセンスさん。

 0FDC181A-F367-4A54-88CC-5BD785AC7D87

名古屋のフレンチを語る上では外せません。

世界が認めた葛原ワールドをぜひ体感してください。

164F333C-0B5F-4F83-926B-2B1E1475D7B6

最後までお読み頂きありがとうございます。

 

2019年、満を持して登場したミシュランガイド東海版。

大きな話題でしたね。

ミシュランガイドで星を二つ獲得した、本格フレンチレストランをレコメンドさせていただきます。

こだわりとおもてなしの空間と上質な料理の数々「Reminiscence(レミニセンス)」

【店舗情報】
店名:Reminiscence(レミニセンス)
住所:愛知県名古屋市中区栄2-15-16 コンフォート栄 2F
電話番号:052-228-8337
営業時間:ランチ 12:00~13:00(L.O.) ディナー 18:00~19:30(L.O.)
定休日:
一人当たりの予算:¥9,000〜

※記事内の情報は記事執筆時点のものです。正確な情報とは異なる可能性がございますので、最新の情報は直接店舗にお問い合わせください

ー この記事をシェアする ー
FacebookTwitterLinePocketHatenaGoogle+