ー この記事をシェアする ー
FacebookTwitterLinePocketHatenaGoogle+

芸どころ茶どころと言われる名古屋。実は全国屈指の和菓子処であり名店が目白押しであることをご存知でしょうか?

今回は、日本が誇る和菓子文化を現代の暮らしに馴染む存在にするべく日々邁進されている和菓子店のご紹介です。

 

スポンサーリンク


四季折々の細やかな気遣いで出迎えてくれる心のこもった和菓子店「一朶 (いちだ)」

一朶 (いちだ) 外観

名鉄常滑線道徳駅から北東へ徒歩7分。

氷室の交差点を東へ2本目の路地を南折した場所にあり、専用駐車もありますので車でも便利です。

 

実家は美濃忠、その後兄弟で花桔梗を立ち上げた経歴を持つ店主は、和菓子界の華麗なる一族と呼ばれてもおかしくない存在。

日本の伝統的な美意識を現代に進化させたつわものです。

 

東海通から南へ細い路地を入ると右手にあります。

一朶 (いちだ) 店舗

建物右側を奥に進むと、

一朶 (いちだ) 裏路地

路地から入り口までのアプローチには、行き先を導くかのように和の明かりが点在しています。

一朶 (いちだ) 入り口

突き当たりの左手が引戸になっていて、そこが店舗入り口となります。

一朶 (いちだ) 入り口

店内はとてもこじんまりとまとまっていて、生のお菓子などが丁寧に並べられています。

2〜3人が店内に入ったら、次の方は外で待つという感じですね。

一朶 (いちだ)和菓子

白を基調としたシンプルな空間にひときわ生える和菓子が勢ぞろい。

和菓子

和菓子

和菓子

和菓子

お待たせに最適な可愛い布製小袋の用意もされています。

かりんとう おいり

小袋の中にかりんとうやおいりを入れたら素敵なお待たせになること間違いなし(*・・*)ウン♪

小袋 一朶 (いちだ)

なかなか選ぶことができず、生菓子を全部買ってしまいました〜♡

草餅・花見団子・薯蕷饅頭・さくら薯蕷・桜餅

左上から右へ

豆餅・苺餅・わらび餅

草餅・花見団子・薯蕷饅頭・さくら薯蕷・桜餅

 

 

こちらは「スフレどら焼き」と「スフレどら焼きイチゴ生クリーム」

スフレどら焼き スフレどら焼きイチゴ生クリーム

どら焼きと呼ぶにははばかられるほど口当たり最上級のふわっふわ生地に小倉あんと生クリーム、そしてイチゴ♬

 

 

皆さん大好きな「苺餅」

苺餅

苺がとっても甘くてジューシー。高価な白小豆を使った白餡が苺を引き立てます。

 

 

こちらは、婦人画報で紹介された「餅どらやき」です。

IMG_2580

もちもちでとても口当たりの良い薄皮に香り高く程よい甘さの小豆あん。日持ち期間は一週間程あるので、お待たせにも最適ですね!

 

 

どれも品のある折り紙つきの味わいで期待を裏切りません!

 

日本の文化と四季を象徴する和菓子

 

ひとつひとつに心を込めた繊細な手仕事に質の高い職人技が込められていて、納得の仕上がりのお菓子ばかり。

 

日本の若い世代や海外にも目を向けたマーケティングを進めてきたゆえの洗練さが際立つ店の佇まいと空気感。

IMG_2556

IMG_2557

皆さんも、佇まいの風情を感じながら上品で華やかな和菓子に心弾まされてみてはいかがでしょうか(。◡̈。)♡?

 

【店舗情報】
店名:一朶 (イチダ)
住所:愛知県名古屋市南区豊田1-28-5
電話番号:052-618-8555
営業時間:10:00〜売切次第終了
定休日:不定休
Web:公式サイト
一人当たりの予算:¥1000〜¥3000

※記事内の情報は記事執筆時点のものです。正確な情報とは異なる可能性がございますので、最新の情報は直接店舗にお問い合わせください。

 

スポンサーリンク


ー この記事をシェアする ー
FacebookTwitterLinePocketHatenaGoogle+