中村日赤|名古屋市内トップクラスのインパクト!戦後直後に創業の老舗喫茶が提供する「ユニーク」なメニュー

中村日赤|名古屋市内トップクラスのインパクト!戦後直後に創業の老舗喫茶が提供する「ユニーク」なメニュー

「名古屋モーニング」という独自の喫茶店文化がある名古屋市。
古くから営業を続けている喫茶店が多く、提供する商品のレシピや接客の手法を受け継ぎつつ地域で愛されてきたお店がたくさんあります。

今回訪問したのは、創業者がモットーに掲げる「ユニークさ」を受け継いできた老舗の喫茶店。
現在は3代目が切り盛りする超有名店で、名物パフォーマンスをあじわいながら自家焙煎の美味しいコーヒーをいただいてきました。

これどうやって飲むの!?コーヒーの上にそびえるホイップクリームタワーは圧巻!昭和21年創業の老舗喫茶「喫茶ツヅキ」

「日夜ユニークな珈琲を研究して創業七十年」と書かれた看板が光る☆名古屋を代表する人気喫茶を初訪問

今回訪れたのは、中村区太閤通りで戦後間もない昭和21年から営業を続ける人気店「喫茶ツヅキ」さん。

お店の外には「日夜ユニークな珈琲を研究して創業七十年」と書かれた看板が掲げられ、どうやらこの一文に同店の人気の秘訣が隠されている様子。

現在お店を切り盛りしているのは、創業者の孫にあたる3代目店主。

おじい様が掲げる「ユニークさ」を受け継ぎ、ご両親である2代目店主夫妻とともに心地の良い接客をしてくれます。

店内に入ると、入口付近には「喫茶ツヅキ」さんを訪れた有名人や著名人のサインプレートや写真がたくさん飾られていました。

これを見るだけで、このお店の話題性の高さがをうかがうことができますね!

店内にはいろとりどりの造花がたくさん飾られ、それぞれが客席同士を仕切るパーティションの役割を果たしていました。

 

このインパクトは名古屋イチ!?アイスコーヒーの上にそびえ立つホイップクリームの量に圧巻

オーダー後まずテーブルに置かれたのは、花柄のソーサーとストロー、柄の長いスプーン。

さて、これからどんな商品が登場するのでしょう?

添え付けられているスプーンの長さに注目です。

そろりそろりと運ばれてきた背の高いドリンク。

この繊細でバランス感が要される商品を無事運びきるためには、おそらくかなりの経験と慎重さが必要になるのでしょう。

 

●ウインナーコーヒー/アイス 600円(税込)

まずは話題のメニューをいただこうと、「喫茶ツヅキ」さん名物の「ウインナーコーヒー」をアイスでオーダーしました。

写真を見ておわかりの通り、コーヒーよりもホイップクリームの量の方が多いんです。

この「ウインナーコーヒー」はアイスコーヒーで提供されている写真をSNSなどでよく見かけますが、ホットコーヒーでも対応可能。

これ、どうやって飲めばいいのでしょうか…。(笑)

ひらひらとひだを描くホイップクリームのタワーは、グラスの高さと合わせて全長およそ50センチ。ストローをどこに挿したら良いのか悩み、ホイップクリームにそのまま突き刺すことに。

自家焙煎のコーヒーは酸味が少なくとても飲みやすいあじわい。

ホイップクリームの適度な甘さと相まって、ちょうどいい苦味をあじわうことができました。

まずはロングスプーンを使ってホイップクリームを食べ進めましょう。

コーヒーを一気に飲むとグラスの水位が下がって不安定になり、タワーが傾いたり崩れてしまったりするのでご注意を。

また、つばのある帽子や大きめの髪飾りを着用している時も要注意!

ストローに口をつけようとすると、勢い余って帽子のつばや髪飾りでホイップクリームのタワーを倒しかねませんからね。(私はやりました)

 

周囲のお客さんも思わず振り向く面白さ!名物パフォーマンス「脚立からカフェ・オーレ」を見物

●カフェ・オーレ 570円(税込)

知る人ぞ知る「喫茶ツヅキ」さんのもうひとつの名物は、テーブルで注いでもらえる「カフェ・オーレ」。

どこの喫茶店にもあるベーシックなコーヒーメニューですが、「名物」と呼ばれるのはそのユニークな提供方法にあります。

なんと、脚立の上にのぼってカップにコーヒーを注いでいます!

熱々のコーヒーとホットミルクを脚立の上から一気に注ぐことによって天然のミルクフォームが完成し、ふんわりとしたオリジナルの「カフェ・オーレ」をいただくことができますよ♪

この提供方法は代々受け継がれてきた「喫茶ツヅキ」さん独自のパフォーマンスで、大掛かりでインパクトの大きい演出は思わず周りのお客さんたちも注目してしまうほど。

「カフェ・オーレ」にはお好みで添え付けのホイップクリームを追加していただきましょう。

 

ほかにも気になるメニューがいっぱい!時間帯ごとに提供されるパンを使ったフードにも注目

フードメニューはパンを使ったメニューが中心で、「モーニングタイム」「ランチタイム」「カフェタイム」とそれぞれ違う内容で時間帯限定商品を提供。

ボリュームたっぷりのパフェも人気があるようで、隣の席に座っていたマダムたちはメニューを見るなりわき目も降らず、皆さん揃ってパフェをオーダーしていました。

魅力的な商品がたくさん揃っている「ユニーク」な喫茶店「喫茶ツヅキ」さんへ、みなさんも足を運んでみてくださいね!

INFORMATION

店名:

喫茶ツヅキ

住所:

愛知県名古屋市中村区太閤通6-1 ツヅキビル2F

電話番号:

052-482-0001

営業時間:

[月・火・木・金]
7:30~17:00
[水]
7:30~11:00
[土・日]
7:30~15:30

定休日:

なし

一人当たりの予算:

〜¥1,000

※記事内の情報は記事執筆時点のものです。正確な情報とは異なる可能性がございますので、最新の情報は直接店舗にお問い合わせください。