2016年10月21日。

東京にあるつけ麺の名店で修行した店主さんが名古屋に新しいラーメン屋をオープンさせました。

地下鉄・今池駅から大曽根方面に10分ほど歩いていくとそのお店はあります。

 

スポンサーリンク


今池駅近く、東京の人気店で修行した店主が営む「中華蕎麦 生る(なる)」

中華蕎麦 生る(なる)  

 

“なる”と読みます。

修行先が超有名店ということもあり、ラーメンフリークの中では大きな話題に。

もちろんオープン初日から大行列!

最初の土日は常時30人ほどが並び、入店に2時間かかるほどでした…。

メニューはつけそばと濃厚塩中華そばの2本柱で勝負しています。

 

つけそば メニュー

中華そば メニュー

 

まずは看板メニューのつけそばから。

 

特製つけそば  ¥1000

 

【特製つけそば  ¥1000】

まずは麺とスープだけで味わってほしいとのことでトッピングは別皿になっています。

 

少し茶色がかった色をした麺

 

まず目を引くのは少し茶色がかった色をした麺。

小麦の外皮に近い部分を使用し、全粒粉をブレンドしているためこの色になっています。

小麦の風味が豊かでコシも抜群。麺だけで食べるとそれがさらに分かりやすいですね!

スープは濃厚豚骨魚介という世の中に溢れかえっている種類なのですが、一口食べればその旨さに圧倒されてしまう…。

特徴的なのは甘みが強いことで、旨味と甘みが実に良いバランス。中毒性すら感じてしまいます。

魚粉を使わず、たっぷりの野菜も入っているので舌触りも滑らか。

麺をつけていくとスープは冷めてしまいますが、冷めるほどに旨味を感じやすくなり、それがつけめんの楽しみ方の一つでもあります。

 

チャーシュー

 

チャーシューは香草を巻いて味付けされているので香りがよく、濃厚なスープをさっぱり食べさせてくれます。

赤いペーストは柚子胡椒で麺に絡めてからスープにつけると良いアクセントに。

 

味玉濃厚塩中華そば  ¥880

 

【味玉濃厚塩中華そば  ¥880】

【ローストトマト 1/2個  ¥120】

濃厚塩中華そばはつけめんのスープをさらに魚介ダシで割ったダブルスープ。

東海エリアにはないタイプの濃厚な塩ラーメンです。

旨味たっぷりのスープはそのままでももちろん美味しいですが、チャーシューの上に乗っている塩レモンペーストを溶くと爽やかな酸味がプラスされ味が引き締まります。

数量限定のローストトマトのトッピングは甘みと旨味が強く、濃厚なスープと相性抜群でした。

 

オープン当初からハイレベルな1杯

今年は東京などの有名店で修行した後に東海エリアでお店を出すというパターンの新店が数店舗オープンし、東海エリアに住む者として嬉しい年になりました。

どのお店もオープン当初からハイレベルな1杯を提供してくれ、行列が絶えません。

名店と呼ばれるお店は人気のあるメニューですらも常にブラッシュアップし続け、究極の1杯を追求し続けています。

この「中華蕎麦 生る」もこれから幾度となくブラッシュアップしていくと思うと楽しみは尽きませんね! 

 

【店舗情報】
店名:中華蕎麦 生る (チュウカソバ ナル)
住所: 愛知県名古屋市千種区豊年町3-18
電話番号:052-717-6028
営業時間:11:30~14:00 18:00~21:00
定休日:月曜日
Web:公式サイト
一人当たりの予算:¥3000〜¥6000

※記事内の情報は記事執筆時点のものです。正確な情報とは異なる可能性がございますので、最新の情報は直接店舗にお問い合わせください。

 

スポンサーリンク


ー この記事をシェアする ー