地下鉄鶴舞線八事駅から徒歩5分

八事駅から300mちょっと。

専用駐車場はなく、少し離れた場所にコインパーキングがあるようです。

八事フランテさんの隣に証券会社があって、その横の細い坂道を上っていくとすぐ右手にあります。

 

少しずつ洋館が見えてきますから、わかりやすいと思います。

 

スポンサーリンク


東区白壁・覚王山地区同様、豪邸が多く立ち並ぶセレブな街、八事石坂に佇むフレンチレストラン「glycine (グリシーヌ)」

glycine (グリシーヌ) 外観

 

風格が漂いますね。

のれんをくぐり、石段を上がっていくと黄色い洋館の全貌が現れます。

 

 

glycine (グリシーヌ) 店舗

 

建物は築100年近い邸宅で、
以前は別荘として使われていたそうです。

この辺りが「八事山」と呼ばれていた頃のことですね。

八事山の別荘でお花見…なんて風情があった頃のお話です。

そんな風情を残した外観と落ち着いた大人の「和」のテイストが存分に味わえるお店。

 

グリシーヌとは、フランス語で「藤の花」花言葉は「歓迎」

 

今日は、そんな上質な空間と味が期待できるフレンチレストランのランチをご紹介をします!

 

しっとりとした趣を残したまま、綺麗に改修されていて、

上質で素敵な空間でさらに素敵なお料理が頂けます。

扉を開けて、
一歩中に入ると十分すぎるほどの広さのエントランスが出迎えてくれます。

 

glycine (グリシーヌ) 店内

 

そして和のテイスト満載で落ち着いた雰囲気のウェイティングルームへ。
ここでお食事前の優雅なひと時を過ごします。

 

glycine (グリシーヌ) 店内2

glycine (グリシーヌ) 店内3

 

落ち着きと温かみのある店内。

しばらくするとお席へ案内されます。

 

廊下

 

お庭が一望でき、あたたかな日差しが木漏れ日となって降り注ぐ優しい窓際のお席です。

ランチは、
2,500円 (お値段は全て税別)
3,300円
4,000円
4,800円の4種類の設定。

本日は、3,300円のコースを選択しました。

 

お席に既に用意されているアンチョビのクロワッサンからいただきます。

 

アンチョビのクロワッサン

 

あたたかい日差しが写り込んでいます。
皆さんも優しい木漏れ日を感じてみてくださいね♡

これが、なんと、
粒マスタードなどが敷き詰められた正方形の器にシナモンや八角があしらわれ、その中央にアンチョビクロワッサンが現代アートのように盛り付けられています。

 

まずは、前菜。
旬の野菜を様々な調理法で「レギューム・ヴァリエ」☆

 

レギューム・ヴァリエ

 

お野菜の盛り合わせを、
かにみそ、セロリ、にんじん、パセリのピューレでいだたきます。

オリーブの塩も添えられていました。

カボチャやサツマイモ、ラディッシュなどのお野菜たちが食べやすく調理されています。

隠れていますが、奥にはロマネスコもありますよ!

 

パンは2種類。
デュカ、オリーブオイルと自家製のバターが提供されます。

 

デュカ、オリーブオイルと自家製のバター

 

デュカとは、

ナッツとハーブのクミン・コリアンダーなどのスパイスを混ぜ合わせ、
香ばしさとスパイシーな風味を効かせたエジプト由来の調味料で、パンやお野菜につけていただくものです。

 

次は、主菜です。
仔牛のクリーム煮「ブランケット・ド・ヴォー」☆
仔牛のお肉が驚くほど柔らかく煮込まれています。

 

ブランケット・ド・ヴォー

 

失礼して、お連れの方のお魚の主菜もパチリ。

 

お魚の主菜

 

主菜は他に、
グリシーヌ特製3日間かけて煮込んだ3種の部位のビーフシチュー ココット焼き☆
(プラス1,000円)
他に、仔羊のメニューもあります。

 

そして、お楽しみのデザートは、
フランボワーズ風味のガナッシュとピスタチオのアイスクリーム☆

 

フランボワーズ風味のガナッシュとピスタチオのアイスクリーム

 

透明な存在感のあるガラスの器に盛られたアイスクリームは、ピスタチオの香りが高くコクのある滑らかさが口に広がります。

 

マロンのクリーム・ブリュレとプラリネのアイスクリーム☆

 

マロンのクリーム・ブリュレとプラリネのアイスクリーム

 

デザートは他に、

パッションフルーツ風味のフォンダン・ショコラとマスカルポーネのソルベ☆
(プラス500円)
ライチのクープ ハイビスカスの泡 フランボワーズのソルベ☆
(プラス500円)
があります。

 

飲み物は、コーヒー、紅茶、ハーブティから選べます。

が、これで終わりではないのです!

 

では、これから、いったい、
何が始まるのでしょう?

台座が用意されました…

えっ、えっ、え〜っ♪♪♪

 

食後の小菓子

 

台座の上に置かれたのは…

食後の小菓子♡

しかも20種類前後ある可愛い小菓子から好きなものを好きなだけいただくことができてしまうのです。
キャ〜(>∀<*)☆♪☆♪

 

ミニカヌレ、マロングラッセ、アールグレイのチョコレート

 

ミニカヌレ、マロングラッセ、アールグレイのチョコレートなど。

 

マカロンにフィナンシェ

 

マカロンにフィナンシェなど。

 

女子は胸キュンがとまりませんよね♡♡♡

 

ランチは1ヶ月〜3ヶ月先まで予約が埋まるほどの人気ぶり

お食事は、木の温もりが漂う和のテイストの空間の他、ガーデンテラスが付いた洋館の別室、個室も用意されているので、

2人で静かな時間を過ごしたり、、、

接待やパーティーなど幅広く楽しむことができそうですね。

 

ランチは1ヶ月〜3ヶ月先まで予約が埋まるほどの人気ぶりなので、少しの空きかキャンセル待ちを狙います。

本日のランチも満席でした…

味も空気感も金メダル級!

間接照明が心地よく優雅な雰囲気に満ちた大人空間で、思わず華やいだ気持ちになれるお味のフレンチレストランの扉を開けてみてはいかがでしょうか(^ー^)ノ☆*.。?

 

【店舗情報】
    店名:グリシーヌ
    住所:愛知県名古屋市天白区八事石坂654
    電話番号:050-5592-5790
    営業時間:[昼]
11:30~15:00(フード・ドリンクL.O.13:00)
[夜]
18:00~23:00(フード・ドリンクL.O.20:00)

    定休日:火曜日
    一人当たりの予算:¥3000〜¥6000
Web:公式サイト

※記事内の情報は記事執筆時点のものです。正確な情報とは異なる可能性がございますので、最新の情報は直接店舗にお問い合わせください。

 

スポンサーリンク


ー この記事をシェアする ー