夏も近づき日差しが気持ちよい季節になってきましたね!

そして6月はジューンブライドと言われるくらい挙式シーズンですね(^-^)

そんな今回は大きなチャペルが店内から臨めるお店をレコメンドしたいと思います♪

 

スポンサーリンク


ストリングスホテル内のシックな空間「グラマシースイート」

グラマシースイート 店内 

中へ入ると、上品で落ち着いた空間が広がっています。

その奥にはチャペルが臨め、天井も壁もガラスなのでテラスのような、太陽の自然な明かりでお料理を楽しめる席があります。

グラマシースイート 教会

そして乾杯!

乾杯

お昼からスパークリングを!と言いたいところですが、こちらは白ぶどうを使用したスパークリングジュースです(^_^*)甘さが強くておいしかったです。

 

本日いただいたコースは、ストリングスプリフィックス(3,800円)

初めはこちら!

ストリングスプリフィックス 新玉葱のブルーテ 古代米麹のエスプーマ

新玉葱のブルーテ 古代米麹のエスプーマ

難しい単語が並んでいますが、とてもまろやかなスープだったのでオニオンのフライが良いアクセントでした。

 

前菜は、

愛知県産小烏賊とピペラード 夏蜜柑とフェンネルのサラダ 人参のフォンダン

愛知県産小烏賊とピペラード 夏蜜柑とフェンネルのサラダ 人参のフォンダン

まず見た目が美しい!

左側中央の小烏賊の甘みを、その周りの桜えびの香ばしさが引き立てていました!

右側の人参のソースもつけることによってフルーツではないけれどそれに近い爽やかさを感じることができました( ^ω^ )

 

メインのお料理は三種類の中から選べて今回私が選んだのは、

三河地鶏のスロークック キヌアとチョリソ ほうれん草のセッシュと共に

三河地鶏のスロークック キヌアとチョリソ ほうれん草のセッシュと共に

スロークックという名のまま、時間をかけて火を通してありふんわり柔らかな食感でした。

また味はシンプルだったのですが、きっと味付けに魂込めているんだろうな…という表現がピカイチに難しい、けどシェフの想いが伝わる、そんな一品でした。

 

 

他のメイン料理は

・さわらのロースト 愛知野菜のエキスとブロッコリー

・くちどけ加藤ポークのソテー 筍のタプナードグラタン 岐阜赤味噌フレーバー

があります。

 

 

デザートも二種類あり、私はこちらを

グラマシー フォレノワール チョコレートと三種のチェリー

グラマシー フォレノワール チョコレートと三種のチェリー

 

なんとフォトジェニックな!!

器に渡されているクッキーの右端、これトマトなんですΣ( ̄。 ̄ノ)ノ

可愛らしい見た目でしっかりトマトの味しました。

 

器にはチョコムースとバニラアイス、そしてチェリー達が。

三種のチェリーは酸味が思いの外強く、アイスとチョコとの相性が抜群でした。

 

もう一つのメニューは

・ミルフィーユ・エスカリエ バナナとココナッツアイスクリーム

ココナッツのアイスクリーム、とても気になりました(。-_-。)

 

多様な使い方のあるレストラン

今回は久々に会う親族とのランチでお邪魔しましたが、デートにも、女子会にも、家族ランチにも!

運が良ければチャペルから新郎新婦が出てくる瞬間がチラッと見えます。

美味しい料理をいただきながら、幸せを私たちもおすそ分けしてもらいましょっ♪

 

【店舗情報】
店名:グラマシースイート ストリングスホテル名古屋
住所:愛知県名古屋市中村区平池町4-60-7 ストリングスホテル名古屋 1F
電話番号:052-589-0577
営業時間:11:00~22:00(L.O.21:30)
定休日:不定休
Web:公式サイト
一人当たりの予算:¥3000〜¥6000

※記事内の情報は記事執筆時点のものです。正確な情報とは異なる可能性がございますので、最新の情報は直接店舗にお問い合わせください。

 

スポンサーリンク


ー この記事をシェアする ー