ー この記事をシェアする ー
FacebookTwitterLinePocketHatenaGoogle+

 

DSC00508

DSC00505

「有名シェフプロデュースの料理をお気軽に」、というコンセプトのレストラン。
メートルドラタブールの最高技術者協会などにも所属されている、里見壽彦シェフがプロデュースしたメニューをリーズナブルに味わうことができます。

創業以来の独自の仕入れルートにより、いいお肉をお値打ちに仕入れることができているようですよ。

なにより創業100年を超える老舗お肉屋さんのメニューということで、否が応にも期待が膨らみます!

 

午後15時頃の訪問にも関わらず多数のお客様で賑わいます。

他のお客様のご迷惑にならないよう、店内を少しだけ。

DSC00499

DSC00502

ゆったりできるテーブル席。

10代と思われるカップルから60代くらいの方まで幅広い客層、人気を感じますね!

IMG_1491

IMG_1493

メニューはハンバーグ、ステーキを中心にサイドメニューまで幅広いラインナップ!

 

丁寧に対応いただいた店員さんの意見も参考に、あれも食べたいこれも食べたいと議論の末、

「牛ヒレ生姜焼き」¥1,880(税込)
「黒毛和牛ロースステーキまぶし」¥2,380(税込)

の2つをオーダーしました。

IMG_1502

IMG_1497

待っている間にメニューをペラペラ。

IMG_1504 IMG_1505

テイクアウト用のメニュー、そしてステーキにぴったりなワインもずらり。
飲みたい!けどお仕事中なのでここは我慢です。(笑)

 

そして到着、まずは「牛ヒレ生姜焼き」から。

DSC00518

醤油ダレの香りが漂ってきます、いい香り。

生姜焼きといえば、豚肉の生姜焼きが一般的ですよね?

スギモトさんの生姜焼きは牛ヒレを使用しています。

 

牛ヒレの生姜焼き、未体験のため味の想像がつきません。ご飯はおかわり自由!

IMG_1468

いただきます!

DSC00511

や、やわらかい・・・!

生姜醤油に漬け込んだお肉に小麦粉でコーティングされていて、絶妙な焼き加減により表面はカリッとしています。
油の温度、小麦粉の量、焼き加減など職人技が求められる焼き方のようです。

生姜醤油の焦げ目がつき香ばしくなっていて、ご飯がどんどん進みます。

 

お肉の牛ヒレはオーストラリア産ですが、侮るなかれ。

お肉の旨味は国産と比べても全く遜色ありません。
しっかりと「肉感」が味わえます。

おかげで私、生姜焼きは完全に「牛肉派」になりました。

 

そして!楽しみにしていた「黒毛和牛ロースステーキまぶし」。

DSC00524

セットでサラダがついています。

IMG_1490

「まぶし」というところに名古屋感が出ていますね。

DSC00551

美し過ぎます。

 

食べ方は改めてご紹介する必要はないかもしれませんが、

1、そのままで

2、薬味をかけて

3、おだしをかけて

という王道パターン。

 

ということで、お椀によそっていきます。

DSC00573

DSC00577

DSC00576

さっそく1杯目。

ご飯に絡みつく醤油ベースのタレに柔らかい黒毛和牛、うーん美味い!

口に入れた瞬間思わず笑顔が溢れてしまいました。

1杯目はお肉の味がダイレクトに味わえます。

 

そして2杯目。

DSC00578

薬味をかけていただきます。
わたしはネギ、わさびのみでしたがノリもあります。

さっぱり味変!

単調になりがちなお味をいい感じに変化してくれます。

わさびがつーんと鼻を抜けていく感覚、最高です。

個人的にはこの食べ方が一番好き!
(最後に少し残ったのでさらにこの食べ方でいただきました。)

 

定番ラストは特製のおだしをかけていただきます。

DSC00583

DSC00586

こちらのおだしは、ステーキまぶしだけあってビーフコンソメのおだしになっています。

(土岐の店舗ではチキンブイヨンのおだしのようです。)

締めにふさわしいおだし茶漬け!

 

タレとおだしの組み合わせが良く、ここまで来たらお肉がなくても楽しめるかもしれません。(笑)

それくらい良い相性でした。

毎月29日は肉の日!

IMG_1506

毎月29日は肉の日として、限定メニューを提供されています。

(平成29年は肉年、ということで特別に29日から月末まで開催中!)

 

他にも、同じく松坂屋さん本館地下1Fにあるスギモト(精肉屋)さんにてお好みのお肉を購入後、こちらのお店に持ってくると¥1,080(税込)で美味しく焼いてくれるサービスも提供されています。

せっかく良いお肉を買ったら、プロに焼いてもらいたいですよね!

サラダ、スープ、そしてご飯またはパンがセットになってきます。

 

すっかりスギモトさんのファンになってしまいました、次回はカツレツを食べたい・・・!

みなさんも是非足を運んでみてくださいねー!

 

【店舗情報】
店名:キッチンスギモト
住所:愛知県名古屋市中区栄3-16-1 松坂屋名古屋店 北館地下1階
電話番号:052-264-0201
営業時間:11:00〜22:00
定休日:松坂屋の休みに準じます。
Web:公式サイト
一人当たりの予算:¥1,000〜¥1,999

※記事内の情報は記事執筆時点のものです。正確な情報とは異なる可能性がございますので、最新の情報は直接店舗にお問い合わせください。

 

スポンサーリンク


立秋を迎え、暦の上では既に秋。

しかーし!まだまだ続きそうなこの暑さ、、、
夏バテで食欲がなくなってしまっていませんか?

男性も女性も老若男女問わず!あと少し、残暑を乗り切る体力をつけたいところですよね♪

それは編集部も同様、ということで創業100年を超える老舗お肉専門店が展開するレストランで美味しーいお肉、いただいてきました!

【PR】松坂屋名古屋店北館地下1階にある、創業100年を超えるお肉専門店が展開するレストラン「キッチンスギモト」

ー この記事をシェアする ー
FacebookTwitterLinePocketHatenaGoogle+