ー この記事をシェアする ー
FacebookTwitterLinePocketHatenaGoogle+

chanmariです☺︎

前回に引き続き、またまた人気のフレンチへ!

お店は伏見の白川公園の近くにあります。

ビルの1階にあり、好アクセスな立地ながらも人通りが少なく静かな雰囲気。

ビルの入り口は2つあるみたいなので要注意!

 

スポンサーリンク


美しい料理の”花”を咲かせるプチレストラン「La Floraison de TAKEUCHI(ラ・フロレゾン・ドゥ・タケウチ)」

La Floraison de TAKEUCHI(ラ・フロレゾン・ドゥ・タケウチ 外観
(引用 http://s.tabelog.com/aichi/A2301/A230102/23048448/dtlphotolst/P21370386/)

 

ディナーのコースはFINESSE,FLORAISON,VÉRAISONの3種類。

今回は一番リーズナブルなFINESSEにしました。

 

La Floraison de TAKEUCHI(ラ・フロレゾン・ドゥ・タケウチ) メニュー

 

コースの内容はこんな感じです。

theフレンチ!といった感じの凝ったお料理が食べられそうで期待値が高まります!

 

La Floraison de TAKEUCHI(ラ・フロレゾン・ドゥ・タケウチ)  ノンアルコールのカクテル

 

まずは乾杯!

小夏を使用したノンアルコールのカクテル。

飲めなくてさーせん。笑

 

La Floraison de TAKEUCHI(ラ・フロレゾン・ドゥ・タケウチ) お口取り

 

トマトにジュンサイと夏らしいお野菜、あとウニの上にイクラ状に固められたオリーブオイル。

さっぱりとしていて、キンと冷たくしてあるため、夏バテするこの時期にピッタリのお口取り!

 

La Floraison de TAKEUCHI(ラ・フロレゾン・ドゥ・タケウチ) コンポートされたモモ

 

ほんのりレアな軽く加熱されたエビと、コンポートされたモモ。

エビとモモ?!と驚きましたが、どちらも甘くてよく合います。

写真ではわかりませんが真ん中には、さっぱりとした印象を変える濃厚な甲殻類のクレームが。

このクレームがとってもおいしかった♡

 

La Floraison de TAKEUCHI(ラ・フロレゾン・ドゥ・タケウチ) 鮎並とホタテ

 

鮎並もホタテもボリューミー!

わたしにはうれしいサイズです☺︎笑

ゴールドラッシュという品種のとうもろこしと枝豆の、スパイシーな味付けのラグーがアクセントに。

 

La Floraison de TAKEUCHI(ラ・フロレゾン・ドゥ・タケウチ)  ポーノポークの低音ロースト

 

低温でじっくり焼かれたボーノポークは、しっとりジューシー柔らかの三拍子!

お肉はもちろんなのですが付け合わせのお野菜。

アスパラは茎までくたくたに柔らかく、ヤングコーンは皮つきで新鮮シャキシャキ。

とってもおいしかったです。

 

La Floraison de TAKEUCHI(ラ・フロレゾン・ドゥ・タケウチ) 特製デザート

 

デザートは砂糖で作った器の中に、上からミントシャーベット、レモンクリーム、マンゴーのソース。

レモンクリームがっとっても濃厚!

器を崩して混ぜて食べると、ミントシャーベットの爽やかさとレモン、マンゴーの濃厚さが口に広がります♡

どのお料理もとっても手が込んでいて、見た目にも美しかったです。

ごちそうさまでした☺︎

 

カウンターキッチンで味わうライブ感。

少人数ならばぜひカウンターで!

目の前でお料理が作られていく光景はきっと更なるお食事の楽しさを生むはず。

私は残念ながら4人だったためテーブルだったので、次はきっとカウンターで伺います♪

 

【店舗情報】
  店名:ラ・フロレゾン・ドゥ・タケウチ
  住所:愛知県名古屋市中区栄2-12-12 アーク栄白川パークビル 1F
  電話番号:052-218-6738
  営業時間:12:00~13:30(L.O) 18:00~21:00(L.O)
  定休日:毎週月曜日、月1回連休あり(不定休)
  Web:公式サイト

※記事内の情報は記事執筆時点のものです。正確な情報とは異なる可能性がございますので、最新の情報は直接店舗にお問い合わせください。

 

スポンサーリンク


ー この記事をシェアする ー
FacebookTwitterLinePocketHatenaGoogle+