ー この記事をシェアする ー
FacebookTwitterLinePocketHatenaGoogle+

次々と新店の出店が相次ぐ飲食店激戦区、新栄。一部改装し、テーブル席を廃し、全席カウンターのみとなった鮨井に行ってきました。

このお店、私にとって基本の鮨屋で、1年を通してもっともお世話になる回数が多い鮨屋です。

 

スポンサーリンク


旬を味わう新栄の隠れ家「鮨井(すしせい)」

鮨井(すしせい) 外観

 

『すしい』じゃないですよ、『すしせい』です。

 

シャンパンのミニボトル

 

日本酒もいいんですが、仕事終わりで駆けつけたため、まずはシャンパンのミニボトルで喉を潤します。

 

鯛の皮の炙ったもの

 

これ、鯛の皮の炙ったものだそうです。食べごたえはありませんが、香ばしい香りと皮の脂の美味しさが堪能できます。焼酎と合わせるとよかったかもしれない。

 

31305002662_0e2044a760_z

16743073930_ee41958c65_z

31079805340_031162545a_z

蛤

 

蛤、柔らかく、ギリギリまで崩れず煮てあって塩梅が最高でした。これだけ他の鮨より少し緩めに握ってあったように思いますが、シャリとネタのバランスが素晴らしかったです。口の中で解けてネタとシャリが混ざっていく感じ。美味です。

 

大トロ

 

大トロ頂いて

 

中トロ

 

次は中トロ頂いて

 

エビの卵 on the エビ

 

エビの卵 on the エビ。親子丼みたいなものですね。

 

16930484365_02e77358ee_z

蛤の吸い物

 

蛤の吸い物。出汁が沁みて胃が復活しますね。

 

干瓢巻

 

干瓢巻で〆です。香りがとてもよい海苔で、鼻に海の香りが抜けていきます。

 

イクラ

 

もう少し食べたかったのでイクラを。軍艦じゃなくて、お皿に盛るスタイル。粒の揃ったイクラに歯を立てる瞬間に口の中に旨味が広がります。

 

ヅケ

中トロのマグロ

 

最後にヅケと中トロのマグロを頂いて、ごちそうさまでした。

 

新栄エリアの隠れた名店

新栄の雑居ビルの2回に位置する、隠れた名店。

店主も若く柔らかい方で、鮨屋にありがちな、「ちょっと客が緊張する感じ」が無いので、素晴らしいセレクトの日本酒、焼酎、ワインを鮨をつまみながらゆっくり飲むのにおすすめです。

 

【店舗情報】
店名:鮨井
住所:愛知県名古屋市中区新栄1-5-6 メイトウスタービル2A
電話番号:052-242-5670
営業時間:18:00~24:00(L.O.23:00)
定休日:日・祝日・毎月第一月曜日
Web:公式サイト
一人当たりの予算:¥9,000〜

※記事内の情報は記事執筆時点のものです。正確な情報とは異なる可能性がございますので、最新の情報は直接店舗にお問い合わせください。

 

スポンサーリンク


ー この記事をシェアする ー
FacebookTwitterLinePocketHatenaGoogle+