矢場町交差点すぐ、大須と栄のちょうど真ん中にあるワインと小籠包のお店に行ってきました。

中華とワインは一般的になってきましたが、点心に焦点を置いたこのお店、ついに突入です。

 

スポンサーリンク


矢場町交差点の隠れ家的中華「矢場CHINA (ヤバチャイナ)」

矢場CHINA (ヤバチャイナ) 外観

雑多なビルの2階にあります。

ちょっとわかりにくいですが、大きな看板があるので迷うことはないですね。

 

まずは前菜5種盛りを頼みつつ、ついで水餃子をオーダー

まずはスパークリングで喉を潤わします。

矢場CHINA (ヤバチャイナ)スペークリングワイン

矢場CHINA (ヤバチャイナ)水餃子

先に水餃子が来てしまいました。

前菜五種盛りが先にくるはずでお酒を選んだのにちょっと残念。

矢場CHINA (ヤバチャイナ)前菜五種盛り

まずは人気の前菜五種盛りです。

これ頼んでおけば間違いないですね。
とりカツから青椒肉絲までけっこうボリューミーなツマミが盛りだくさん。

矢場CHINA (ヤバチャイナ)ロゼ

安めのロゼと合わせました。中華とロゼの組み合わせは悪くないです。

矢場CHINA (ヤバチャイナ)小籠包

続きまして本命の小籠包。いきなり4段頼みました。

酢醤油と針生姜で頂きたいところですが、なんとこのお店にそれはなく、レモンフレーバーのオリーブオイルで食べるそうです。

この辺はワインとの組み合わせを重視したんですかね。酢醤油とワインは確かにあまり合わない気がします。

肝心な小籠包とオリーブオイルの組み合わせ、悪くないが良くもないというか、ちょっとダメですね、肉汁の重さとオリーブオイルが足を引っ張り合ってる感じ。

これならレモン汁とかすだち汁そのものの方が良いかもしれない。オリーブオイルもだいぶライトなやつなんですが、小籠包とは合わない感じ。

矢場CHINA (ヤバチャイナ)ジャッキースペアリブ

ここのイチオシ、ジャッキースペアリブ。

低温調理で柔らかくしたスペアリブをオリーブオイルで揚げて、クリスピーなチップで和えてあります。

これもまたオイリーな料理ですね。しかしオリーブオイルが悪くないのか、けっこうあっさり食べられました。

矢場CHINA (ヤバチャイナ)スペインワイン

こうゆうのは濃い目の赤がいいでしょうね。スペインワインを一本投入。

矢場CHINA (ヤバチャイナ)もやしと豚肉のせいろ蒸し

なんとなくもやしと豚肉のせいろ蒸しを食べて、あとはひたすら小籠包をリピートしました。

 

デートにもぴったりなワインと小籠包を楽しめるお店

ワインと小籠包のお店、珍しいですね。数年前に餃子とシャンパンを組み合わせて某雑誌が流行らそうとしていましたが、あまり定着せずといった印象でした。

 

ビールや紹興酒も飲みたかったですが、初回なのでお店のコンセプトに忠実に、ワインであわせてみました。

私は無類の小籠包好きなので普通に酢醤油で食べたい気持ちはありましたが、無いものはしょうがないですね。全体的にオイルを使う料理が多いのに、不思議と食後に重い感じがしなかったのはけっこう良いオイルを使ってるんだと思います。

 

聞けば経営母体は名古屋にも数件レストランを出している、刈谷の洋食屋だそうです。

店内は少し暗めで雰囲気もあり、デートにぴったりなんじゃないでしょうか。ワインと点心の組み合わせを是非堪能してください。

 

【店舗情報】
店名:矢場CHINA (ヤバチャイナ)
住所:愛知県名古屋市中区大須4-1-7 サンポートヤバビル 1F
電話番号: 050-5590-4746
営業時間:17:30~24:00
定休日:毎月 第1日曜日 定休

※記事内の情報は記事執筆時点のものです。正確な情報とは異なる可能性がございますので、最新の情報は直接店舗にお問い合わせください。

 

スポンサーリンク


ー この記事をシェアする ー