ー この記事をシェアする ー
FacebookTwitterLinePocketHatenaGoogle+

いやぁどうも、しのまろです!

近年発展著しい名駅エリア!

大名古屋ビルヂングやゲートタワーなど、新たなお楽しみスポットが続々誕生している名駅エリアですが、その上空で”至高のフレンチ”を味わえるレストランがあるのです。

 

スポンサーリンク


フレンチの巨匠・三國清三氏がプロデュースする、名古屋屈指のフレンチレストラン「ミクニナゴヤ(MIKUNI NAGOYA)」

ミクニナゴヤ (MIKUNI NAGOYA)

名古屋マリオットアソシアホテルの地上52階にあるフレンチレストランが今回レコメンドする「ミクニナゴヤ」です。

東京・四谷「オテル・ドゥ・ミクニ」のオーナーシェフ・三國清三氏がプロデュースするフレンチレストランがここ名古屋に進出し、人気を博しているのがこちらの「ミクニナゴヤ」。

「キュイジーヌ・ナチュレル」(素材そのものを活かし、自然と同化した料理)をコンセプトに、その芸術性の高さと味の素晴らしさで名古屋の食通達をうならせています。

レシピに素材を当てはめていくのではなく、素材によって創り出される料理が決められていくという考えから、ミクニの料理は生み出されています。

また、地上52階という上空のロケーションは、デートや接待にも最高の環境です。

ミクニナゴヤ (MIKUNI NAGOYA)

インテリアにもこだわりがあり、アール・ヌーボー調の調度品を集めて随所に使用しているため、非常に上品な雰囲気が醸し出されていました。

食器

料理だけではなく、食器にもその美学が反映されています。

季節ごとに自然を描いた美しい食器達が美味しい料理を演出する一つのツールとして機能しているのです。

こちらのプレートは春先、桜舞う春に見かけることが多いですね。

ランチタイムのコースメニューは¥5,000〜数種類用意されています。

また、ディナータイムは¥1,5000〜のコースメニューが数種類といった料金設定。

今回は、ランチタイムのコースメニュー「リヴィエール」(¥1,0000)を堪能致しました。

※2017年3月のコースメニューです。メニューの内容は月によって変わります。

お口取り

まず最初の「お口取り」。

海老のスナックのようなお口取り、さくっとした食感と海老の香ばしい風味と旨味がしっかりと活かされています。

ホワイトアスパラのブルーテと手長海老 トマトのコンソメジュレ和え キャビアを添えて

こちらは「ホワイトアスパラのブルーテと手長海老 トマトのコンソメジュレ和え キャビアを添えて」。

美しい食器、そしてその上に乗っている料理、一枚の絵を見ているかのような美しさが感じられます。

素材の味がしっかりと感じ取れる料理、「キュイジーヌ・ナチュレル」というコンセプトに納得させられる料理であると感じました。

ハマグリと筍のロワイヤル バイマックルとレモングラス エスニックの香り

こちらは「ハマグリと筍のロワイヤル バイマックルとレモングラス エスニックの香り」です。

ハマグリのぷりっ!とした身の美味さ、筍の食感アクセント、そしてタイ料理に欠かせない「バイマックル」や「レモングラス」といったフレンチとアジアの食文化をミックスさせる発想力に感心させられます。

カナダ産オマール海老と帆立貝のムース キャベツ包み シャルトリューズ 甘酸っぱいノイリー酒ソース

魚料理、「カナダ産オマール海老と帆立貝のムース キャベツ包み シャルトリューズ 甘酸っぱいノイリー酒ソース」です。

甘み際立つ柔らかなキャベツのヴェールの中には至福の魚介類達のハーモニーが待っています。

ソースのコクと旨味も絶品!

こういった包み料理を開いていくときのワクワク感、たまりませんね♪

黒毛和牛のロースト 季節野菜添え

肉料理、「黒毛和牛のロースト 季節野菜添え」です。

まず見た目の色彩感にため息が出てしまう、それくらい色使いが綺麗です。

フランス印象派画家の作品を見ているかのような気持ちになれるでしょう。

お肉の美味さ・柔らかさは言うまでもありません。

外はしっかりと焼目がありながらも、中はレアの焼き上がり、めちゃめちゃ柔らかい!

苺のグラニテとロゼワインのジュレ ライム風味

デザートの一品目、「苺のグラニテとロゼワインのジュレ ライム風味」です。

苺を主役として、ロゼワインを使用した大人のデザート。

結構お酒が利いている感じでしたね。

苺とライムの爽やかな風味が活かされている一品。

数種類のデザート

こちらはデザートワゴンから数種類のデザートを盛りつけて頂きました。

上品な大きさのケーキ達、それぞれ風味を活かした美味しさが出ていました。

お祝いや記念日の利用、個室利用も出来ます。

IMG_0219

人生の様々なシーンで使える幅広さも持ち合わせているフレンチレストランです。

素材そのものの美味しさを極限まで突き詰めて創り出される芸術作品のようなキュイジーヌが堪能できました♪

名古屋の上空から美しい夜景を眺めながら、大切な人とのかけがえのない時間を楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

【店舗情報】
店名:ミクニナゴヤ (MIKUNI NAGOYA)
住所:愛知県名古屋市中村区名駅1-1-4 名古屋マリオットアソシアホテル 52F
電話番号:052-584-1105
営業時間:11:30~14:30
[平日]
17:30~22:00(L.O20:30)
[土・日・祝]
17:00~22:00(L.O20:30)

定休日:無休
Web:公式サイト
一人当たりの予算:¥9000~ 

※記事内の情報は記事執筆時点のものです。正確な情報とは異なる可能性がございますので、最新の情報は直接店舗にお問い合わせください。

 

スポンサーリンク


ー この記事をシェアする ー
FacebookTwitterLinePocketHatenaGoogle+