ー この記事をシェアする ー
FacebookTwitterLinePocketHatenaGoogle+

今回は中村区名駅西側に1kmほど進んだところにある、ラーメンが大好きな人なら一度は名前を聞いたことがある「萬珍軒」をレコメンドします。

 

スポンサーリンク


愛され続ける玉子とじラーメン「萬珍軒(マンチンケン)」

萬珍軒(マンチンケン)

 

創業約50年の老舗中華料理店。

最初は屋台で営業していたのですが、その当時からメニューにある玉子とじラーメンが人気を博し、今や連日外にお客さんが並ぶほどの名古屋の名店となった「萬珍軒」。
玉子とじラーメンの元祖として、地元の人や出張で名古屋に来る人たちに愛されています。

 

玉子とじラーメン

 

まずは定番の「玉子とじラーメン」

名古屋コーチンの鶏ガラと野菜、豚骨をベースに煮出した醤油系スープ。玉子なしでも十分味わい深いベーススープですが、そこにふわふわの溶き卵が加わると、玉子のまろやかさが胃を優しく包んでくれるようなスープになり、お酒を飲んだ後は脳裏に浮かんで無性に食べたくなるような中毒性があります。

麺は玉子系の細麺、玉子とじと絡んでするっと喉の奥まで入ってきます。玉子麺は伸びやすいので固めで注文するのがオススメですね。

玉子が苦手な方は玉子抜きもできるそうです。

 

玉子とじ坦々麺

 

こちらも人気の「玉子とじ坦々麺」

玉子とじラーメンをベースに金胡麻と白胡麻を同率配合した芝麻醤を混ぜ合わせ、玉子とじの滑らかさに加え、胡麻の芳香な風味を楽しめます。
スープに浮かんでいるラー油は、数種類の漢方をラー油で揚げ、こちらも香りを追加したもの。スープの濃厚さにビシッとした辛みがいいアクセントになっています。

 

天津麺

 

こちらは「天津麺」

玉子とじラーメンの陰に隠れてしまっていますが僕は「天津麺」が萬珍軒で一番お気に入りです。

ベースは玉子とじラーメンと同じですが、中華鍋で焼いたかに玉が入っています。

玉子×玉子で一見くどそうな天津麺は、鍋肌を滑らせて焼いたかに玉の香ばしさがラーメン全体の味に奥行きをもたらし、食感はトロトロ。玉子とじラーメンとは全く別物の商品として差別化されていることを、食べていただいたら理解していただけるのではないかと思います。

 

サイドメニューのチャーハン

 

サイドメニューのチャーハン。
昔ながらのパンチのある味付けで、紅生姜を混ぜて食べるとさっぱりといただけます。ハムではなくチャーシューを使っているのでチャーシューから出る甘みもいいですね。

 

麻婆飯

 

麻婆飯。

自家製の豆板醤の生唐辛子の辛味と酸味があり、ひき肉を使用していない分辛さがダイレクトに伝わってきます。

 

サイドメニュー

 

上記以外にもサイドメニューは豊富にあり、来る人を飽きさせない努力が約50年の歴史を紡いできたのだと思います。

 

味に歴史あり。これからも愛され続ける名古屋の味

最寄駅は地下鉄桜通り線の中村区役所ですが、そこから歩いても10分くらいはかかります。専用駐車場があり15台ほど止められるので車での来店がいいかもしれません。

歴史のたくさん詰まった名古屋飯「玉子とじラーメン」。ぜひ一度ご賞味ください。

 

※記事内の情報は記事執筆時点のものです。正確な情報とは異なる可能性がございますので、最新の情報は直接店舗にお問い合わせください。

 

【店舗情報】
    店名:萬珍軒 (マンチンケン)
    住所:愛知県名古屋市中村区太閤通4-38
    電話番号:052-481-8824
    営業時間:17:30~翌2:30(LO翌2:00)
    定休日:日曜・第3月曜日
    一人当たりの予算:¥3000〜¥6000 Web:公式サイト

※記事内の情報は記事執筆時点のものです。正確な情報とは異なる可能性がございますので、最新の情報は直接店舗にお問い合わせください。

 

スポンサーリンク


ー この記事をシェアする ー
FacebookTwitterLinePocketHatenaGoogle+